カテゴリー「野鳥」の記事

2017年4月29日 (土)

みどりの日、いや、昭和の日

今日は、畑にはだれもいませんでしたが、お隣の畑で、キジ(♂)に出合いました。それも、一瞬のこと。happy01

Kiji24

左の野菜は、ネギ、それもいまでは、ネギ坊主・・・

Negi6

そうしているところに、同じ世代の方が、ハーレーダビッドソン・・・ いや、ホンダのかっこいいオートバイクでしたが、しばし、鳥の話・・・ あなたの赤い車rvcarは、キジに襲われるよと言われました・・・coldsweats02 先日のNHKのテレビで、郵便屋さんの赤いバイクと緑のズボンを、キジが(恋敵と思って?)襲っていたのを、しらこばと同様、観ておられたようでした。coldsweats01

近くの(越谷市と吉川市の間を流れる)中川の岸辺には、白鷺のコロニーがあるのは知っていましたが、いまでは、300羽ほどもいて、いまは、つがいが巣作りの真っ最中と教えてくれました。近いうちに行ってみます。

畑の周りの田んぼには、用水が、昨日あたりから流れ始めたようです。早速、トラクターが代掻きをしていました。

Shirokaki1

コロニーから来たのか、もう早々に、南の国から渡ってきたチュウサギが数羽、掻き出されたエサを求めて、飛来していました。

Chuusagi26

Chuusagi27

Chuusagi25

いつも見慣れたハクセキレイも何がお目当てか?と思いきや・・・

Hakusekirei11

新鮮な水で・・・

Hakusekirei12

あ~、さっぱりした~ わかるわかる happy01

Hakusekirei13

雲行きが怪しくなってきたのだけれど、鯉幟を観に、少し遠回りして、(この先で、中川と合流する)元荒川へ・・・

Motoarakawa10koinobori

これは、近くの幼稚園と小学生の作品で、いつもながら太っちょの鯉幟り・・・

Motoarakawa11koinobori

このあたりは、いにしえの奥州街道沿い。徳川家康も鷹狩で訪ねてきては、宿泊して、そのときの寝具も遺されている大相模不動尊大聖寺の裏手にあたる不動橋からの眺めです。

Motoarakawa12koinobori

日中は25℃を超えて、帰宅したら、真っ青な空。水撒きをしたものの、雷の音も聞こえ出して、すぐにひと雨降って、天気予報のとおり、不安定な夕方でした。

2017年4月26日 (水)

初燕

今日は、先に控えたお祝いの席に備えて散髪に行きました。まだ、なんとか、七三に分けることができます。coldsweats01 ゴールデン・ウィーク中に薬が切れそうで、かかりつけのクリニックにも行ってきました。ほかのふたつの薬(血圧と血糖値)はともかく、リスミーという軽い睡眠薬sleepysleepyがないと、翌日、快適に過ごせないのです。 coldsweats01

それはともかく、車の中から、燕を見ました。

初燕 宙に十字を 切りにけり 功雪 ”十字を切る”はカトリックの信徒のふだんの所作です。♰

巣作りをするために、田んぼで、土を啄んでいました。命がけの北帰行で、帰ってきたとたんに巣作りのための、けなげな姿に感動・・・ confident

写真は、昔撮ったものです。

Tsubame6

Tsubame5

Tsubame1

この夏も、町内で、このような写真が撮れますよう・・・

2017年4月24日 (月)

青葉若葉のいい季節

昨日、日曜日、絶好の日和だったので、畑へ行くと、相棒は、カボチャの植え付けを思案中。初めてではないものの、株の間隔と、蔓をどのように伸ばしたものかなと言うので、i Padで検索して、教えるというよりも伝えているところに、キジが、ノイバラの茂みで、ケッケーン・・・ 姿は確認できず・・・

「この前は、♀を5羽も従えていたぞ」と言う。「その前は、2羽の♂が格闘していた」とのこと。縄張り争いで、どちらかが、降参して逃げるまで、激しく争うようです。畑の手伝いよりも、キジを探しにまた近々ということにして、サニーレタスとブロッコリーを収穫してきました。

数年前に撮った写真です。

Kiji10

Kiji9

それから、いつもの公園へ。途中、霊園の藤棚を思い出して、立ち寄ると、いい香りが漂っていました。上の方から開花し始めて、房の先の方へと順に咲きますが、5、6分咲きでした。

Fuji5

足元で、タンポポの綿毛を見つけて・・・camera

Tanpopo6

それから、お参りをして、立ち枯れの木を切ったあと、なにも植えるようでもないので、お彼岸に、植えさせてもらった椿”玉之浦”を確認。たぶん、大丈夫、枯れることはなさそう。少し大きくなって、花がいっぱい咲くまでは、生きることにして・・・ coldsweats01 バックは、ベニカナメモチ(レッドロビン)で、いままさに、真赤な新葉がきれいなときです。

Tsubaki33

公園の駐車場は、いっぱいで、ルール違反も大目にみてもらえるようで、やむをえず、線が引いていないところに駐車。

エントランスのメタセコイアの並木も、まさに、目には青葉・・・でした。

Metasequoia9

こちらは、ケヤキで、目が覚めるような若葉でした。ちょうど、このあたりでは、成田か羽田発の飛行機のルートにあたり、ほぼ5分おきに通るので、折角だから真上に来たところで、パチリ・・・

Keyaki10

クスノキもたくさん植えられています。これまた、常緑樹の若葉の季節ですが、交代するように、この時季、落葉しますね。

これは、先日、上野公園で、落ち葉がびっしりなのに気づいて、撮った1枚です。

Kusunoki2

こちらの公園の池では、まだ、ハシビロガモとヒドリガモが、20羽ほどいました。以前にも、同じ拙句を載せましたが、”日高し 連れはいづこか 残り鴨”・・・ coldsweats01

ハシビロガモの♂です。渡ってきた頃は、水の面に紅葉が映えていましたが、いまは、緑・・・

Hashibirogamo23

キジたちはheart04の季節、こちらは、水も温み、鯉の季節です。smile 子どもたちが投げるパンくずに集まって来ていました。そして、空にも、鯉が幟る、お節句も間近ですね。happy01

Koi7

2017年4月19日 (水)

上野恩賜公園、国立科学博物館

昨日は、午後から、天気もよく、気温も上がったところで、上野公園までドライブ。目的は、先月からネットでチケットを購入していた「大英自然史博物館展」の鑑賞でした。事前予約限定のポケットガイドをいただきました。happy01

Naturalhistorymuseum1

上野のお山は、さすがに、ソメイヨシノは、青葉若葉になっていましたが、八重桜がまだ楽しめました。

Yaezakura1

寛永寺の清水観音堂の裏手では、ツツジが咲いていました。

Tsutsuji6

清水観音堂は、不忍池に向かって建つ、朱塗りのお堂ですが、いい季節なので、正面へ回ると、ボタンの花ももう咲いていました。

Botan21

歌川広重も浮世絵に描いた「上野山内月のまつ」

Tsukinomatsu1

再現されている月の松

Tsukinomatsu2

奥に見える青緑の建物は、不忍池の弁天堂です。望遠で撮りました。

Shinobazunoikebentendou2

いつものように、正岡子規記念球場の外の道を・・・ 道側の小さな句碑には、おりしも、この季節の句、「春風や まりを投げたき 草の原」と刻されています。打者、走者、直球などは、彼の訳語だそうで、選手ではなくても、野球殿堂入りをしています。

途中、シャガやヤマブキの花を眺めつつ、博物館に到着。

ロンドンの大英博物館付設の大英自然史博物館所蔵の、しばしば、Treasuresと記されていましたが、自然界の”至宝”の数々、動植物・鉱物を鑑賞してきました。

フラッシュ禁止ながら、撮影は自由でしたので、いくつも撮ってきましたが、光量不足で、うまく撮れませんでした。

これは、およそ5億年前のカンブリア紀の三葉虫の化石・・・ 交尾している状態で複数の三葉虫

Sanyouchuu1

これは、100年ほど前まで、日本・韓国の沿岸に生息していたニホンアシカ。捕獲され続けて、いまは、絶滅。

Nihonasika1

モーリシャス島に人間が上陸して90年後に、こちらも絶滅したドードー。

Dodo1

イギリスのシジミチョウ。これは、いまも生きている蝶でしょう・・・

Shijimichou1

これが、今回、日本初公開の、鳥の先祖の始祖鳥の化石です。素人には、部位がよくわかりませんが、恐竜から鳥類へと進化したことを示すもので、発見された当時、ダーウィンが進化論を展開していて、奇しくも、その証明見本となったものです。世界で10体ほど見つかっているとのこと。三半規管が発達していて、平衡感覚はすぐれていて、視覚も発達していたようです。

このところの画像技術の進歩で、壁面に、もちろん、3Dのリアルな動画が映されていましたが、羽ばたいて、飛んでいました。

Shisochou1

まだありますが、割愛。地球の歴史上、恐竜に代表されるような大量絶滅は、5回ほど起きたそうです。そして、今。人類による6回目の危機だそうです。

館内でも、しばしば、掲示されていましたが、動物も植物も”多様性”、つまり、幅広く性質の異なる群が存在し続けなければならないということです。鉱物も、現生人類が、かなりの物質を消費しきっていますが、はたして、その結末は・・・ confident

そして、出口には、シロナガスクジラがいました。シロナガスクジラは、地球上に、これまで存在した最大の動物だそうです。体長30m前後。捕獲する前は30万頭ほどもいて、捕鯨禁止で、いま、ようやく数千頭くらいに増えているようです。

Shironagasukujira3

体の割には、小さな小さな目で、花見をしていました。happy01

Shironagasukujira4

それから、入館無料のシニアは、東京国立博物館を一巡り。表慶館の裏手では、柳と八重桜のコラボを1枚・・・

Yanagi3

名前を知っている桜に気づきました。盛りは過ぎていましたが、イチヨウという美しい八重桜です。

Sakura84ichiyou

11時半に家を出て、ちょうど、半日のお遊びデーでした。happy01

2017年3月29日 (水)

溜井の春

昨日の続きです。

生涯学習課で、「川のあるまち」(年刊誌)を買ってから、市役所の脇を流れるというか、溜井(葛西用水)の土手を散歩してきました。そろそろ、下流にある水門が閉じて、水が溜まり、来月下旬から、数本の農業用水路に、田植え用の水が流れます。

もうひとつの元荒川のふたつに架かる新平和橋の上からの景色です。鴨は、よく観ると、ヒドリガモばかりでした。桜を観てから旅立つのでしょう。(市内の桜は、まだ、ちらほら開花している程度です)

Kasaiyousui10

いつもは、芝の上で見かけるハクセキレイが、せわしなく、水辺で、採餌?していました。

Hakusekirei10

上流・下流で、数百メートルもの花壇は、これからは、チューリップがメインですが、混植されているパンジーが咲いていました。

Kadan1

チューリップは、まだ、この程度。

Tulip26

橋の下をくぐり、下流側へ行こうとしていて、気づきました。2週間ほど前に、工事が終わったばかりとのことですが、橋梁の耐震のために、このようなものが、たくさん、取り付けられていました。工事の費用、1億2千万円なり・・・ bearing それよりも、安心第一ですね。

Taishinkouhou1

河原には、カラスノエンドウ、正式名はヤハズエンドウが茂っていました。花の下の小葉の先が、くぼんでいて、弓矢で、弓の弦を受ける矢の末端のくぼみ(矢筈)に見立てての命名だそうです。”そのはず”の由来もこの”筈”で~す。happy01

Yahazuendou2

道路と河原の間のスロープには、ヒュウガミズキが咲いていました。

Hyuugamizuki5

それから、20年ほど使った電話機が、調子が悪いので、携帯がメインでも、あちこちで、長年、固定電話の番号を登録しているので、ヤマダ電機で買って帰りました。ファックスは、送受信することもない今、コンパクトな電話にしましたが、いまは、多機能ですね。いつも留守電にして使うのには、Mottainai。happy01

2017年3月19日 (日)

お彼岸の花や鳥

お彼岸の墓参。故郷・九州から改葬して、8年余の歳月が過ぎました。この間、彼岸へひとり、天へひとりが帰りました。

お墓参りに行くと、先客(弟)が花を供えてくれていて、花いっぱいになりました。

Flower3

活けなおしたばかりの花に、早速、虫が飛んできました。啓蟄も過ぎて、お彼岸にもなり、動き始めたようです。蜂に似ていますが、・・・、近くの畑のミツバチは、気温が15℃を超えないと飛び出さないので・・・ 近づいてよく観ると、ハナアブでした。これは、成虫で冬越するそうです。種類は、アシブトハナアブのよう?です。

Ashibutohanaabu1

霊園に植えさせていただいた安行寒桜は、やや盛りを過ぎていました。

Angyoukanzakura20

桜の木の下では、ヒメオドリコソウが咲いていました。

Himeodorikosou8

それから、すぐそばのガソリンスタンドで、給油(車検で、負荷走行試験などするからでしょう。ずいぶん減っていたので)と、ついでに洗車もして、道路を隔てた向かいのいつもの公園を散歩。

水も温み、鯉が、食パンをちぎって投げると、浮いてきました。ゆうに、1mを超えるのもいます。ユリカモメや鴨たちとのバトルが始まりました~

Koi4

Koi5

サンシュユの花が、ここでも咲いていました。ほかの木々、ケヤキ、メタセコイア、ラクウショウなどの芽吹きは、これからです。

高みの見物をしているのは、ハシボソガラス。

Sanshuyu24

大木の彼岸桜は、満開でしたが、この数年、樹勢が弱っていて、見栄えはいまひとつでした。

Higanzakura2

ルリビタキ(♀)に出合いました。池の周りの杭やロープを飛び回っていました。あまり、人を恐れないようで、5~10mの至近距離で、行ったり来たり・・・ 逆光で、カメラは手持ちで、うまく撮れませんでした。

Ruribitaki1

ハクモクレンは、ほとんど、開花していましたが、コブシは、まだ蕾の木もたくさんあり、これからです。咲いていたコブシの花です。

Kobushi16

最後は、生け垣に植えられている放春花(ボケの花)です。白やピンクもありましたが、その中から選びに選んで・・・ happy01

Boke6

2017年3月12日 (日)

春を訪ねて

満開の安行寒桜

Sakura81angyoukanzakura

昨日、川口緑化センター(樹里安)で、開催されている”放春花・地梨展(ぼけ・しどみ展)”を観に行ってきました。東京外環の下を走る国道298号線沿いの道の駅と併設されている施設です。

Jurian12

展示会は、この大規模温室の中の植木販売店で、開かれていました。

なお、放春花とはボケ(木瓜)、シドミ(別名、地梨)はクサボケ(草木瓜)のことです。このほか、雪割草やミスミソウなども販売されていました。昨日は観るだけで、ここでは、なにも購入しませんでした。垂涎の春蘭の名花も、非売品でたくさんの品種が展示されていました。

Jurian15 

日本庭園の見本園で咲いていたのは、ただひとつ・・・

Jurian16

樹高3mほどの数本のサンシュユの樹に、早春の黄色い花がびっしりと咲いていました。

Sanshuyu22

地元産の野菜の販売店を覗くと、川口名産の、旬のハマボウフウ(セリの仲間)がありました。数束、買って帰りました。

これで、150円の一束分です。でも、宮内庁ご用達の野菜。刺身のつまなどに使われているそうです。セリ科特有のさわやかな味がします。昨夜は、和え物にしていただきました。delicious

Hamaboufuu3

まだ、日が沈むには早い時間だったので、高台(台地)にあるマイフィールドのふるさとの森へと回りました。興禅院では、白梅と寒桜の競演の美を観ることができました。

Kouzenin9

山門の脇の大樹のハクモクレンです。開花は、もう少し先です。

Hakumokuren19

大きな幹の根もとに生えたひと枝に、日が当たっていたので・・・ camera

Hakumokuren20

Kouzenin10

境内を通らせていただいて、林の方へと向かうと、ヒヨドリとメジロが数十羽、桜の蜜を吸っていました。

境内の隅に、ふつうの孟宗竹の竹林がありますが、ここには、黄金色に緑の筋がある、めずらしい竹も生えています。中国から渡来したという”金明孟宗竹”という品種です。

Kinmeimousouchiku1

斜面林へは下りずに、つぎは、振興センターへ

モクレン科のミケリア・マウダイエ(和名:深山含笑)が、まさに、含み笑いをしていました。happy01

Miyamaganshou2

Miyamaganshou1

ゲンカイ(玄海)ツツジは、満開でした。

Genkaitsutsuji5

トサ(土佐)ミズキの花ももう咲いていました。これは、中低木ですが、低木のヒュウガ(日向)ミズキは、まだ、花芽がようやく確認できる程度でした。

Tosamizuki6

椿の園の下草のヒメリュウキンカが、日の光に輝いていました。

Himeryuukinka8

Himeryuukinka9

オトメツバキのきれいな花を探し出しました。椿の花は、花弁が揃って完璧なものは、なかなかありませんが、これは、花弁の痛みはわずかで、形よく咲いていました。素敵な乙女でした。coldsweats01

Otometsubaki1

帰宅したのは、5時半。十三夜の月が昇っていました。

このところ、閑暇に、与謝蕪村の俳句集を読んでいますが・・・

菜の花や 月は東に 日は西に 蕪村

東に昇る月fullmoonと、西に沈む夕日sunの両方を観ることができるのは、今日12日まで、なお、今宵は小望月(十四夜、ほぼ満月)です。

720mmの望遠で撮って、ノー・トリミングです。

Moon2720170311

2017年3月 3日 (金)

お雛様 2対

今日は、桃の節句・雛祭の日ですね。

わが家には、雛人形は、故郷の有田焼の人形と、妻の遺作の木目込み人形などもありますが、今年は、変わり雛を掲載いたします。会社勤めの頃、10年ほど、セールス・エンジニアとして、日本中を飛び回っていましたが、帰りのお土産のひとつは、空港や駅の売店で求める郷土玩具か工芸品。といっても、小さなものばかりでしたけれど・・・ 

その中のひとつです。写真は、大きく撮りましたが、手のひらに載る大きさで、博多人形の豆雛です。

Hinaningyou3hakataningyou

どれくらい小さいかというと・・・ 畏れ多くも、男雛(親王)に、つまようじをもっていただきました~ coldsweats01

なお、こちらをお内裏様と呼ぶのは、唱歌の”うれしいひなまつり”の作詞で、間違って使われたからだそうです。内裏とは、宮中の一画のことで、あえて、お内裏様といえば、おふたり1対の雛を指すのだそうです。これは、豆知識。happy01

Hinaningyou4hakataningyou

そうそう、しらこばとの狭い庭にも、もう1対のお内裏様?(メジロさん夫婦)が、まだ、足しげく通って来られます。happy01

滅多に、お並びになることなく、どちらかが、見守って、交代で、お食事をなさいます。coldsweats01

Mejiro46

奥にいらっしゃるメジロさんにもピントを合わせて・・・ camera こちらは、姫のようです。止まり木は、少しだけ、芽吹いてきたモミジです。

Mejiro47

このところ、地鳴きも聞こえますが、暖かい日は、さえずり始めました。heart04 こんな風に鳴いています。(少し、ウグイスの声が混じっています。シジュウカラも?)

もう間もなく、庭へは来なくなります。椿や桜の花蜜がごちそうだからでしょう。そして、どこかの森や山へ戻って、子育てをすることでしょう。

2017年2月24日 (金)

穏やかな日和に (続き)

梅園では、120数種の梅が、みな、揃って、咲いていました。

しらこばとが一番好きな梅の品種、大輪の”滄溟の月”(そうめい、青々とした広い海)に、また、逢えました。いつまで逢えるかは・・・ 神のみぞ知る。happy01

Ume85soumeinotsuki

Bairin4

福寿草には、日が当たっていなくて、花弁は閉じていましたが・・・、毎年毎年、増え続けています。

Fukujusou26

少し高みに上ると、竹林の中では、梅に鶯の、ウグイスの地鳴きが聞こえました・・・ ウグイスは、梅の花ではなくて、やぶがお好きなようで・・・happy01

昨日の写真とは逆方向で、向こう側は、東京外郭環状道路((高速道路の)外環道)です。

Bairin5

この梅園は、あまりに数が多いからでしょう、全体的に、剪定は上手くされていませんが、出入口のこの樹は、よく手入れされています。”満月枝垂”という品種です。あいにく、日が陰っていて、うまく撮れませんでした。

Ume83mangetsushidare

梅園を出たところでは、やや小輪の寒桜が咲いていました。

Kanzakura8

そのとき、池の方へ、大きな羽を広げて、舞い降りたのは、アオサギさん。鯉のほかにもいる小魚がお目当てでしょう。小さな池には不釣り合いな鳥さんではありました。足が2本あるというのに、いつも、一本立ち・・・coldsweats01

Aosagi20

寒椿の”獅子頭”や立ち寒椿の”勘次郎”などの代表的な寒椿もまだ咲いていましたが・・・

侘助椿の”太郎冠者”が咲いていました。おちょこのように開くのが特徴です。

Tsubaki30wabisuketaroukaja

椿は、日本はじめ、東南アジアの植物ですが、18世紀に、欧米へ渡り、西洋椿として、改良されたとのこと。里帰りして、いまでは、英名の品種として、植物園などでは見かけますが、ここの植物センターにも、いろいろな品種が植えられています。

どことなく、ヨーロッパ風な椿、これは寒椿と記されていましたが、舌をかみそうな”マソティアーナ・ルブラ”という名前でした。

Kantsubaki12mathotianarubra

帰り道では、いつものように、地元の盆栽の共販店を覗いて、店番のおばあさんいわく「今年、咲くかな~」とのことでしたが、小品盆栽の”枝垂れ富士桜”を求めてきました。千円なり・・・ささやかな遊びです。happy01

2017年2月20日 (月)

辛い選択

二日前は、春一番・・・・ そして翌日から、打って変わって、20℃から10℃、そして、5℃へ・・・

何も用がない一日で、お昼から畑へ・・・

相棒と、顔見知りの、周りの田んぼの農家のご主人がいました。

しらこばとが持参したのは、害鳥退治のグッズ。もちろん、愛鳥家ですが、相棒が植えた苗を食いちぎったり、肥料にと撒いた米糠(ぬか)を食べ尽くしたりで、Help!の声がかかったので、調べたところ、ワシやタカやフクロウの模造品の設置では、一時的には効果はあるものの、効果は長く続かないとのこと。

そこで、野鳥は、キラキラ光るものは苦手とのことで、急遽、Amazonへ,、「鳥ホログラムテープ【3Dホログラフィック効果で害鳥を寄せつけない・北米農業生産者から幅広い支持を受ける製品】」に辿りついて、早速、注文。なんと、1069円の品が翌日、送料無料で届きました~ happy01

そして、お昼から取り付けに畑へ参上して・・・ 10数本立ててきました。coldsweats01

Hatake20

帰ってきて、メジロに与えているつもりのミカンを、同じヒヨドリに止まれないほどの針金で対応していましたが、それでも、ホバリングしながらにも、丸ごと失敬してゆくので、わが庭でも試して、効果のほどを調べることにしました。

夜になっても、居間の光で、光るホログラムテープです。

Holography1

さて、ヒヨドリさんがどう反応するのか・・・ メジロさんは反応しないという矛盾の狭間・・・happy01

まあ~、暇人ならではのことを楽しんで?います。coldsweats01