2017年5月14日 (日)

初夏のマイ・フィールド 続き

いつものように、振興センターも見学させていただきました。県の施設で、入園料は要りません。門を入ると、駐車場には、この花が、咲き始めていました。以前は、洋風の花だなあと思う程度でしたが、いまでは、この季節には、一度は出合いたい花となりました。北米、キューバ原産だそうです。

Kalmia6

蕾も、五角形の鉢か傘のような花も、形がとてもユニークです。

Kalmia7

ここには、蕾は紅色、開くとピンクの園芸品種もありますが、未開花でした。

サクランボ(暖地桜桃)が生っていました。シナミザクラ(実桜)の実です。おいしそうですが、これは、酸味があるそうです。

日本のサクランボ(桜ん坊)は、この仲間の、西洋ミザクラを改良したものだそうです。

Shinamizakura1

ウツギの花は、これからでした。せめて、蕾だけもと、記録に撮ってきました。

Utsugi5

一方、タニウツギは、見ごろを過ぎていました。

Taniutsugi1

ヤブデマリは、本州以南の沢などに自生しているそうですが、満開でした。

Yabudemari1

ロウバイの仲間のカリカンサスも見ごろでした。

Calycanthus1

そして、これは?

春遠からじの頃に咲く、素芯ロウバイの実です。隣に植えてある満月ロウバイには、今年は実がついていませんでした。どちらだったか不詳ながら、ここで拾った種を植えて、盆栽でも花が咲くのやらと楽しみに育てていますが、はてさて・・・

Soshinroubai5mi

これも、変わっていて、好きな花です。スイカズラの仲間のツキヌキニンドウです。

Tsukinukinindou1

Tsukinukinindou2

これはこれは・・・? 風で飛んだハンカチ? いや、もう散ってしまっていたハンカチノキの花びらです。happy01

Hankachinoki1

シャクヤクも、白とこの花が咲いていました。立てば芍薬・・・ よく見ると、美人には、やはり、虫がついていました~ coldsweats01 見とれて、後ろのぼかし(撮影)も忘れていました。

Shakuyaku8

ということで、マイ・フィールドの散策を終えて、車に、この初夏、初めて、エアコンのスイッチをオンにして、帰途につきました。

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました。

2017年5月13日 (土)

初夏のマイ・フィールド

昨日は、30℃前後の暑い中、汗をかきながら、マイ・フィールドのひとつ、川口市のふるさとの森一帯を散策してきました。

春の花は、ほとんど、姿を消して、初夏の花々が咲いていました。

キショウブの花が咲き始めています。今では、どこにでも、水辺に咲く花ですが、西アジアやヨーロッパから渡来したもので、帰化植物とは言わないで、環境省では、要注意外来生物に指定しているのだとか。なにか害を及ぼすのかな? きれいな花なのに・・・

Kishoubu6

しばしば見かける、コミスジが、2頭、剪定した樹木のチップが敷かれた道に舞い降りて、すぐ目の前で、じっくり、撮らせてくれました。

3本の白斑列があるので、三條(訓読みでスジ)で、これは、小さいので、小三條。

Komisuji5

Komisuji6

裏翅は、こちらが、色がよく撮れました。それと、昆虫なのに4本足です。タテハチョウ科の特徴で、前の2本は退化して短くて、感覚器官になっています。

Komisuji7

シランの花も群生していましたが、1茎だけを撮ってみました。

Shiran3

林の薄暗いところでこんな花も咲いていました。マムシグサです。猛毒の毒草だからか、名札が立てられていませんでした。coldsweats02

Mamushigusa1

花も蝮(頭部)なら、茎も蝮(腹部)・・・ よくぞ、マムシグサと命名せり・・・ coldsweats01

Mamushigusa2

ところで、もう、花期は終わっていましたが、これは、数年前に、同じ林で撮影した(マムシグサの近縁種の)ウラシマソウです。長く伸びているのを、釣り竿と長い釣り糸に見立てて、浦島太郎の連想からの命名です。

Urashimasou2

このあと、丘陵を車で走りあがって、いつもの禅寺へ・・・

境内や墓地には、イチハツの花がいっぱい咲いていました。これは、中国原産ですが、ふつうの帰化植物扱いです。キショウブは、繁茂するからやっかいもの扱いなのかも。

アヤメの仲間では、一番早く咲くので、イチハツ(一初)・・・ happy01

Ichihatsu1

そのイチハツなどを観ながら、興禅院の墓地の奥へ進むと・・・ スダジイ(昔は、炒っておいしく食べた、椎の実がなる木)の巨木があり、いまは、かなり、枝を伐採されていましたが、日本有数の植木の町の職人さんがかかわられているので、大丈夫でしょう。樹の根元を養生するためでしょう。立ちすだれがかけられていました。

Kouzenin11

巨樹の根元に抱かれて、優しいお顔で、眠っているようにも見えるお地蔵さまがいらっしゃいます。寺院は室町時代の建立で、このお地蔵さまは、およそ300年前(元禄時代)に彫られたもので、この樹の下に佇んでいる間に、樹に抱かれてしまわれたとのこと。

Kouzenin12

興禅院の「抱き地蔵」と称されています。大きさは、3~40cmでしょうか。スダジイが元気を取り戻せば、いつしか、樹木にすっぽり包まれてしまわれることでしょう。confident

Kouzenin13

このあとは、また、いつもの植物センターを一巡りしました。続きは、また、明日にでも。

2017年5月 3日 (水)

ゴールデンウィークの中日

9連休中の方には、中日ですね。ゴールデンウィークではない方々の記事も拝読しています。その方々には、”お疲れ様”です。しらこばとにも、そのような時代もありました。

いまは、幸い?、毎日が日曜日ですが・・・ といっても、年金生活です。coldsweats01

ところで今日は、畑、白鷺のねぐら(コロニー)、地元の氏神様の藤まつり、市の植物園を巡ってきました。

まずは、藤まつりの様子です。

平安時代からの由緒ある”久伊豆(いさいず)神社”です。

この鳥居は、10年前の伊勢神宮の遷宮撤去の際の廃材で再建された鳥居です。

Hisaizujinja15

そして、この鳥居のすぐ先にある藤棚・・・といっても、樹齢、200数十年の藤です。今年は、例年になく、長~い房を観ることができました。長い間、五尺藤(1尺はおよそ30cm)、つまり、花房が1.5m・・・ 久々に、まさに、その長さでした。

Fuji10hisaizujinja


Fuji11hisaizujinja

樹齢、200数十年の重みを感じます。藤棚は、20m X 30mほどもあります。

Fuji12hisaizujinja

ここ、越谷には、徳川家康が築造したといわれる、越谷御殿がありました。家康が、検地を兼ねて、趣味の鷹狩でしばしば訪ねていて、築城したのだそうです。残念ながら、江戸時代の振袖火災の復興のため、江戸へ移築されて、いまは、名残はありません。

でも、この神社には、立ち葵のご紋が、いまもなお許されています。

Hisaizujinja17

シラコバトは、当時、鷹狩の狩猟目標であったようです。そして、シラコバトは、どういう経緯はわかりませんが、欧州からアジアには、ふつうに見られる鳥で、移入されたのではないかと、しらこばとは思っています。そこで、越谷だけで生息していて、しらこばとが移転した昭和45年のころは、庭でも、見かけていたものですが、あちこちで、餌場の養鶏場が無くなるにつれて、周辺の地域に移り住んでしまいました。

最後に、いまでは、”旗日”という言葉は、死語化しつつありますが、今日は、”憲法記念日”でしたね。やはり、神社では・・・

Hisaizujinja16