カテゴリー「俳句・夏」の記事

2017年3月28日 (火)

嬉しい一日

まず、ひとつは、おともだちのひとりが病んで、入院されていますが、(ご高齢の)お母上からの電話で、娘がだいぶ、よくなっていますとの電話あり。happy01

そして、夕方、いつもの3か月ごとの歯の検診、といっても、歯石を取ってもらっていて、おかげさまで、28本、母にいただいた歯(乳歯→永久歯)です。正確には、親知らずも加えてです。smile

そのあと、市の教育委員会の生涯学習課へ・・・

車は、市役所の駐車場はシルバーには利用しづらくて、道路の向かいの中央市民会館の地下に・・・

Chuuoushiminkaikan2

市役所は、大混雑でした。年度末で、移転あり、移入ありなのでしょう。

市役所内の掲示板です。当市は、ざっと、こんなところです。しらこばとが、転入してきた40数年前は、たしか、10万人に満たないほどでしたが・・・ 日本各地で過疎化に歯止めをと知恵を絞っておられる中ではありますが、こちらだけは、毎年、いまだに増え続けています。東京の最中心部の千代田区の人口の5倍以上ですぞよ。面積もほどほどの広さあり、高層マンションは、1、2棟しかありませんけれど・・ happy01

近隣の4つ、5つの市町を合わせて、そのうち、100万都市になり、勝手な推測ながら、南さいたま市が誕生するのでは?と思っていますが、はてさて・・・

Koshigayashi1

それはともかく、目的は、この本(市の文化総合誌)を求めて、訪ねたのでした。

Kawanoarumachi4

おかげさまで、俳句部門に、昨年の夏に投稿した句が、今年は、二句を掲載していただいていました。

一句は、ちょうど、この時節の句・・・

初蝶や 風に向かひて いさぎよし 功雪

もう、ひとつは・・・

ひとり酒 籠の鈴虫 奏でけり