カテゴリー「料理」の記事

2017年5月 1日 (月)

今日は、晴れたり降ったり曇ったり・・・ あれっ?、40年ほども昔の森昌子の歌のタイトルでした。ご興味とお暇がある方は、最後のYouTubeの画像をクリックしてください。happy01

そんな天気で、出かけることはかなわず、それならばと、一昨日、駅ビルの八百屋さんで見つけて、買ってきていた筍(たけのこ)を茹でましたとさ。皮を剥いて茹でれば、圧力鍋で短時間なれど、暇なので、深鍋で40分ほど、くつくつと茹でました。もちろん、ぬか漬け用のぬかも、畑で作った鷹の爪も入れました。縦に包丁を入れて・・・

Takenoko6

皮を剥くと、半分ほどの大きさになりました。ひとりものには、これで、十分。coldsweats01

Takenoko7 まな板は普通サイズです。

これから、たけのこご飯と、酒のつまみでも拵えて、旬(しゅん)を味わいます。

筍を 三日くらひて 飽かざりき happy01 石田波郷の句(季語は夏)

ところで、たけのこは、竹かんむりに、旬と書きますが、”しゅん”ではなく、10日を表す”じゅん”なんですよね。筍は、ご存じのように、成長が早く、1旬(10日)もすれば、竹になるからとのこと。

なお、孟宗竹は100年以上もの寿命があるそうです。さて、その若いお命をいただきま~す。delicious

”今日の名言”のような歌詞で~す。happy01

2017年1月 7日 (土)

新春の初ドライブ&初探鳥

関東は、元日からずっといい天気が続いています。昨日も快晴だったので、ドライブ&探鳥に出かけてきました。

昨年の七夕の日以来、久しぶりに、谷津干潟(千葉県習志野市)へ行ってきました。

ちょうど、潮が満ちてきているところで、干潮の干潟の鳥さんたちには、逢えませんでしたが、オナガガモ、ヒドリガモ、カワウ、オオバン、セイタカシギ、アカハラ、ツグミ、ムクドリ、スズメ、ハシボソガラスで、ほとんど、近所でも見られる鳥ばかりながら10種類ほど確認。coldsweats01 午前中、干潮時には、このほかに、ダイゼン、ハマシギ、イソシギ、タシギなど、さらに10種類ほどもいたようです。

Yatsuhigata15

いつものように、谷津干潟自然観察センターへも入館。

Yatsuhigata16

アカハラとシロハラのデコイが迎えてくれました。

Yatsuhigata21

淡水の池は、氷が張っていて、なにもいませんでした。

センター内からの干潟の眺望です。これでも、3分の1ほどの広さです。

Yatsuhigata19

センター内にある、この一帯の模型図です。黄色い字は、しらこばとが、記入しました。

かつての海岸線は、左上隅のあたりです。千葉街道(国道14号)と並行する京葉道路があるあたりです。みんな、東京湾の干潟の埋立地です。千葉県が埋め立てを行ない、今残る、谷津干潟は、利根川放水路計画のために、国有地だったため、埋め立てを免れて、東京湾とは2つの細い水路でつながっています。

ここも埋め立てられる運命でしたが、シギやチドリやカモなどの渡りの中継地で、有志の請願もあり、残されて、(湿地保存の)ラムサール条約の登録地にもなりました。

埋め立ては、1960、70年代に行なわれたそうです。それからできた、(JR京葉線の車窓からも見えていましたが)世界最大の屋内スキー場、ららぽーとスキードームは、10年ほどは、人気を集めましたが、いまから10年ほど前に、解体されました。

Yatsuhigata20

こちらの岸辺で、群れをなしていたのは、ほとんど、オナガガモでした。

Onagagamo38

左下の1羽は、ヒドリガモ。

Onagagamo39

センターの壁面の絵です。

Yatsuhigata17

子供たちも楽しめる工夫がいろいろなされています。鳥の帽子が置いてありました。被って見ることができるように、下の方に鏡がありました。happy01

Yatsuhigata18

お昼は、去年の夏と同じコースで・・・ 10分ほどで行ける、千葉市美浜区に聳えるホテルの最上階(50F)のレストランへ・・・ 180mの高さで・・・ delicious

Apahotel2

バイキングのランチ。これで2000円程度。そうは、おなかに入らないのですが、無理をして・・・ この眺望を独り占めできるから、元は取れました。happy01

千葉マリンスタジアム、右の屋根は、(かつて、説明員や見学者として通った)幕張メッセの会場。

Apahotel3

ず~とアップすると、山並みは、秩父連山かな? この時点では、富士山は確認できませんでした。

Apahotel4

ホテルは、旧幕張プリンスホテル(売却されて、現在はアパグループ)です。うまく経営されているのか、西に続いて東にもウィングが建ち、客室は2000もあるそうです。

通路の窓辺に、初春の生け花がいくつも飾ってありました。

Ikebana1

一度は、泊まって、夜景を楽しみたいものですが、年金生活の身では・・・ それより、独りではね~ coldsweats01

帰りは、夕焼け小焼けの富士がくっきりと見えました。高速道路の高いところから、東京スカイツリーとのコラボが撮れる地点を通過していて、少し、渋滞していましたが、エンジンを切るわけにはゆかず、脳裏に焼き付けてよしとしました。happy01