2017年5月20日 (土)

小満の前日

二十四節気のひとつ、小満(立夏から15日目)は、明日ですね。今朝は、お昼時にかけて、気温30℃の中、畑へ・・・ sweat01sweat02

だれもいませんでした。下手に、勝手に手を出しては叱られるので、coldsweats01 野菜の伸び具合を見てきました。ジャガイモは花が咲いていました。ニンニクは、近くの畑仲間から、種球を分けてもらって、鱗片を植えて、無事育っています。タマネギは、葉が茂り過ぎて、一度、踏んで、葉をいじめましたが、うまく、結球しているのやら。

Hatake23

バラ屋(バラ生産者)さんの畑の周りのノイバラは、やや、見ごろを過ぎていました。でも、このとおり。蕊が、半分ほど茶色になっていたので、接写はやめました。

Noibara24

辺りの田んぼは、田植えが終わっています。カルガモさん夫婦が、暑いのに、日向ぼっこ・・・ 産卵、孵化がうまくゆかなかったのかな? ムナグロやシギの仲間の旅鳥には、会えませんでした。立夏から小満までの田植えが終わったところに丁度、南の国から到着して、採餌して、たぶん、もう、北国へ向かったあとでしょう。

Karugamo21

実をつけた梅の林の中では、野草もオオジシバリ(大地縛り)、また、(識別が紛らわしい)ハルジオンとヒメジョオンなど、いろいろ咲いていました。(これまた、紛らわしい)ヘビイチゴとヤブヘビイチゴはどちらも、よく似た赤い実をつけていました。

そして、これは、コヒルガオ(小昼顔)。

Kohirugao10

このあとは、来週、遠出の予定なので、いつものGSで満タンにして、ついでに、洗車して、帰宅のつもりが・・・

途中、うっかり、十字路で曲がらずに直進してしまって、それならばと、小満の(万物の気が天地に満ち溢れる)季節ゆえ、久しぶりに、一里塚に寄って、ムク、エノキ、ケヤキ、マツ、イチョウの大樹の下で、精気をいただきながら、ひとやすみしてきました。happy01

埼玉県内の日光街道で、唯一、いまなお残る一里塚です。日本橋から、たしか、5番目。道を隔てた西側のもう1基はいまはなく、片方だけ。でも、残っているだけ、すばらしい!

Gamounoichiriduka7

塚の上に建つ、火防の神を祀る小さな祠の愛宕(あたご)社。

Atagosha1

お参りをして、階段を降りたところには、お地蔵様や、成田山とだけ刻された石碑が建っています。この高さが昔の街道筋です。この地は、当市の綾瀬川沿いにあり、川向うは、草加市です。

Gamounoichiriduka5

このお地蔵様に刻されている文字は、享保壬?子三月・・・と読めました。享保壬子(みずのえね)であれば、享保17年で、八代将軍吉宗の時代に、建立されたことになります。wobbly 遠い昔、芭蕉がおくのほそ道へ向かう折、"漸(やうやう)草加と云宿にたどり着(つき)にけり"と記していますが、芭蕉と曾良がここを通ったのは、享保の年よりも、遡ること、40数年ということがわかりました。日にちは、新暦で、つい先日の5月16日のことです。

Gamounoichiriduka6

ほかにも、宝暦・・・と記されている碑には、奉供養十三佛禮・・・と刻されていまして、しらこばとは、カトリック信徒ながら・・・ coldsweats01 十三佛は、人が死して、此岸から彼岸(冥界)に行くとき、それらの御佛が、地獄か天国行きかを審理し、初七日から七日ごとに、入れ替わり立ち替わりして、裁判官を務めるのだそうな・・・ 中には、閻魔王もいます。

話もかなり、寄り道になりましたが、ついでながら、先日、知人の四十九日に参列しましたが、お坊さんが、七七忌(四十九日)で、とりあえず、冥界に入るとのご講話を聴いたばかりでした。

そのあとも、百か日~33回忌に至るまで、審理されるそうな。仏教徒の方々は、此岸で、悪しきことはしてはなりませぬぞ。

その点、カトリックは、すべてのものが許されて、神のもとへ、すぐに行けまする。 ♰ happy01

ともかく、小満のこのよき季節、精気も鋭気も養ってくださいませ。

いつものことながら、なんとも、こんな記事となりました。coldsweats02

2017年4月12日 (水)

満月、そして、イースター

みなさんご存じのイースターが近づきました。しらこばとの部屋にも、ちょっぴりカラフルな卵を置きました。happy01 イースターは、イエス・キリストの「復活の日」ですね。♰

イエス・キリストは、神の子として、聖母マリアの体で受肉して、人として生まれたとされています。誕生日が、クリスマス(降誕祭)。そして、30代半ばにして、人々の原罪を背負い、十字架にかけられましたが、3日目に復活したとされています。キリスト教では、降誕祭よりも復活祭が重要な日となっています。

2000年以上ものはるか昔(日本では弥生時代中期、しらこばとの故郷では、吉野ケ里遺跡の環濠集落ができたころ)のことで、現代の科学から見れば、神の御子が聖母マリアの体で受肉して、死して復活とは、不可思議なことながら、信仰とは、それらに、科学的な疑いをはさまず、ただただ信じることだろうと、思います。

日本には八百万の神々がいて、さらに、大日如来を本尊として、数多の仏さまがいます。それぞれのいわれに、疑念を抱かないことと同じでしょう。confident

なお、イースター(復活祭)は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日と決められています。そして、今宵(12日)は、満月 fullmoon ということで、次の日曜日(今年は16日)が、復活祭の日です。復活祭が、4年に1回ほどの頻度で、3月の年もあります。(昨年は3月27日でした)

なお、イースターの卵は、命の誕生を意味しています。イエスの復活を、固い殻を破って、雛chickが孵ることと重ね合わせたのでしょう。

Easter_egg1

それでは、Good bye ( = God be with you.  神のご加護がありますよう! の短縮形 smile)