2017年5月20日 (土)

小満の前日

二十四節気のひとつ、小満(立夏から15日目)は、明日ですね。今朝は、お昼時にかけて、気温30℃の中、畑へ・・・ sweat01sweat02

だれもいませんでした。下手に、勝手に手を出しては叱られるので、coldsweats01 野菜の伸び具合を見てきました。ジャガイモは花が咲いていました。ニンニクは、近くの畑仲間から、種球を分けてもらって、鱗片を植えて、無事育っています。タマネギは、葉が茂り過ぎて、一度、踏んで、葉をいじめましたが、うまく、結球しているのやら。

Hatake23

バラ屋(バラ生産者)さんの畑の周りのノイバラは、やや、見ごろを過ぎていました。でも、このとおり。蕊が、半分ほど茶色になっていたので、接写はやめました。

Noibara24

辺りの田んぼは、田植えが終わっています。カルガモさん夫婦が、暑いのに、日向ぼっこ・・・ 産卵、孵化がうまくゆかなかったのかな? ムナグロやシギの仲間の旅鳥には、会えませんでした。立夏から小満までの田植えが終わったところに丁度、南の国から到着して、採餌して、たぶん、もう、北国へ向かったあとでしょう。

Karugamo21

実をつけた梅の林の中では、野草もオオジシバリ(大地縛り)、また、(識別が紛らわしい)ハルジオンとヒメジョオンなど、いろいろ咲いていました。(これまた、紛らわしい)ヘビイチゴとヤブヘビイチゴはどちらも、よく似た赤い実をつけていました。

そして、これは、コヒルガオ(小昼顔)。

Kohirugao10

このあとは、来週、遠出の予定なので、いつものGSで満タンにして、ついでに、洗車して、帰宅のつもりが・・・

途中、うっかり、十字路で曲がらずに直進してしまって、それならばと、小満の(万物の気が天地に満ち溢れる)季節ゆえ、久しぶりに、一里塚に寄って、ムク、エノキ、ケヤキ、マツ、イチョウの大樹の下で、精気をいただきながら、ひとやすみしてきました。happy01

埼玉県内の日光街道で、唯一、いまなお残る一里塚です。日本橋から、たしか、5番目。道を隔てた西側のもう1基はいまはなく、片方だけ。でも、残っているだけ、すばらしい!

Gamounoichiriduka7

塚の上に建つ、火防の神を祀る小さな祠の愛宕(あたご)社。

Atagosha1

お参りをして、階段を降りたところには、お地蔵様や、成田山とだけ刻された石碑が建っています。この高さが昔の街道筋です。この地は、当市の綾瀬川沿いにあり、川向うは、草加市です。

Gamounoichiriduka5

このお地蔵様に刻されている文字は、享保壬?子三月・・・と読めました。享保壬子(みずのえね)であれば、享保17年で、八代将軍吉宗の時代に、建立されたことになります。wobbly 遠い昔、芭蕉がおくのほそ道へ向かう折、"漸(やうやう)草加と云宿にたどり着(つき)にけり"と記していますが、芭蕉と曾良がここを通ったのは、享保の年よりも、遡ること、40数年ということがわかりました。日にちは、新暦で、つい先日の5月16日のことです。

Gamounoichiriduka6

ほかにも、宝暦・・・と記されている碑には、奉供養十三佛禮・・・と刻されていまして、しらこばとは、カトリック信徒ながら・・・ coldsweats01 十三佛は、人が死して、此岸から彼岸(冥界)に行くとき、それらの御佛が、地獄か天国行きかを審理し、初七日から七日ごとに、入れ替わり立ち替わりして、裁判官を務めるのだそうな・・・ 中には、閻魔王もいます。

話もかなり、寄り道になりましたが、ついでながら、先日、知人の四十九日に参列しましたが、お坊さんが、七七忌(四十九日)で、とりあえず、冥界に入るとのご講話を聴いたばかりでした。

そのあとも、百か日~33回忌に至るまで、審理されるそうな。仏教徒の方々は、此岸で、悪しきことはしてはなりませぬぞ。

その点、カトリックは、すべてのものが許されて、神のもとへ、すぐに行けまする。 ♰ happy01

ともかく、小満のこのよき季節、精気も鋭気も養ってくださいませ。

いつものことながら、なんとも、こんな記事となりました。coldsweats02

2017年5月19日 (金)

早朝の数ショット

早起きをして・・・ impact

朝日に照らされている椿の新葉が美しかったので、撮りました。それだけでは、面白さはないので、画像ソフトで、エナメル処理をしてみました。happy01

Tsubakienamel1

その先の庭の木ですが、左は、柿の木。

Niwa1

見上げると、いっぱい、花が咲いていました。たくさん咲いても、実が生れば、甘百匁という美味しい大きな柿が採れるのですが・・・

これは、雌花です。小さな実がたくさん、できはしますが、ぽとぽとと落ちてしまいます。樹勢がないのか、自家受粉ではだめなのかもしれません。

Kaki14

まだ、日が当たっていなところでは、ヒメヒオウギ(or ヒメヒオウギアヤメ)が咲いていました。その名の通り、アヤメ科の植物ですが、花径は、2~3cmの小さな花です。

Himehiougi6

その横では、ユキノシタの花が咲いています。地植えにすると、蔓延るので、鉢植えです。うしろの葉は、スミレです。

Yukinoshita4

花を雪に見立てての命名ですね。ダイモンジソウの花に似ていますが、似ているはずで、どちらも、ユキノシタ科ユキノシタ属で、属名までも同じです。

Yukinoshita5

狭い庭なので、バラの大輪系は、道路沿いに置いていますが、プリンセス・ミチコが、咲きました。

今朝は、天皇陛下ご退位が閣議決定されたとのニュースで、皇后さまの称号は、上皇后となられる由。

この花は、イギリスのディクソン社から、皇太子妃であられたころに、献呈されたとのこと。花弁は、丸みを帯びて、少なく、可憐な花姿です。confident

Bara112princess_michiko

鳩の餌を、いつものように、大きな植木鉢に撒いて、部屋へ上がると、早速、顔なじみの独身のキジバトさんが来ました。たまに、つがいと一緒になると、けんかが始まりますが、スズメさんといっしょの朝食でした。delicious

Kijibato18

2017年5月15日 (月)

母の日のバラ

昨日は、母の日でしたね。

今年も、タイミングよく、咲きました。「ブルームーン」です。shadowさんが、母の日に、「自分で自分に買ってきたの」と笑いながら、花瓶に活けていたので、その1本を挿し木してあげて、20年・・・ sun cloud rain snow sign04 sign04

バラには青色の遺伝子がなく、現在の青いバラは、遺伝子操作で、サントリーが作出していますが、この花は、50数年前に、ドイツのタンタウ社によって作出された、剣弁咲きの”藤色”で、夢の青いバラにやや近い色のバラでした。

Bara1103bluemoon

まだ存在しないときから、”青いバラ”の花言葉は、”不可能、叶わぬ望み”だったそうです。でも、今では、”青いバラ”が誕生して、”奇跡、夢叶う、神の祝福”という言葉を与えられたそうです。この「ブルームーン」も、ともに、同じ花言葉。happy01

先日、掲載した「デライト」も、shadowさんが、「国際バラとガーデニングショウ」で、選んだのでした。雨に濡れたところで、また、撮ってみました。デライトとは、Delightで、意味は、”歓喜” smile

Bara111delight

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同(年々歳々、花相似たり、歳々年々、人同じからず) 唐代の詩人、劉希夷の「代悲白頭翁」の一節

2017年5月14日 (日)

初夏のマイ・フィールド 続き

いつものように、振興センターも見学させていただきました。県の施設で、入園料は要りません。門を入ると、駐車場には、この花が、咲き始めていました。以前は、洋風の花だなあと思う程度でしたが、いまでは、この季節には、一度は出合いたい花となりました。北米、キューバ原産だそうです。

Kalmia6

蕾も、五角形の鉢か傘のような花も、形がとてもユニークです。

Kalmia7

ここには、蕾は紅色、開くとピンクの園芸品種もありますが、未開花でした。

サクランボ(暖地桜桃)が生っていました。シナミザクラ(実桜)の実です。おいしそうですが、これは、酸味があるそうです。

日本のサクランボ(桜ん坊)は、この仲間の、西洋ミザクラを改良したものだそうです。

Shinamizakura1

ウツギの花は、これからでした。せめて、蕾だけもと、記録に撮ってきました。

Utsugi5

一方、タニウツギは、見ごろを過ぎていました。

Taniutsugi1

ヤブデマリは、本州以南の沢などに自生しているそうですが、満開でした。

Yabudemari1

ロウバイの仲間のカリカンサスも見ごろでした。

Calycanthus1

そして、これは?

春遠からじの頃に咲く、素芯ロウバイの実です。隣に植えてある満月ロウバイには、今年は実がついていませんでした。どちらだったか不詳ながら、ここで拾った種を植えて、盆栽でも花が咲くのやらと楽しみに育てていますが、はてさて・・・

Soshinroubai5mi

これも、変わっていて、好きな花です。スイカズラの仲間のツキヌキニンドウです。

Tsukinukinindou1

Tsukinukinindou2

これはこれは・・・? 風で飛んだハンカチ? いや、もう散ってしまっていたハンカチノキの花びらです。happy01

Hankachinoki1

シャクヤクも、白とこの花が咲いていました。立てば芍薬・・・ よく見ると、美人には、やはり、虫がついていました~ coldsweats01 見とれて、後ろのぼかし(撮影)も忘れていました。

Shakuyaku8

ということで、マイ・フィールドの散策を終えて、車に、この初夏、初めて、エアコンのスイッチをオンにして、帰途につきました。

最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました。

2017年5月13日 (土)

初夏のマイ・フィールド

昨日は、30℃前後の暑い中、汗をかきながら、マイ・フィールドのひとつ、川口市のふるさとの森一帯を散策してきました。

春の花は、ほとんど、姿を消して、初夏の花々が咲いていました。

キショウブの花が咲き始めています。今では、どこにでも、水辺に咲く花ですが、西アジアやヨーロッパから渡来したもので、帰化植物とは言わないで、環境省では、要注意外来生物に指定しているのだとか。なにか害を及ぼすのかな? きれいな花なのに・・・

Kishoubu6

しばしば見かける、コミスジが、2頭、剪定した樹木のチップが敷かれた道に舞い降りて、すぐ目の前で、じっくり、撮らせてくれました。

3本の白斑列があるので、三條(訓読みでスジ)で、これは、小さいので、小三條。

Komisuji5

Komisuji6

裏翅は、こちらが、色がよく撮れました。それと、昆虫なのに4本足です。タテハチョウ科の特徴で、前の2本は退化して短くて、感覚器官になっています。

Komisuji7

シランの花も群生していましたが、1茎だけを撮ってみました。

Shiran3

林の薄暗いところでこんな花も咲いていました。マムシグサです。猛毒の毒草だからか、名札が立てられていませんでした。coldsweats02

Mamushigusa1

花も蝮(頭部)なら、茎も蝮(腹部)・・・ よくぞ、マムシグサと命名せり・・・ coldsweats01

Mamushigusa2

ところで、もう、花期は終わっていましたが、これは、数年前に、同じ林で撮影した(マムシグサの近縁種の)ウラシマソウです。長く伸びているのを、釣り竿と長い釣り糸に見立てて、浦島太郎の連想からの命名です。

Urashimasou2

このあと、丘陵を車で走りあがって、いつもの禅寺へ・・・

境内や墓地には、イチハツの花がいっぱい咲いていました。これは、中国原産ですが、ふつうの帰化植物扱いです。キショウブは、繁茂するからやっかいもの扱いなのかも。

アヤメの仲間では、一番早く咲くので、イチハツ(一初)・・・ happy01

Ichihatsu1

そのイチハツなどを観ながら、興禅院の墓地の奥へ進むと・・・ スダジイ(昔は、炒っておいしく食べた、椎の実がなる木)の巨木があり、いまは、かなり、枝を伐採されていましたが、日本有数の植木の町の職人さんがかかわられているので、大丈夫でしょう。樹の根元を養生するためでしょう。立ちすだれがかけられていました。

Kouzenin11

巨樹の根元に抱かれて、優しいお顔で、眠っているようにも見えるお地蔵さまがいらっしゃいます。寺院は室町時代の建立で、このお地蔵さまは、およそ300年前(元禄時代)に彫られたもので、この樹の下に佇んでいる間に、樹に抱かれてしまわれたとのこと。

Kouzenin12

興禅院の「抱き地蔵」と称されています。大きさは、3~40cmでしょうか。スダジイが元気を取り戻せば、いつしか、樹木にすっぽり包まれてしまわれることでしょう。confident

Kouzenin13

このあとは、また、いつもの植物センターを一巡りしました。続きは、また、明日にでも。

2017年5月10日 (水)

また、ふたつ、バラが咲きました

カクテルに続いて、黄色とピンクのバラが咲きました。

「こんな田舎町でも何か起こるのかい」 「ああ」 「何が?」 「バラが咲く」 米国映画「乱暴者(あばれもの)」より

おんぼろ家の侘び住まいでも、バラが咲く。coldsweats01

黄色は、ソリドールという大輪の品種です。カクテルと同じく、フランスのメイアン社作出。一番花は、蕾が開きかけたところで、強い風で、枝が折れてしまいました。weep

でも、一輪挿しに挿していたところ、みごとに、開花しました。happy01

Bara109solidor

もうひとつは、西武ドーム(現メットライフドーム)で、毎年開催されている「国際バラとガーデニングショウ」(今年はまもなく、12~17日開催)で、shadowさんといっしょに、7年前に求めた思い出のバラ。これは、日本の”禅ローズ”作出の「デライト」です。中輪多花のバラです。

Bara108delight

あと、4品種と、いろいろなミニバラもそろそろ開花です。今日は、雨の一日で、水撒きをしなくて、助かります。rainに感謝! happy01

2017年5月 9日 (火)

クリスマス・ローズとキンリョウヘンのあれこれ

どなたかのブログでは今ごろ咲いたとのことですが、わが家のクリスマス・ローズは、3月上旬の遅咲きでしたが、紫色の花がたくさん咲きました。花がらを摘み取ろうとしていて、見つけました。花茎が50本ほどもありましたが、そのうちの5つの花に、なんと、種ができていました。sign02

茶漉し袋のようなもので包んでおくと、ひとつの鞘から10粒ほどの種がこぼれ落ちるそうです。

いままた、殖やすつもりはなく、蒔き時の秋までの管理も難しそうで、さてどうしたものかと思案中。種がうまく採れての話ですけれど・・・ ところで、種からは、同じ花が咲くのか、先祖返りで、異なる色の花なのかは、興味はあれども・・・

Christmasrose18

もうひとつのキンリョウヘン(金稜辺)は、遠い昔、中国から渡来した春蘭の仲間だそうです。明治生まれの祖父が、しらこばとの幼少の頃に、鉢植えで大事に育てていたのを覚えています。

そして、父の手を経て、九州から埼玉へと渡来したのでした。happy01 三代に及ぶ愛培の蘭です。今年もふた鉢にいっぱい咲きました。昨今、品種改良がなされていますが、これは、この経緯から、原種に近いようです。

今の時代の美しい蘭とは比ぶべくもないのですが・・・

Kinryouhen4

Kinryouhen5

この花には、日本ミツバチを引き付ける匂いがあるそうです。いつだったか、開花したとき、畑の蜂の巣箱の前に置いてみたことがありますが、西洋ミツバチは、1匹も近づきませんでした。ミツバチさんにもそれぞれ好みがあるようです。happy01

2017年5月 8日 (月)

暦の上だけの初夏なれど・・・

当地では、このような、最高気温28℃にもなりました。これは、ピークの15時頃の寒暖計の表示です。

この寒暖計は、和室に、何十年?、下がっていたことか。今は、居間に、デジタルの温湿度表示計があるので、外気温を観るために、物干しに、ぶら下げています。

昔懐かしい、これは、水銀ではなくて、赤い液体(白灯油に赤い色素を混ぜたもの)の寒暖計です。

Kion1_2

この下へは、スズメさんとキジバトさんが、代わる代わる、餌を求めてやってきます。餌は、飼育鳩(伝書鳩=レース鳩)用のエサです。

Suzume8_2

スズメさんも、シジュウカラのように、黒いネクタイをしていますね。

植木鉢の木は、畏れ多くも、熊野三山の速玉大社で、ご神木(ナギ)の10cmほどの苗木をいただいて、いまでは、2m以上に育っています。

葉脈が、縦に並んでいて、引っ張っても、切れません。縁も切れない、お金も切れてなくならないとのことで、育てましたが、はてさて・・・ ご利益があったのか? coldsweats01

Nagi3_2

2017年5月 6日 (土)

初夏に咲く花

初夏らしい爽やかな朝です。咲き出した庭の花・・・

バラが咲き始めて、まずは、カクテルです。蔓バラですが、昨秋、新しい枝だけにして、50cmほどに剪定しました。しっかりした苗になりました。

Bara106cocktail

上のは、今朝開花したばかり。下のは、一昨日開花して、底が赤く変化しています。さらに、底白になって、数日で、散ります。そんなこともあって、カクテルの名前が付いたのかなと思いきや、フランスのメイアン社で35年前に作出されて、その年に没した、(アラン・ドロンの永遠の恋人で)、名女優、ロミー・シュナイダーに捧げられたという。彼女がカクテルbar好きだったこともあるのかな?happy01

Bara107cocktail

これは、クレマチス(= テッセン(鉄線))。品種は、ドクター・ラッペル。このいわれは、存じません。これも蔓性ですが、わが家には、広がるスペースはなく、朝顔と同じような仕立ての行燈づくりにしています。

Clematis2

シンビジュームも毎年、咲いてくれます。品種:マリーナ・ピンキー

Cymbidium8

最後は、山野草のチョウジソウ(丁子草)。先日、植物園でも咲いていました。でも、日本では、絶滅危惧種。これは、園芸店で求めたので、北米原産種かも・・・

Choujisou2

Choujisou3

2017年5月 5日 (金)

植物園散策

先日は、神社で藤の花を観てから越谷市アリタキ植物園も訪ねました。植物学者、有瀧氏が国内や、海外の暖温帯性の植物を収集して植栽され、市に遺贈されたものです。

ご存命の頃から、公開されていました。その頃から、神社の参道沿いなので、何度か、入園させていただいていましたが、いまは、市で、標識や名札も付けられて、整備されています。

鎮守の森と植物園で、一帯は、広い緑地帯になっています。

入り口のベンチに座って・・・

Koshigayaaritakishokubutuen2_2

小一時間もあれば、ひととおり、観察して回れるほどの広さです。

トチノキの葉が、光を透かして、美しかったので・・・

Tochinoki5_2

少し先へ進んだところにあるベニバナトチノキは、早咲きで、見上げても高くて遠い位置で、咲いていました。これは、マロニエとも称されるセイヨウトチノキと米国産のアカバナトチノキの交配種だそうです。

Benibanatochinoki3_2

たくさん咲いていました。

Benibanatochinoki4_2

以前、ここで撮ったトチノキの花です。葉はトチノキが、花はベニバナトチノキが美しいです。

Tochinoki1_2

小道へ入り、白い花が咲いていて、ウツギと思いきや、ウラジロウツギと名札が付いていました。

Urajiroutsugi1_2

どれどれと、葉の裏を観ると・・・ たしかに白い。happy01

Urajiroutsugi2

ここには、いろいろな珍しい樹木がありますが、シダレカツラです。江戸時代に北上山地の早池峰山で発見されたカツラの突然変種だそうです。

Shidarekatsura1

葉は、当然ながら、丸っこいカツラの葉でした。happy01

Shidarekatsura2

椿には、変わった葉の品種があります。マイフィールドの禅寺には、葉がブランデーグラスのような球状のものがあります。また、葉の先が、金魚の尾のようなキンギョバツバキもありますが、これは、葉の裏側の主脈から、また葉柄が出て、やはり、金魚の尾のようになっています。椿の左には丸い葉、その上が、その変な葉っぱ。happy01

梵天葉椿と記されていて、どなたかが、その上に、取り消し線を引かれて、マジックペンで、ランチュウバ(葉)ツバキと書かれていました?? 金魚のなかでも、ランチュウとは・・・coldsweats01

Ranchuubatsubaki1

ツリガネカズラの花です。葛という名の通り、ツルは、あちらこちらと這い回っていました。

Tsuriganekazura2_2

草花もいろいろ咲いていました。

エビネ

Ebine5_3

タツナミソウの白花

Tatsunamisou7shirobana_2

このほかにも、ミヤマヨメナ(都忘れ)、ツボスミレ、ホウチャクソウ、チョウジソウなどなど。楽しい散策でした。