カテゴリー「風景」の記事

2017年4月29日 (土)

みどりの日、いや、昭和の日

今日は、畑にはだれもいませんでしたが、お隣の畑で、キジ(♂)に出合いました。それも、一瞬のこと。happy01

Kiji24

左の野菜は、ネギ、それもいまでは、ネギ坊主・・・

Negi6

そうしているところに、同じ世代の方が、ハーレーダビッドソン・・・ いや、ホンダのかっこいいオートバイクでしたが、しばし、鳥の話・・・ あなたの赤い車rvcarは、キジに襲われるよと言われました・・・coldsweats02 先日のNHKのテレビで、郵便屋さんの赤いバイクと緑のズボンを、キジが(恋敵と思って?)襲っていたのを、しらこばと同様、観ておられたようでした。coldsweats01

近くの(越谷市と吉川市の間を流れる)中川の岸辺には、白鷺のコロニーがあるのは知っていましたが、いまでは、300羽ほどもいて、いまは、つがいが巣作りの真っ最中と教えてくれました。近いうちに行ってみます。

畑の周りの田んぼには、用水が、昨日あたりから流れ始めたようです。早速、トラクターが代掻きをしていました。

Shirokaki1

コロニーから来たのか、もう早々に、南の国から渡ってきたチュウサギが数羽、掻き出されたエサを求めて、飛来していました。

Chuusagi26

Chuusagi27

Chuusagi25

いつも見慣れたハクセキレイも何がお目当てか?と思いきや・・・

Hakusekirei11

新鮮な水で・・・

Hakusekirei12

あ~、さっぱりした~ わかるわかる happy01

Hakusekirei13

雲行きが怪しくなってきたのだけれど、鯉幟を観に、少し遠回りして、(この先で、中川と合流する)元荒川へ・・・

Motoarakawa10koinobori

これは、近くの幼稚園と小学生の作品で、いつもながら太っちょの鯉幟り・・・

Motoarakawa11koinobori

このあたりは、いにしえの奥州街道沿い。徳川家康も鷹狩で訪ねてきては、宿泊して、そのときの寝具も遺されている大相模不動尊大聖寺の裏手にあたる不動橋からの眺めです。

Motoarakawa12koinobori

日中は25℃を超えて、帰宅したら、真っ青な空。水撒きをしたものの、雷の音も聞こえ出して、すぐにひと雨降って、天気予報のとおり、不安定な夕方でした。

2017年3月29日 (水)

溜井の春

昨日の続きです。

生涯学習課で、「川のあるまち」(年刊誌)を買ってから、市役所の脇を流れるというか、溜井(葛西用水)の土手を散歩してきました。そろそろ、下流にある水門が閉じて、水が溜まり、来月下旬から、数本の農業用水路に、田植え用の水が流れます。

もうひとつの元荒川のふたつに架かる新平和橋の上からの景色です。鴨は、よく観ると、ヒドリガモばかりでした。桜を観てから旅立つのでしょう。(市内の桜は、まだ、ちらほら開花している程度です)

Kasaiyousui10

いつもは、芝の上で見かけるハクセキレイが、せわしなく、水辺で、採餌?していました。

Hakusekirei10

上流・下流で、数百メートルもの花壇は、これからは、チューリップがメインですが、混植されているパンジーが咲いていました。

Kadan1

チューリップは、まだ、この程度。

Tulip26

橋の下をくぐり、下流側へ行こうとしていて、気づきました。2週間ほど前に、工事が終わったばかりとのことですが、橋梁の耐震のために、このようなものが、たくさん、取り付けられていました。工事の費用、1億2千万円なり・・・ bearing それよりも、安心第一ですね。

Taishinkouhou1

河原には、カラスノエンドウ、正式名はヤハズエンドウが茂っていました。花の下の小葉の先が、くぼんでいて、弓矢で、弓の弦を受ける矢の末端のくぼみ(矢筈)に見立てての命名だそうです。”そのはず”の由来もこの”筈”で~す。happy01

Yahazuendou2

道路と河原の間のスロープには、ヒュウガミズキが咲いていました。

Hyuugamizuki5

それから、20年ほど使った電話機が、調子が悪いので、携帯がメインでも、あちこちで、長年、固定電話の番号を登録しているので、ヤマダ電機で買って帰りました。ファックスは、送受信することもない今、コンパクトな電話にしましたが、いまは、多機能ですね。いつも留守電にして使うのには、Mottainai。happy01

2017年1月 7日 (土)

新春の初ドライブ&初探鳥

関東は、元日からずっといい天気が続いています。昨日も快晴だったので、ドライブ&探鳥に出かけてきました。

昨年の七夕の日以来、久しぶりに、谷津干潟(千葉県習志野市)へ行ってきました。

ちょうど、潮が満ちてきているところで、干潮の干潟の鳥さんたちには、逢えませんでしたが、オナガガモ、ヒドリガモ、カワウ、オオバン、セイタカシギ、アカハラ、ツグミ、ムクドリ、スズメ、ハシボソガラスで、ほとんど、近所でも見られる鳥ばかりながら10種類ほど確認。coldsweats01 午前中、干潮時には、このほかに、ダイゼン、ハマシギ、イソシギ、タシギなど、さらに10種類ほどもいたようです。

Yatsuhigata15

いつものように、谷津干潟自然観察センターへも入館。

Yatsuhigata16

アカハラとシロハラのデコイが迎えてくれました。

Yatsuhigata21

淡水の池は、氷が張っていて、なにもいませんでした。

センター内からの干潟の眺望です。これでも、3分の1ほどの広さです。

Yatsuhigata19

センター内にある、この一帯の模型図です。黄色い字は、しらこばとが、記入しました。

かつての海岸線は、左上隅のあたりです。千葉街道(国道14号)と並行する京葉道路があるあたりです。みんな、東京湾の干潟の埋立地です。千葉県が埋め立てを行ない、今残る、谷津干潟は、利根川放水路計画のために、国有地だったため、埋め立てを免れて、東京湾とは2つの細い水路でつながっています。

ここも埋め立てられる運命でしたが、シギやチドリやカモなどの渡りの中継地で、有志の請願もあり、残されて、(湿地保存の)ラムサール条約の登録地にもなりました。

埋め立ては、1960、70年代に行なわれたそうです。それからできた、(JR京葉線の車窓からも見えていましたが)世界最大の屋内スキー場、ららぽーとスキードームは、10年ほどは、人気を集めましたが、いまから10年ほど前に、解体されました。

Yatsuhigata20

こちらの岸辺で、群れをなしていたのは、ほとんど、オナガガモでした。

Onagagamo38

左下の1羽は、ヒドリガモ。

Onagagamo39

センターの壁面の絵です。

Yatsuhigata17

子供たちも楽しめる工夫がいろいろなされています。鳥の帽子が置いてありました。被って見ることができるように、下の方に鏡がありました。happy01

Yatsuhigata18

お昼は、去年の夏と同じコースで・・・ 10分ほどで行ける、千葉市美浜区に聳えるホテルの最上階(50F)のレストランへ・・・ 180mの高さで・・・ delicious

Apahotel2

バイキングのランチ。これで2000円程度。そうは、おなかに入らないのですが、無理をして・・・ この眺望を独り占めできるから、元は取れました。happy01

千葉マリンスタジアム、右の屋根は、(かつて、説明員や見学者として通った)幕張メッセの会場。

Apahotel3

ず~とアップすると、山並みは、秩父連山かな? この時点では、富士山は確認できませんでした。

Apahotel4

ホテルは、旧幕張プリンスホテル(売却されて、現在はアパグループ)です。うまく経営されているのか、西に続いて東にもウィングが建ち、客室は2000もあるそうです。

通路の窓辺に、初春の生け花がいくつも飾ってありました。

Ikebana1

一度は、泊まって、夜景を楽しみたいものですが、年金生活の身では・・・ それより、独りではね~ coldsweats01

帰りは、夕焼け小焼けの富士がくっきりと見えました。高速道路の高いところから、東京スカイツリーとのコラボが撮れる地点を通過していて、少し、渋滞していましたが、エンジンを切るわけにはゆかず、脳裏に焼き付けてよしとしました。happy01