2017年5月14日 (日)

初夏のマイ・フィールド 続き

いつものように、振興センターも見学させていただきました。県の施設で、入園料は要りません。門を入ると、駐車場には、この花が、咲き始めていました。以前は、洋風の花だなあと思う程度でしたが、いまでは、この季節には、一度は出合いたい花となりました。北米、キューバ原産だそうです。

Kalmia6

蕾も、五角形の鉢か傘のような花も、形がとてもユニークです。

Kalmia7

ここには、蕾は紅色、開くとピンクの園芸品種もありますが、未開花でした。

サクランボ(暖地桜桃)が生っていました。シナミザクラ(実桜)の実です。おいしそうですが、これは、酸味があるそうです。

日本のサクランボ(桜ん坊)は、この仲間の、西洋ミザクラを改良したものだそうです。

Shinamizakura1

ウツギの花は、これからでした。せめて、蕾だけもと、記録に撮ってきました。

Utsugi5

一方、タニウツギは、見ごろを過ぎていました。

Taniutsugi1

ヤブデマリは、本州以南の沢などに自生しているそうですが、満開でした。

Yabudemari1

ロウバイの仲間のカリカンサスも見ごろでした。

Calycanthus1

そして、これは?

春遠からじの頃に咲く、素芯ロウバイの実です。隣に植えてある満月ロウバイには、今年は実がついていませんでした。どちらだったか不詳ながら、ここで拾った種を植えて、盆栽でも花が咲くのやらと楽しみに育てていますが、はてさて・・・

Soshinroubai5mi

これも、変わっていて、好きな花です。スイカズラの仲間のツキヌキニンドウです。

Tsukinukinindou1

Tsukinukinindou2

これはこれは・・・? 風で飛んだハンカチ? いや、もう散ってしまっていたハンカチノキの花びらです。happy01

Hankachinoki1

シャクヤクも、白とこの花が咲いていました。立てば芍薬・・・ よく見ると、美人には、やはり、虫がついていました~ coldsweats01 見とれて、後ろのぼかし(撮影)も忘れていました。

Shakuyaku8

ということで、マイ・フィールドの散策を終えて、車に、この初夏、初めて、エアコンのスイッチをオンにして、帰途につきました。

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました。

2017年5月13日 (土)

初夏のマイ・フィールド

昨日は、30℃前後の暑い中、汗をかきながら、マイ・フィールドのひとつ、川口市のふるさとの森一帯を散策してきました。

春の花は、ほとんど、姿を消して、初夏の花々が咲いていました。

キショウブの花が咲き始めています。今では、どこにでも、水辺に咲く花ですが、西アジアやヨーロッパから渡来したもので、帰化植物とは言わないで、環境省では、要注意外来生物に指定しているのだとか。なにか害を及ぼすのかな? きれいな花なのに・・・

Kishoubu6

しばしば見かける、コミスジが、2頭、剪定した樹木のチップが敷かれた道に舞い降りて、すぐ目の前で、じっくり、撮らせてくれました。

3本の白斑列があるので、三條(訓読みでスジ)で、これは、小さいので、小三條。

Komisuji5

Komisuji6

裏翅は、こちらが、色がよく撮れました。それと、昆虫なのに4本足です。タテハチョウ科の特徴で、前の2本は退化して短くて、感覚器官になっています。

Komisuji7

シランの花も群生していましたが、1茎だけを撮ってみました。

Shiran3

林の薄暗いところでこんな花も咲いていました。マムシグサです。猛毒の毒草だからか、名札が立てられていませんでした。coldsweats02

Mamushigusa1

花も蝮(頭部)なら、茎も蝮(腹部)・・・ よくぞ、マムシグサと命名せり・・・ coldsweats01

Mamushigusa2

ところで、もう、花期は終わっていましたが、これは、数年前に、同じ林で撮影した(マムシグサの近縁種の)ウラシマソウです。長く伸びているのを、釣り竿と長い釣り糸に見立てて、浦島太郎の連想からの命名です。

Urashimasou2

このあと、丘陵を車で走りあがって、いつもの禅寺へ・・・

境内や墓地には、イチハツの花がいっぱい咲いていました。これは、中国原産ですが、ふつうの帰化植物扱いです。キショウブは、繁茂するからやっかいもの扱いなのかも。

アヤメの仲間では、一番早く咲くので、イチハツ(一初)・・・ happy01

Ichihatsu1

そのイチハツなどを観ながら、興禅院の墓地の奥へ進むと・・・ スダジイ(昔は、炒っておいしく食べた、椎の実がなる木)の巨木があり、いまは、かなり、枝を伐採されていましたが、日本有数の植木の町の職人さんがかかわられているので、大丈夫でしょう。樹の根元を養生するためでしょう。立ちすだれがかけられていました。

Kouzenin11

巨樹の根元に抱かれて、優しいお顔で、眠っているようにも見えるお地蔵さまがいらっしゃいます。寺院は室町時代の建立で、このお地蔵さまは、およそ300年前(元禄時代)に彫られたもので、この樹の下に佇んでいる間に、樹に抱かれてしまわれたとのこと。

Kouzenin12

興禅院の「抱き地蔵」と称されています。大きさは、3~40cmでしょうか。スダジイが元気を取り戻せば、いつしか、樹木にすっぽり包まれてしまわれることでしょう。confident

Kouzenin13

このあとは、また、いつもの植物センターを一巡りしました。続きは、また、明日にでも。

2017年5月 3日 (水)

ゴールデンウィークの中日

9連休中の方には、中日ですね。ゴールデンウィークではない方々の記事も拝読しています。その方々には、”お疲れ様”です。しらこばとにも、そのような時代もありました。

いまは、幸い?、毎日が日曜日ですが・・・ といっても、年金生活です。coldsweats01

ところで今日は、畑、白鷺のねぐら(コロニー)、地元の氏神様の藤まつり、市の植物園を巡ってきました。

まずは、藤まつりの様子です。

平安時代からの由緒ある”久伊豆(いさいず)神社”です。

この鳥居は、10年前の伊勢神宮の遷宮撤去の際の廃材で再建された鳥居です。

Hisaizujinja15

そして、この鳥居のすぐ先にある藤棚・・・といっても、樹齢、200数十年の藤です。今年は、例年になく、長~い房を観ることができました。長い間、五尺藤(1尺はおよそ30cm)、つまり、花房が1.5m・・・ 久々に、まさに、その長さでした。

Fuji10hisaizujinja


Fuji11hisaizujinja

樹齢、200数十年の重みを感じます。藤棚は、20m X 30mほどもあります。

Fuji12hisaizujinja

ここ、越谷には、徳川家康が築造したといわれる、越谷御殿がありました。家康が、検地を兼ねて、趣味の鷹狩でしばしば訪ねていて、築城したのだそうです。残念ながら、江戸時代の振袖火災の復興のため、江戸へ移築されて、いまは、名残はありません。

でも、この神社には、立ち葵のご紋が、いまもなお許されています。

Hisaizujinja17

シラコバトは、当時、鷹狩の狩猟目標であったようです。そして、シラコバトは、どういう経緯はわかりませんが、欧州からアジアには、ふつうに見られる鳥で、移入されたのではないかと、しらこばとは思っています。そこで、越谷だけで生息していて、しらこばとが移転した昭和45年のころは、庭でも、見かけていたものですが、あちこちで、餌場の養鶏場が無くなるにつれて、周辺の地域に移り住んでしまいました。

最後に、いまでは、”旗日”という言葉は、死語化しつつありますが、今日は、”憲法記念日”でしたね。やはり、神社では・・・

Hisaizujinja16

2017年4月24日 (月)

青葉若葉のいい季節

昨日、日曜日、絶好の日和だったので、畑へ行くと、相棒は、カボチャの植え付けを思案中。初めてではないものの、株の間隔と、蔓をどのように伸ばしたものかなと言うので、i Padで検索して、教えるというよりも伝えているところに、キジが、ノイバラの茂みで、ケッケーン・・・ 姿は確認できず・・・

「この前は、♀を5羽も従えていたぞ」と言う。「その前は、2羽の♂が格闘していた」とのこと。縄張り争いで、どちらかが、降参して逃げるまで、激しく争うようです。畑の手伝いよりも、キジを探しにまた近々ということにして、サニーレタスとブロッコリーを収穫してきました。

数年前に撮った写真です。

Kiji10

Kiji9

それから、いつもの公園へ。途中、霊園の藤棚を思い出して、立ち寄ると、いい香りが漂っていました。上の方から開花し始めて、房の先の方へと順に咲きますが、5、6分咲きでした。

Fuji5

足元で、タンポポの綿毛を見つけて・・・camera

Tanpopo6

それから、お参りをして、立ち枯れの木を切ったあと、なにも植えるようでもないので、お彼岸に、植えさせてもらった椿”玉之浦”を確認。たぶん、大丈夫、枯れることはなさそう。少し大きくなって、花がいっぱい咲くまでは、生きることにして・・・ coldsweats01 バックは、ベニカナメモチ(レッドロビン)で、いままさに、真赤な新葉がきれいなときです。

Tsubaki33

公園の駐車場は、いっぱいで、ルール違反も大目にみてもらえるようで、やむをえず、線が引いていないところに駐車。

エントランスのメタセコイアの並木も、まさに、目には青葉・・・でした。

Metasequoia9

こちらは、ケヤキで、目が覚めるような若葉でした。ちょうど、このあたりでは、成田か羽田発の飛行機のルートにあたり、ほぼ5分おきに通るので、折角だから真上に来たところで、パチリ・・・

Keyaki10

クスノキもたくさん植えられています。これまた、常緑樹の若葉の季節ですが、交代するように、この時季、落葉しますね。

これは、先日、上野公園で、落ち葉がびっしりなのに気づいて、撮った1枚です。

Kusunoki2

こちらの公園の池では、まだ、ハシビロガモとヒドリガモが、20羽ほどいました。以前にも、同じ拙句を載せましたが、”日高し 連れはいづこか 残り鴨”・・・ coldsweats01

ハシビロガモの♂です。渡ってきた頃は、水の面に紅葉が映えていましたが、いまは、緑・・・

Hashibirogamo23

キジたちはheart04の季節、こちらは、水も温み、鯉の季節です。smile 子どもたちが投げるパンくずに集まって来ていました。そして、空にも、鯉が幟る、お節句も間近ですね。happy01

Koi7

2017年4月19日 (水)

上野恩賜公園、国立科学博物館

昨日は、午後から、天気もよく、気温も上がったところで、上野公園までドライブ。目的は、先月からネットでチケットを購入していた「大英自然史博物館展」の鑑賞でした。事前予約限定のポケットガイドをいただきました。happy01

Naturalhistorymuseum1

上野のお山は、さすがに、ソメイヨシノは、青葉若葉になっていましたが、八重桜がまだ楽しめました。

Yaezakura1

寛永寺の清水観音堂の裏手では、ツツジが咲いていました。

Tsutsuji6

清水観音堂は、不忍池に向かって建つ、朱塗りのお堂ですが、いい季節なので、正面へ回ると、ボタンの花ももう咲いていました。

Botan21

歌川広重も浮世絵に描いた「上野山内月のまつ」

Tsukinomatsu1

再現されている月の松

Tsukinomatsu2

奥に見える青緑の建物は、不忍池の弁天堂です。望遠で撮りました。

Shinobazunoikebentendou2

いつものように、正岡子規記念球場の外の道を・・・ 道側の小さな句碑には、おりしも、この季節の句、「春風や まりを投げたき 草の原」と刻されています。打者、走者、直球などは、彼の訳語だそうで、選手ではなくても、野球殿堂入りをしています。

途中、シャガやヤマブキの花を眺めつつ、博物館に到着。

ロンドンの大英博物館付設の大英自然史博物館所蔵の、しばしば、Treasuresと記されていましたが、自然界の”至宝”の数々、動植物・鉱物を鑑賞してきました。

フラッシュ禁止ながら、撮影は自由でしたので、いくつも撮ってきましたが、光量不足で、うまく撮れませんでした。

これは、およそ5億年前のカンブリア紀の三葉虫の化石・・・ 交尾している状態で複数の三葉虫

Sanyouchuu1

これは、100年ほど前まで、日本・韓国の沿岸に生息していたニホンアシカ。捕獲され続けて、いまは、絶滅。

Nihonasika1

モーリシャス島に人間が上陸して90年後に、こちらも絶滅したドードー。

Dodo1

イギリスのシジミチョウ。これは、いまも生きている蝶でしょう・・・

Shijimichou1

これが、今回、日本初公開の、鳥の先祖の始祖鳥の化石です。素人には、部位がよくわかりませんが、恐竜から鳥類へと進化したことを示すもので、発見された当時、ダーウィンが進化論を展開していて、奇しくも、その証明見本となったものです。世界で10体ほど見つかっているとのこと。三半規管が発達していて、平衡感覚はすぐれていて、視覚も発達していたようです。

このところの画像技術の進歩で、壁面に、もちろん、3Dのリアルな動画が映されていましたが、羽ばたいて、飛んでいました。

Shisochou1

まだありますが、割愛。地球の歴史上、恐竜に代表されるような大量絶滅は、5回ほど起きたそうです。そして、今。人類による6回目の危機だそうです。

館内でも、しばしば、掲示されていましたが、動物も植物も”多様性”、つまり、幅広く性質の異なる群が存在し続けなければならないということです。鉱物も、現生人類が、かなりの物質を消費しきっていますが、はたして、その結末は・・・ confident

そして、出口には、シロナガスクジラがいました。シロナガスクジラは、地球上に、これまで存在した最大の動物だそうです。体長30m前後。捕獲する前は30万頭ほどもいて、捕鯨禁止で、いま、ようやく数千頭くらいに増えているようです。

Shironagasukujira3

体の割には、小さな小さな目で、花見をしていました。happy01

Shironagasukujira4

それから、入館無料のシニアは、東京国立博物館を一巡り。表慶館の裏手では、柳と八重桜のコラボを1枚・・・

Yanagi3

名前を知っている桜に気づきました。盛りは過ぎていましたが、イチヨウという美しい八重桜です。

Sakura84ichiyou

11時半に家を出て、ちょうど、半日のお遊びデーでした。happy01

2017年3月19日 (日)

お彼岸の花や鳥

お彼岸の墓参。故郷・九州から改葬して、8年余の歳月が過ぎました。この間、彼岸へひとり、天へひとりが帰りました。

お墓参りに行くと、先客(弟)が花を供えてくれていて、花いっぱいになりました。

Flower3

活けなおしたばかりの花に、早速、虫が飛んできました。啓蟄も過ぎて、お彼岸にもなり、動き始めたようです。蜂に似ていますが、・・・、近くの畑のミツバチは、気温が15℃を超えないと飛び出さないので・・・ 近づいてよく観ると、ハナアブでした。これは、成虫で冬越するそうです。種類は、アシブトハナアブのよう?です。

Ashibutohanaabu1

霊園に植えさせていただいた安行寒桜は、やや盛りを過ぎていました。

Angyoukanzakura20

桜の木の下では、ヒメオドリコソウが咲いていました。

Himeodorikosou8

それから、すぐそばのガソリンスタンドで、給油(車検で、負荷走行試験などするからでしょう。ずいぶん減っていたので)と、ついでに洗車もして、道路を隔てた向かいのいつもの公園を散歩。

水も温み、鯉が、食パンをちぎって投げると、浮いてきました。ゆうに、1mを超えるのもいます。ユリカモメや鴨たちとのバトルが始まりました~

Koi4

Koi5

サンシュユの花が、ここでも咲いていました。ほかの木々、ケヤキ、メタセコイア、ラクウショウなどの芽吹きは、これからです。

高みの見物をしているのは、ハシボソガラス。

Sanshuyu24

大木の彼岸桜は、満開でしたが、この数年、樹勢が弱っていて、見栄えはいまひとつでした。

Higanzakura2

ルリビタキ(♀)に出合いました。池の周りの杭やロープを飛び回っていました。あまり、人を恐れないようで、5~10mの至近距離で、行ったり来たり・・・ 逆光で、カメラは手持ちで、うまく撮れませんでした。

Ruribitaki1

ハクモクレンは、ほとんど、開花していましたが、コブシは、まだ蕾の木もたくさんあり、これからです。咲いていたコブシの花です。

Kobushi16

最後は、生け垣に植えられている放春花(ボケの花)です。白やピンクもありましたが、その中から選びに選んで・・・ happy01

Boke6

2017年2月24日 (金)

穏やかな日和に (続き)

梅園では、120数種の梅が、みな、揃って、咲いていました。

しらこばとが一番好きな梅の品種、大輪の”滄溟の月”(そうめい、青々とした広い海)に、また、逢えました。いつまで逢えるかは・・・ 神のみぞ知る。happy01

Ume85soumeinotsuki

Bairin4

福寿草には、日が当たっていなくて、花弁は閉じていましたが・・・、毎年毎年、増え続けています。

Fukujusou26

少し高みに上ると、竹林の中では、梅に鶯の、ウグイスの地鳴きが聞こえました・・・ ウグイスは、梅の花ではなくて、やぶがお好きなようで・・・happy01

昨日の写真とは逆方向で、向こう側は、東京外郭環状道路((高速道路の)外環道)です。

Bairin5

この梅園は、あまりに数が多いからでしょう、全体的に、剪定は上手くされていませんが、出入口のこの樹は、よく手入れされています。”満月枝垂”という品種です。あいにく、日が陰っていて、うまく撮れませんでした。

Ume83mangetsushidare

梅園を出たところでは、やや小輪の寒桜が咲いていました。

Kanzakura8

そのとき、池の方へ、大きな羽を広げて、舞い降りたのは、アオサギさん。鯉のほかにもいる小魚がお目当てでしょう。小さな池には不釣り合いな鳥さんではありました。足が2本あるというのに、いつも、一本立ち・・・coldsweats01

Aosagi20

寒椿の”獅子頭”や立ち寒椿の”勘次郎”などの代表的な寒椿もまだ咲いていましたが・・・

侘助椿の”太郎冠者”が咲いていました。おちょこのように開くのが特徴です。

Tsubaki30wabisuketaroukaja

椿は、日本はじめ、東南アジアの植物ですが、18世紀に、欧米へ渡り、西洋椿として、改良されたとのこと。里帰りして、いまでは、英名の品種として、植物園などでは見かけますが、ここの植物センターにも、いろいろな品種が植えられています。

どことなく、ヨーロッパ風な椿、これは寒椿と記されていましたが、舌をかみそうな”マソティアーナ・ルブラ”という名前でした。

Kantsubaki12mathotianarubra

帰り道では、いつものように、地元の盆栽の共販店を覗いて、店番のおばあさんいわく「今年、咲くかな~」とのことでしたが、小品盆栽の”枝垂れ富士桜”を求めてきました。千円なり・・・ささやかな遊びです。happy01