2017年5月20日 (土)

小満の前日

二十四節気のひとつ、小満(立夏から15日目)は、明日ですね。今朝は、お昼時にかけて、気温30℃の中、畑へ・・・ sweat01sweat02

だれもいませんでした。下手に、勝手に手を出しては叱られるので、coldsweats01 野菜の伸び具合を見てきました。ジャガイモは花が咲いていました。ニンニクは、近くの畑仲間から、種球を分けてもらって、鱗片を植えて、無事育っています。タマネギは、葉が茂り過ぎて、一度、踏んで、葉をいじめましたが、うまく、結球しているのやら。

Hatake23

バラ屋(バラ生産者)さんの畑の周りのノイバラは、やや、見ごろを過ぎていました。でも、このとおり。蕊が、半分ほど茶色になっていたので、接写はやめました。

Noibara24

辺りの田んぼは、田植えが終わっています。カルガモさん夫婦が、暑いのに、日向ぼっこ・・・ 産卵、孵化がうまくゆかなかったのかな? ムナグロやシギの仲間の旅鳥には、会えませんでした。立夏から小満までの田植えが終わったところに丁度、南の国から到着して、採餌して、たぶん、もう、北国へ向かったあとでしょう。

Karugamo21

実をつけた梅の林の中では、野草もオオジシバリ(大地縛り)、また、(識別が紛らわしい)ハルジオンとヒメジョオンなど、いろいろ咲いていました。(これまた、紛らわしい)ヘビイチゴとヤブヘビイチゴはどちらも、よく似た赤い実をつけていました。

そして、これは、コヒルガオ(小昼顔)。

Kohirugao10

このあとは、来週、遠出の予定なので、いつものGSで満タンにして、ついでに、洗車して、帰宅のつもりが・・・

途中、うっかり、十字路で曲がらずに直進してしまって、それならばと、小満の(万物の気が天地に満ち溢れる)季節ゆえ、久しぶりに、一里塚に寄って、ムク、エノキ、ケヤキ、マツ、イチョウの大樹の下で、精気をいただきながら、ひとやすみしてきました。happy01

埼玉県内の日光街道で、唯一、いまなお残る一里塚です。日本橋から、たしか、5番目。道を隔てた西側のもう1基はいまはなく、片方だけ。でも、残っているだけ、すばらしい!

Gamounoichiriduka7

塚の上に建つ、火防の神を祀る小さな祠の愛宕(あたご)社。

Atagosha1

お参りをして、階段を降りたところには、お地蔵様や、成田山とだけ刻された石碑が建っています。この高さが昔の街道筋です。この地は、当市の綾瀬川沿いにあり、川向うは、草加市です。

Gamounoichiriduka5

このお地蔵様に刻されている文字は、享保壬?子三月・・・と読めました。享保壬子(みずのえね)であれば、享保17年で、八代将軍吉宗の時代に、建立されたことになります。wobbly 遠い昔、芭蕉がおくのほそ道へ向かう折、"漸(やうやう)草加と云宿にたどり着(つき)にけり"と記していますが、芭蕉と曾良がここを通ったのは、享保の年よりも、遡ること、40数年ということがわかりました。日にちは、新暦で、つい先日の5月16日のことです。

Gamounoichiriduka6

ほかにも、宝暦・・・と記されている碑には、奉供養十三佛禮・・・と刻されていまして、しらこばとは、カトリック信徒ながら・・・ coldsweats01 十三佛は、人が死して、此岸から彼岸(冥界)に行くとき、それらの御佛が、地獄か天国行きかを審理し、初七日から七日ごとに、入れ替わり立ち替わりして、裁判官を務めるのだそうな・・・ 中には、閻魔王もいます。

話もかなり、寄り道になりましたが、ついでながら、先日、知人の四十九日に参列しましたが、お坊さんが、七七忌(四十九日)で、とりあえず、冥界に入るとのご講話を聴いたばかりでした。

そのあとも、百か日~33回忌に至るまで、審理されるそうな。仏教徒の方々は、此岸で、悪しきことはしてはなりませぬぞ。

その点、カトリックは、すべてのものが許されて、神のもとへ、すぐに行けまする。 ♰ happy01

ともかく、小満のこのよき季節、精気も鋭気も養ってくださいませ。

いつものことながら、なんとも、こんな記事となりました。coldsweats02

2017年5月19日 (金)

早朝の数ショット

早起きをして・・・ impact

朝日に照らされている椿の新葉が美しかったので、撮りました。それだけでは、面白さはないので、画像ソフトで、エナメル処理をしてみました。happy01

Tsubakienamel1

その先の庭の木ですが、左は、柿の木。

Niwa1

見上げると、いっぱい、花が咲いていました。たくさん咲いても、実が生れば、甘百匁という美味しい大きな柿が採れるのですが・・・

これは、雌花です。小さな実がたくさん、できはしますが、ぽとぽとと落ちてしまいます。樹勢がないのか、自家受粉ではだめなのかもしれません。

Kaki14

まだ、日が当たっていなところでは、ヒメヒオウギ(or ヒメヒオウギアヤメ)が咲いていました。その名の通り、アヤメ科の植物ですが、花径は、2~3cmの小さな花です。

Himehiougi6

その横では、ユキノシタの花が咲いています。地植えにすると、蔓延るので、鉢植えです。うしろの葉は、スミレです。

Yukinoshita4

花を雪に見立てての命名ですね。ダイモンジソウの花に似ていますが、似ているはずで、どちらも、ユキノシタ科ユキノシタ属で、属名までも同じです。

Yukinoshita5

狭い庭なので、バラの大輪系は、道路沿いに置いていますが、プリンセス・ミチコが、咲きました。

今朝は、天皇陛下ご退位が閣議決定されたとのニュースで、皇后さまの称号は、上皇后となられる由。

この花は、イギリスのディクソン社から、皇太子妃であられたころに、献呈されたとのこと。花弁は、丸みを帯びて、少なく、可憐な花姿です。confident

Bara112princess_michiko

鳩の餌を、いつものように、大きな植木鉢に撒いて、部屋へ上がると、早速、顔なじみの独身のキジバトさんが来ました。たまに、つがいと一緒になると、けんかが始まりますが、スズメさんといっしょの朝食でした。delicious

Kijibato18

2017年5月12日 (金)

愛鳥週間

5月10日から16日までの1週間、愛鳥週間(バードウィーク)なのですよね。

今日は、川口市のマイフィールドへ、気温30℃前後の中を、ウグイスがまだ下手でもいいから鳴いていないかなと思いつつ、出かけましたが、いつものシジュウカラの声だけが、林の中で、響いていました。

Furusatonomori3

このしらこばとは、子どもの頃から、ジュウシマツ(十姉妹)やカナリヤを飼っていました。また、その当時は、野の鳥を飼うことも、ふつうのことで、禁じられてもいませんでしたので、父と、メジロやウグイスも飼っていました。その父は、70~80代まで、メジロと言っても、輸入・販売されていたチョウセンメジロ(嘴が、日本のメジロよりも長いと言っていました)を飼っていました。さらに、叔母が体調がわるくなって、預かったセキセイインコも、たしか10年ほど飼っていて、名前は、ピーちゃんで、会話ができて、いいお相手(どちらが主かわかりませぬhappy01)でした。毎日、餌や水はもちろんのこと、籠の底敷きに、新聞の広告をきちょうめんに折り、交換していました。

しらこばとは、中学生の頃、すぐ下の弟と、縁側に、手作りの鳩小屋を置いて、10羽ほど、伝書鳩を飼っていました。毎朝、毎夕、扉を開けて、家の上を10分だったか20分だったか、飛ばせていました。笛で合図をすると、戻ってきて、食事の時間でした。いまでも、一番、気に入っていたつがいの顔を覚えています。カメラは、わが家にはなかったので、記録はないのですけれど・・・

ジュウシマツも1羽は、籠から外に放すと、50mほど先の屋根まで行って、呼ぶと、ちゃんと戻ってきていました。happy01

そんなこともあり、長年、日本野鳥の会の会員でしたが、片方の足に古傷があり、山登りができなかったのが残念でした。

でも、いまでも、こうして、花鳥風月を追い求めていられるので、幸せ・・・ということでしょうね。

最後になりましたが、野鳥のすばらしい写真を掲載されている方々の記事を日々、自分も行ったような気になりつつ、拝見させていただいています。ありがとうございます。

末筆ながら、”Lovebirds&chinoのブログ”も更新を楽しみにしておりますよ~ smile

今日の散策で出合った、鳥ならぬ、花々は、1両日中に掲載いたします。

2017年5月 8日 (月)

暦の上だけの初夏なれど・・・

当地では、このような、最高気温28℃にもなりました。これは、ピークの15時頃の寒暖計の表示です。

この寒暖計は、和室に、何十年?、下がっていたことか。今は、居間に、デジタルの温湿度表示計があるので、外気温を観るために、物干しに、ぶら下げています。

昔懐かしい、これは、水銀ではなくて、赤い液体(白灯油に赤い色素を混ぜたもの)の寒暖計です。

Kion1_2

この下へは、スズメさんとキジバトさんが、代わる代わる、餌を求めてやってきます。餌は、飼育鳩(伝書鳩=レース鳩)用のエサです。

Suzume8_2

スズメさんも、シジュウカラのように、黒いネクタイをしていますね。

植木鉢の木は、畏れ多くも、熊野三山の速玉大社で、ご神木(ナギ)の10cmほどの苗木をいただいて、いまでは、2m以上に育っています。

葉脈が、縦に並んでいて、引っ張っても、切れません。縁も切れない、お金も切れてなくならないとのことで、育てましたが、はてさて・・・ ご利益があったのか? coldsweats01

Nagi3_2

2017年5月 4日 (木)

白鷺のコロニー

昨日は、藤まつりへ行く前に、白鷺のコロニーの確認にゆきました。コロニー(集団営巣地)がある場所は、越谷市の末端。中川の川岸で、越谷ねぎの産地がある農地の端にあり、前にも探し回ったことがありましたが、見つからないはずで、人が入るにはたいへんな竹藪の中で、営巣していました。ということで、対岸の吉川市側から、背中をトラックが走る危ないところで、撮影・・・ coldsweats02

Shirasagicolony4

ダイサギ(の中でも、チュウダイサギ)、チュウサギ、コサギ、アマサギ、そして、白鷺ではありませんが、ゴイサギも営巣しているようです。アオサギもコロニーを形成するそうですが、ここには同居していないと聞いています。

おおよそ、100羽ほど確認できましたが、実際には、300羽とも言われています。まだ、田んぼがあり、畑があり、護岸は、スロープになっていて、魚を獲ることもできそうで、たくさん、集まっているのでしょう。それに、近くに道もなく、人も立ち入れない場所だからでしょう。

Shirasagicolony3

(以前、記事掲載をしましたが) 現在はさいたま市緑区となっている、旧浦和市上野田には、在りし日は、2~4万羽も営巣していた野田の鷺山があり、天然記念物にも指定されていましたが、40数年前に、農薬や化学物質による環境悪化、また、水田から畑地への転作や、宅地化も始まり、30年ほど前には、その指定も取り消されました。

その規模には、及ぶべくもない面積ですが、いつまでも、この光景が消えないことを祈りつつ・・・

元荒川と新方川の二つの川が、すぐ近くで、中川に合流する地点にあります。上の青い管は、上水が流れているのかな。歩道もあるけれど・・・

向こうに見える立派な建物は3kmほど先にあり、近隣の5市1町共同のごみ処理施設と展望台です。排熱で発電して、売電したり、温水プールや温室ハウスへも熱が供給されています。

Nakagawa1