カテゴリー「趣味」の記事

2017年4月27日 (木)

白い花、ふたつ

趣味の園芸ですが、先日、掲載したシロバナタンポポ、シロヤマブキをはじめ、珍しい白花に、なぜか興味があって、育てています。

これは、白いスミレです。アメリカスミレサイシンの園芸品種で、ビオラ・ソロリアのひとつ、流通名:スノー・プリンセスです。

Americasumiresaishin2snowprincess

いっぱい蔓延るのですが、枯れないように、ふたつのプランターに植えていて、今日は、お隣にひとつ差し上げました。

ツマグロヒョウモン(蝶)の幼虫は、スミレ類が食草ですが、スミレはスミレでも、どこか、違いを感じるらしく(外来種ゆえ、あまり、使われなくなった言葉ですが、バタ臭いのかなcoldsweats01)、これには、ほとんど、産卵しません。幼虫に餌として与えると、食べるのですが??

Americasumiresaishin1snowprincess

もうひとつは、ミヤマヨメナというよりも、園芸品種名の”都忘れ”の方が、なじみのある名前ですね。普通種は、紫色ですが、これは、その白花です。なんと、わが家で、鉢植えながら、忘れずに、細々と、16年も生きながらえています。happy01

Miyakowasure2

これは、4年前の写真。また、復活させてあげなければ・・・

Miyakowasure1

2017年4月 8日 (土)

盆栽の桜

昨秋、求めた桜で、盆栽共同販売センターのおばさんに「来春の開花は、期待しないでね」と言われていましたが、なんと、みごとに咲きました。happy01

豆桜(マメザクラ)の一種、枝垂れの”富士桜”です。鉢は、手のひらに載るほどのミニ盆栽です。花の色は、淡いピンクと白です。開花後、白からピンクに変化するのかは、未確認。

その名の通り、富士山の山麓や箱根に自生しているそうです。低木の桜です。

当地では、ソメイヨシノcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomが見ごろのはずですが、今日も雨天・曇天で、行かずじまい。先日、通りがかりで、伝右(でんう)川沿いの7、8分咲きの桜並木を見ただけです。皆さんのブログで、お花見をさせていただきます。coldsweats01

Sakura83fujizakurashidare

Sakura82fujizakurashidare

2017年4月 6日 (木)

白き蒲公英

栽培しているシロバナタンポポの花が、数日前から咲き出しました。まだ5輪ほど・・・

とある公園で、綿毛をひとかたまり、失敬して、以来、殖やし続けていますが、あの綿毛の種の発芽率は、あまり、良くなくて、3年で、ようやく、30株ほどになりました。これでもう十分なれど・・・ happy01

逝きし日に 白き蒲公英の 花咲きぬ 功雪

Shirobanatanpopo7

綿毛は、まん丸ですが、4cmほどの花(舌状花の集まり、花冠)は、ほかのタンポポに比べて、舌状花が不揃いで、やや少ないです。朝開いて、夕方、萎み、数日咲きますが、曇天や雨の日は開きません。自分で天気予報もするという賢い花です。confident

花言葉: 「私を探して、そして見つめて」 だって・・・ happy01

Shirobanatanpopo8

2017年3月21日 (火)

わが家の小さな春

わが世の春ではありませ~ん。coldsweats01 ささやかなわが家の庭の春です。happy01

実生から、たしか、8年ほど経った枝垂れモミジの芽吹きです。モミジ(カエデ)は、このほか、盆栽も含めて、5品種ほど育てていますが、紅葉もいいけれど、若々しい芽吹きもいいものです。

Momiji62

写していて、後すざりしていて、気づきました。踏みつぶすところでした~ coldsweats02

スミレが、咲いていました。よく観ると、たしか、西洋ニオイスミレ。いつもの公園の春の販売会で、10年ほども前に購入したもの。地べたで、いい匂いがしていました。これで、虫を呼ぶのでしょう。

Sumire10

毎年、掲載していますが、プランターで、水仙の黄色い花が、咲いています。昨年、株をきれいに植え替えた甲斐があり、3~40株ほどにもなりました。

ミニ・スイセンのティタティタ(テータテータ)です。

Suisen19teteatete

フランス語で、ひそひそ話だそうですが、可愛げのあるティタティタです。

Suisen18teteatete

中国春蘭、日本春蘭の”雪山”に続いて、葉に蛇皮斑がある”錦波”も咲きました。

Shunran18kinpa

育てている春蘭は、これで終わりです。

あとは、ソメイヨシノの桜の開花宣言が待ち遠しい春ですね。cherryblossom

2017年3月17日 (金)

春蘭と、まだ咲いているシクラメン

中国春蘭は、3鉢に増えていますが、この春は、合わせて10輪ほど、開花しました。happy01

この花は、茂っている葉に埋もれていて、なかなか、撮影は難しいので、この1枚だけ・・・ 無銘花です。

葉に白い点々があるので、カイガラムシの仕業かと思い、薬剤のオルトランを買ってきました。花後に噴霧します。 

Chuugokushunran2

日本春蘭(雪山)は、2月末、開花したばかりで、掲載しましたが、いまが、見ごろになっています。

春蘭の 花茎揚げて より久し 金川晁山

Shunran16sekizan_2

双頭の 春蘭の花 抱き合ふて 功雪 happy01

Shunran17sekizan

こんな風に、楽しんでいます。しらこばとは、もう少し?若いです。happy01

Ranroujin1

そうそう、昨年暮れに求めたシクラメン。まだ、咲いているんですよ~ 花後、種ができないように、萎んだら摘み取ると、栄養分が、次の花芽を育てる、と思って、そうしています。happy01

Cyclamen19

2017年3月12日 (日)

春を訪ねて

満開の安行寒桜

Sakura81angyoukanzakura

昨日、川口緑化センター(樹里安)で、開催されている”放春花・地梨展(ぼけ・しどみ展)”を観に行ってきました。東京外環の下を走る国道298号線沿いの道の駅と併設されている施設です。

Jurian12

展示会は、この大規模温室の中の植木販売店で、開かれていました。

なお、放春花とはボケ(木瓜)、シドミ(別名、地梨)はクサボケ(草木瓜)のことです。このほか、雪割草やミスミソウなども販売されていました。昨日は観るだけで、ここでは、なにも購入しませんでした。垂涎の春蘭の名花も、非売品でたくさんの品種が展示されていました。

Jurian15 

日本庭園の見本園で咲いていたのは、ただひとつ・・・

Jurian16

樹高3mほどの数本のサンシュユの樹に、早春の黄色い花がびっしりと咲いていました。

Sanshuyu22

地元産の野菜の販売店を覗くと、川口名産の、旬のハマボウフウ(セリの仲間)がありました。数束、買って帰りました。

これで、150円の一束分です。でも、宮内庁ご用達の野菜。刺身のつまなどに使われているそうです。セリ科特有のさわやかな味がします。昨夜は、和え物にしていただきました。delicious

Hamaboufuu3

まだ、日が沈むには早い時間だったので、高台(台地)にあるマイフィールドのふるさとの森へと回りました。興禅院では、白梅と寒桜の競演の美を観ることができました。

Kouzenin9

山門の脇の大樹のハクモクレンです。開花は、もう少し先です。

Hakumokuren19

大きな幹の根もとに生えたひと枝に、日が当たっていたので・・・ camera

Hakumokuren20

Kouzenin10

境内を通らせていただいて、林の方へと向かうと、ヒヨドリとメジロが数十羽、桜の蜜を吸っていました。

境内の隅に、ふつうの孟宗竹の竹林がありますが、ここには、黄金色に緑の筋がある、めずらしい竹も生えています。中国から渡来したという”金明孟宗竹”という品種です。

Kinmeimousouchiku1

斜面林へは下りずに、つぎは、振興センターへ

モクレン科のミケリア・マウダイエ(和名:深山含笑)が、まさに、含み笑いをしていました。happy01

Miyamaganshou2

Miyamaganshou1

ゲンカイ(玄海)ツツジは、満開でした。

Genkaitsutsuji5

トサ(土佐)ミズキの花ももう咲いていました。これは、中低木ですが、低木のヒュウガ(日向)ミズキは、まだ、花芽がようやく確認できる程度でした。

Tosamizuki6

椿の園の下草のヒメリュウキンカが、日の光に輝いていました。

Himeryuukinka8

Himeryuukinka9

オトメツバキのきれいな花を探し出しました。椿の花は、花弁が揃って完璧なものは、なかなかありませんが、これは、花弁の痛みはわずかで、形よく咲いていました。素敵な乙女でした。coldsweats01

Otometsubaki1

帰宅したのは、5時半。十三夜の月が昇っていました。

このところ、閑暇に、与謝蕪村の俳句集を読んでいますが・・・

菜の花や 月は東に 日は西に 蕪村

東に昇る月fullmoonと、西に沈む夕日sunの両方を観ることができるのは、今日12日まで、なお、今宵は小望月(十四夜、ほぼ満月)です。

720mmの望遠で撮って、ノー・トリミングです。

Moon2720170311

2017年3月10日 (金)

芽吹きと開花

まだ、寒い日もありますが、啓蟄(けいちつ、今年は5日でした)で、虫も動き始めましたが、草木も、動き始めていますね。

わが家では、鉢植えの牡丹の蕾が膨らみ始めました。開花するのは、例年、来月中・下旬です。

Botan21hanaasobitsubomi

嬉しいことに、根もとからは、新芽が出てきています。手入れがよかったのかな?happy01 動き始めた虫さんに食べられないようにしなければ・・・

Botan22hanaasobishinme

プランターに10個ほど植えているヒヤシンスの蕾も顔をのぞかせています。

Hyacinthus5

バラは、深く剪定したので、心配していましたが、こちらも、新芽・新葉が出てきました。

Bara105mebuki

ローズはローズでも、クリスマス・ローズが開花しました。このローズの開花時期は、12月から4月まで(クリスマス(降誕祭)からイースター(復活祭)までとは?)ですが、遅ればせながら咲きました。

この花は、うつむき加減に咲くので、撮りにくいのですが、幸い、液晶モニターが自由に角度を変えられるので、カメラを地面に置いて、撮影・・・ smile

Christmasrose16

木の芽(このめ)は、春の季語ゆえ、俳句歳時記を取り出しましたら、とてもいい句に出あいました。

美しく 木の芽の如く つつましく 京極杞陽

木の芽を見習うことといたしませう・・・ happy01

2017年3月 2日 (木)

盆栽の河津桜

まだ、この桜が、さほど有名ではなかった頃に、都の施設勤務の、妻の親友から、都契約の河津町(静岡県)の民宿を紹介してもらって、出かけたことがあります。いまのように、桜で町おこしがされてもいなくて、小さな町。いまだから言えることで、とんでもない宿でしたが、懐かしい思い出です。

当時(40年ほど昔のこと)、河津桜は、ぼちぼち、名が広まっていたように記憶しています。

調べると、いまから、60年ほど前に発見された品種だそうです。その後、接ぎ木で増殖されて、いまや、有名な桜になっています。隣市、川口市安行の安行寒桜(別名:オオカンザクラ)とほぼ同じころに発見されたのと、同時代に普及した歴史があるようです。

その安行の植木屋さんで求めた河津桜・・・happy01 昨春、ともだちをマイフィールドの安行を案内したお礼にプレゼントしていただいたもので、桜の盆栽は、素人には、なかなか難しいのですが、枯らしてはならじと格別に気を遣い、無事、今年も咲きました。smile

Sakura80kawaduzakura

枝ぶりは、なんとも、未完成・・・ happy01 桜切る馬鹿・・・といわれるので、放置していました~coldsweats01 数年後には、いい形に仕上げたいと思っています。cherryblossom

剪定したときには、木によっては、傷口から菌が入るので、専用の殺菌剤を塗布しますが、木工用ボンドでもいいんですよ~

Sakura79kawaduzakura

2017年2月27日 (月)

如月の最後の日曜日

昨日は、当地は、やや寒かったものの、真っ青な空で穏やかな一日でした。車検も済んだことだし、出かけようかと思いましたが、家の掃除と、メダカの水槽と姫睡蓮の鉢の洗浄をしているうちに、日が暮れました。sweat01

でも、早春の花、日本春蘭が咲いているので・・・ camera

春の花なのに、名前は”雪山”。熊本県産出で、昭和44年に登録されたという銘花で、葉にも花にも、覆輪があります。happy01

Shunran14sekizan

ふつうは、1花茎1花ですが、なんと、2茎ともに、1花茎2花(双頭花)が・・・ sign02 この春は、なにかいいことがあるのかな。coldsweats01

Shunran13sekizan

メダカも、きれいになった水槽で、元気です。産卵用の水草も用意しました。時期になったら、同じ品種だけを同じ水槽に入れます。いまはまだ、3品種が同居中。happy01

Medaka27

2017年2月24日 (金)

穏やかな日和に (続き)

梅園では、120数種の梅が、みな、揃って、咲いていました。

しらこばとが一番好きな梅の品種、大輪の”滄溟の月”(そうめい、青々とした広い海)に、また、逢えました。いつまで逢えるかは・・・ 神のみぞ知る。happy01

Ume85soumeinotsuki

Bairin4

福寿草には、日が当たっていなくて、花弁は閉じていましたが・・・、毎年毎年、増え続けています。

Fukujusou26

少し高みに上ると、竹林の中では、梅に鶯の、ウグイスの地鳴きが聞こえました・・・ ウグイスは、梅の花ではなくて、やぶがお好きなようで・・・happy01

昨日の写真とは逆方向で、向こう側は、東京外郭環状道路((高速道路の)外環道)です。

Bairin5

この梅園は、あまりに数が多いからでしょう、全体的に、剪定は上手くされていませんが、出入口のこの樹は、よく手入れされています。”満月枝垂”という品種です。あいにく、日が陰っていて、うまく撮れませんでした。

Ume83mangetsushidare

梅園を出たところでは、やや小輪の寒桜が咲いていました。

Kanzakura8

そのとき、池の方へ、大きな羽を広げて、舞い降りたのは、アオサギさん。鯉のほかにもいる小魚がお目当てでしょう。小さな池には不釣り合いな鳥さんではありました。足が2本あるというのに、いつも、一本立ち・・・coldsweats01

Aosagi20

寒椿の”獅子頭”や立ち寒椿の”勘次郎”などの代表的な寒椿もまだ咲いていましたが・・・

侘助椿の”太郎冠者”が咲いていました。おちょこのように開くのが特徴です。

Tsubaki30wabisuketaroukaja

椿は、日本はじめ、東南アジアの植物ですが、18世紀に、欧米へ渡り、西洋椿として、改良されたとのこと。里帰りして、いまでは、英名の品種として、植物園などでは見かけますが、ここの植物センターにも、いろいろな品種が植えられています。

どことなく、ヨーロッパ風な椿、これは寒椿と記されていましたが、舌をかみそうな”マソティアーナ・ルブラ”という名前でした。

Kantsubaki12mathotianarubra

帰り道では、いつものように、地元の盆栽の共販店を覗いて、店番のおばあさんいわく「今年、咲くかな~」とのことでしたが、小品盆栽の”枝垂れ富士桜”を求めてきました。千円なり・・・ささやかな遊びです。happy01

より以前の記事一覧