カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017年5月13日 (土)

初夏のマイ・フィールド

昨日は、30℃前後の暑い中、汗をかきながら、マイ・フィールドのひとつ、川口市のふるさとの森一帯を散策してきました。

春の花は、ほとんど、姿を消して、初夏の花々が咲いていました。

キショウブの花が咲き始めています。今では、どこにでも、水辺に咲く花ですが、西アジアやヨーロッパから渡来したもので、帰化植物とは言わないで、環境省では、要注意外来生物に指定しているのだとか。なにか害を及ぼすのかな? きれいな花なのに・・・

Kishoubu6

しばしば見かける、コミスジが、2頭、剪定した樹木のチップが敷かれた道に舞い降りて、すぐ目の前で、じっくり、撮らせてくれました。

3本の白斑列があるので、三條(訓読みでスジ)で、これは、小さいので、小三條。

Komisuji5

Komisuji6

裏翅は、こちらが、色がよく撮れました。それと、昆虫なのに4本足です。タテハチョウ科の特徴で、前の2本は退化して短くて、感覚器官になっています。

Komisuji7

シランの花も群生していましたが、1茎だけを撮ってみました。

Shiran3

林の薄暗いところでこんな花も咲いていました。マムシグサです。猛毒の毒草だからか、名札が立てられていませんでした。coldsweats02

Mamushigusa1

花も蝮(頭部)なら、茎も蝮(腹部)・・・ よくぞ、マムシグサと命名せり・・・ coldsweats01

Mamushigusa2

ところで、もう、花期は終わっていましたが、これは、数年前に、同じ林で撮影した(マムシグサの近縁種の)ウラシマソウです。長く伸びているのを、釣り竿と長い釣り糸に見立てて、浦島太郎の連想からの命名です。

Urashimasou2

このあと、丘陵を車で走りあがって、いつもの禅寺へ・・・

境内や墓地には、イチハツの花がいっぱい咲いていました。これは、中国原産ですが、ふつうの帰化植物扱いです。キショウブは、繁茂するからやっかいもの扱いなのかも。

アヤメの仲間では、一番早く咲くので、イチハツ(一初)・・・ happy01

Ichihatsu1

そのイチハツなどを観ながら、興禅院の墓地の奥へ進むと・・・ スダジイ(昔は、炒っておいしく食べた、椎の実がなる木)の巨木があり、いまは、かなり、枝を伐採されていましたが、日本有数の植木の町の職人さんがかかわられているので、大丈夫でしょう。樹の根元を養生するためでしょう。立ちすだれがかけられていました。

Kouzenin11

巨樹の根元に抱かれて、優しいお顔で、眠っているようにも見えるお地蔵さまがいらっしゃいます。寺院は室町時代の建立で、このお地蔵さまは、およそ300年前(元禄時代)に彫られたもので、この樹の下に佇んでいる間に、樹に抱かれてしまわれたとのこと。

Kouzenin12

興禅院の「抱き地蔵」と称されています。大きさは、3~40cmでしょうか。スダジイが元気を取り戻せば、いつしか、樹木にすっぽり包まれてしまわれることでしょう。confident

Kouzenin13

このあとは、また、いつもの植物センターを一巡りしました。続きは、また、明日にでも。

2017年5月 8日 (月)

暦の上だけの初夏なれど・・・

当地では、このような、最高気温28℃にもなりました。これは、ピークの15時頃の寒暖計の表示です。

この寒暖計は、和室に、何十年?、下がっていたことか。今は、居間に、デジタルの温湿度表示計があるので、外気温を観るために、物干しに、ぶら下げています。

昔懐かしい、これは、水銀ではなくて、赤い液体(白灯油に赤い色素を混ぜたもの)の寒暖計です。

Kion1_2

この下へは、スズメさんとキジバトさんが、代わる代わる、餌を求めてやってきます。餌は、飼育鳩(伝書鳩=レース鳩)用のエサです。

Suzume8_2

スズメさんも、シジュウカラのように、黒いネクタイをしていますね。

植木鉢の木は、畏れ多くも、熊野三山の速玉大社で、ご神木(ナギ)の10cmほどの苗木をいただいて、いまでは、2m以上に育っています。

葉脈が、縦に並んでいて、引っ張っても、切れません。縁も切れない、お金も切れてなくならないとのことで、育てましたが、はてさて・・・ ご利益があったのか? coldsweats01

Nagi3_2

2017年5月 4日 (木)

白鷺のコロニー

昨日は、藤まつりへ行く前に、白鷺のコロニーの確認にゆきました。コロニー(集団営巣地)がある場所は、越谷市の末端。中川の川岸で、越谷ねぎの産地がある農地の端にあり、前にも探し回ったことがありましたが、見つからないはずで、人が入るにはたいへんな竹藪の中で、営巣していました。ということで、対岸の吉川市側から、背中をトラックが走る危ないところで、撮影・・・ coldsweats02

Shirasagicolony4

ダイサギ(の中でも、チュウダイサギ)、チュウサギ、コサギ、アマサギ、そして、白鷺ではありませんが、ゴイサギも営巣しているようです。アオサギもコロニーを形成するそうですが、ここには同居していないと聞いています。

おおよそ、100羽ほど確認できましたが、実際には、300羽とも言われています。まだ、田んぼがあり、畑があり、護岸は、スロープになっていて、魚を獲ることもできそうで、たくさん、集まっているのでしょう。それに、近くに道もなく、人も立ち入れない場所だからでしょう。

Shirasagicolony3

(以前、記事掲載をしましたが) 現在はさいたま市緑区となっている、旧浦和市上野田には、在りし日は、2~4万羽も営巣していた野田の鷺山があり、天然記念物にも指定されていましたが、40数年前に、農薬や化学物質による環境悪化、また、水田から畑地への転作や、宅地化も始まり、30年ほど前には、その指定も取り消されました。

その規模には、及ぶべくもない面積ですが、いつまでも、この光景が消えないことを祈りつつ・・・

元荒川と新方川の二つの川が、すぐ近くで、中川に合流する地点にあります。上の青い管は、上水が流れているのかな。歩道もあるけれど・・・

向こうに見える立派な建物は3kmほど先にあり、近隣の5市1町共同のごみ処理施設と展望台です。排熱で発電して、売電したり、温水プールや温室ハウスへも熱が供給されています。

Nakagawa1

2017年5月 3日 (水)

ゴールデンウィークの中日

9連休中の方には、中日ですね。ゴールデンウィークではない方々の記事も拝読しています。その方々には、”お疲れ様”です。しらこばとにも、そのような時代もありました。

いまは、幸い?、毎日が日曜日ですが・・・ といっても、年金生活です。coldsweats01

ところで今日は、畑、白鷺のねぐら(コロニー)、地元の氏神様の藤まつり、市の植物園を巡ってきました。

まずは、藤まつりの様子です。

平安時代からの由緒ある”久伊豆(いさいず)神社”です。

この鳥居は、10年前の伊勢神宮の遷宮撤去の際の廃材で再建された鳥居です。

Hisaizujinja15

そして、この鳥居のすぐ先にある藤棚・・・といっても、樹齢、200数十年の藤です。今年は、例年になく、長~い房を観ることができました。長い間、五尺藤(1尺はおよそ30cm)、つまり、花房が1.5m・・・ 久々に、まさに、その長さでした。

Fuji10hisaizujinja


Fuji11hisaizujinja

樹齢、200数十年の重みを感じます。藤棚は、20m X 30mほどもあります。

Fuji12hisaizujinja

ここ、越谷には、徳川家康が築造したといわれる、越谷御殿がありました。家康が、検地を兼ねて、趣味の鷹狩でしばしば訪ねていて、築城したのだそうです。残念ながら、江戸時代の振袖火災の復興のため、江戸へ移築されて、いまは、名残はありません。

でも、この神社には、立ち葵のご紋が、いまもなお許されています。

Hisaizujinja17

シラコバトは、当時、鷹狩の狩猟目標であったようです。そして、シラコバトは、どういう経緯はわかりませんが、欧州からアジアには、ふつうに見られる鳥で、移入されたのではないかと、しらこばとは思っています。そこで、越谷だけで生息していて、しらこばとが移転した昭和45年のころは、庭でも、見かけていたものですが、あちこちで、餌場の養鶏場が無くなるにつれて、周辺の地域に移り住んでしまいました。

最後に、いまでは、”旗日”という言葉は、死語化しつつありますが、今日は、”憲法記念日”でしたね。やはり、神社では・・・

Hisaizujinja16

2017年4月30日 (日)

GWの一日

今日は、新たなご親戚の皆さんと、池袋で会食・・・ 久しぶりの電車と、ゴールデンウィーク2日目の人出で、少し疲れはしましたが、美味しい料理&beerに、ご主人は文筆家の方で、新鮮な話題が興味深く、楽しいひと時でした。

池袋は、しらこばとは、これまであまりなじみのない街で、不案内でしたが、おもしろい?駅なんですよね。西口(東武方面)、東口(西武方面)の案内表示・・・?? そう、百貨店も、西に東武、東に西武。smile そのせいではないのですが、早めに駅までは着いたものの、その先がわからな~い。少し遅刻とあいなりました。そんなわけで、街の写真は撮れませんでした。coldsweats01

帰宅すると、植木鉢が風で倒れていたので、片づけをしていて、気づきました。

エビネがひと茎、開花していました。わが家へ来た経緯から、肥前エビネの一種です。

Ebine4

タツナミソウも咲き始めました。種が飛んで、あちこちで、咲いています。

Tatsunamisou5

花姿のとおり、立浪草ですね。happy01 シソ科の植物だそうです。

Tatsunamisou6

いまどき? 秋の七草のひとつ、ナデシコの花も数輪咲いています。これは、園芸品種の四季咲きといっても、4~9月ごろまで、ぽつぽつと、咲き続けます。

Nadeshiko9

GWに動かなくてもいい、毎日が日曜日の身分ですが、お天道様と相談しながら、近場を探求します。春、春と浮かれている?うちに、今年も端午の節句が、立夏ですね。

夏めくや 庭土昼の 日をはじき 星野立子

2017年4月29日 (土)

みどりの日、いや、昭和の日

今日は、畑にはだれもいませんでしたが、お隣の畑で、キジ(♂)に出合いました。それも、一瞬のこと。happy01

Kiji24

左の野菜は、ネギ、それもいまでは、ネギ坊主・・・

Negi6

そうしているところに、同じ世代の方が、ハーレーダビッドソン・・・ いや、ホンダのかっこいいオートバイクでしたが、しばし、鳥の話・・・ あなたの赤い車rvcarは、キジに襲われるよと言われました・・・coldsweats02 先日のNHKのテレビで、郵便屋さんの赤いバイクと緑のズボンを、キジが(恋敵と思って?)襲っていたのを、しらこばと同様、観ておられたようでした。coldsweats01

近くの(越谷市と吉川市の間を流れる)中川の岸辺には、白鷺のコロニーがあるのは知っていましたが、いまでは、300羽ほどもいて、いまは、つがいが巣作りの真っ最中と教えてくれました。近いうちに行ってみます。

畑の周りの田んぼには、用水が、昨日あたりから流れ始めたようです。早速、トラクターが代掻きをしていました。

Shirokaki1

コロニーから来たのか、もう早々に、南の国から渡ってきたチュウサギが数羽、掻き出されたエサを求めて、飛来していました。

Chuusagi26

Chuusagi27

Chuusagi25

いつも見慣れたハクセキレイも何がお目当てか?と思いきや・・・

Hakusekirei11

新鮮な水で・・・

Hakusekirei12

あ~、さっぱりした~ わかるわかる happy01

Hakusekirei13

雲行きが怪しくなってきたのだけれど、鯉幟を観に、少し遠回りして、(この先で、中川と合流する)元荒川へ・・・

Motoarakawa10koinobori

これは、近くの幼稚園と小学生の作品で、いつもながら太っちょの鯉幟り・・・

Motoarakawa11koinobori

このあたりは、いにしえの奥州街道沿い。徳川家康も鷹狩で訪ねてきては、宿泊して、そのときの寝具も遺されている大相模不動尊大聖寺の裏手にあたる不動橋からの眺めです。

Motoarakawa12koinobori

日中は25℃を超えて、帰宅したら、真っ青な空。水撒きをしたものの、雷の音も聞こえ出して、すぐにひと雨降って、天気予報のとおり、不安定な夕方でした。

2017年3月29日 (水)

溜井の春

昨日の続きです。

生涯学習課で、「川のあるまち」(年刊誌)を買ってから、市役所の脇を流れるというか、溜井(葛西用水)の土手を散歩してきました。そろそろ、下流にある水門が閉じて、水が溜まり、来月下旬から、数本の農業用水路に、田植え用の水が流れます。

もうひとつの元荒川のふたつに架かる新平和橋の上からの景色です。鴨は、よく観ると、ヒドリガモばかりでした。桜を観てから旅立つのでしょう。(市内の桜は、まだ、ちらほら開花している程度です)

Kasaiyousui10

いつもは、芝の上で見かけるハクセキレイが、せわしなく、水辺で、採餌?していました。

Hakusekirei10

上流・下流で、数百メートルもの花壇は、これからは、チューリップがメインですが、混植されているパンジーが咲いていました。

Kadan1

チューリップは、まだ、この程度。

Tulip26

橋の下をくぐり、下流側へ行こうとしていて、気づきました。2週間ほど前に、工事が終わったばかりとのことですが、橋梁の耐震のために、このようなものが、たくさん、取り付けられていました。工事の費用、1億2千万円なり・・・ bearing それよりも、安心第一ですね。

Taishinkouhou1

河原には、カラスノエンドウ、正式名はヤハズエンドウが茂っていました。花の下の小葉の先が、くぼんでいて、弓矢で、弓の弦を受ける矢の末端のくぼみ(矢筈)に見立てての命名だそうです。”そのはず”の由来もこの”筈”で~す。happy01

Yahazuendou2

道路と河原の間のスロープには、ヒュウガミズキが咲いていました。

Hyuugamizuki5

それから、20年ほど使った電話機が、調子が悪いので、携帯がメインでも、あちこちで、長年、固定電話の番号を登録しているので、ヤマダ電機で買って帰りました。ファックスは、送受信することもない今、コンパクトな電話にしましたが、いまは、多機能ですね。いつも留守電にして使うのには、Mottainai。happy01

2017年3月28日 (火)

嬉しい一日

まず、ひとつは、おともだちのひとりが病んで、入院されていますが、(ご高齢の)お母上からの電話で、娘がだいぶ、よくなっていますとの電話あり。happy01

そして、夕方、いつもの3か月ごとの歯の検診、といっても、歯石を取ってもらっていて、おかげさまで、28本、母にいただいた歯(乳歯→永久歯)です。正確には、親知らずも加えてです。smile

そのあと、市の教育委員会の生涯学習課へ・・・

車は、市役所の駐車場はシルバーには利用しづらくて、道路の向かいの中央市民会館の地下に・・・

Chuuoushiminkaikan2

市役所は、大混雑でした。年度末で、移転あり、移入ありなのでしょう。

市役所内の掲示板です。当市は、ざっと、こんなところです。しらこばとが、転入してきた40数年前は、たしか、10万人に満たないほどでしたが・・・ 日本各地で過疎化に歯止めをと知恵を絞っておられる中ではありますが、こちらだけは、毎年、いまだに増え続けています。東京の最中心部の千代田区の人口の5倍以上ですぞよ。面積もほどほどの広さあり、高層マンションは、1、2棟しかありませんけれど・・ happy01

近隣の4つ、5つの市町を合わせて、そのうち、100万都市になり、勝手な推測ながら、南さいたま市が誕生するのでは?と思っていますが、はてさて・・・

Koshigayashi1

それはともかく、目的は、この本(市の文化総合誌)を求めて、訪ねたのでした。

Kawanoarumachi4

おかげさまで、俳句部門に、昨年の夏に投稿した句が、今年は、二句を掲載していただいていました。

一句は、ちょうど、この時節の句・・・

初蝶や 風に向かひて いさぎよし 功雪

もう、ひとつは・・・

ひとり酒 籠の鈴虫 奏でけり

2017年3月12日 (日)

春を訪ねて

満開の安行寒桜

Sakura81angyoukanzakura

昨日、川口緑化センター(樹里安)で、開催されている”放春花・地梨展(ぼけ・しどみ展)”を観に行ってきました。東京外環の下を走る国道298号線沿いの道の駅と併設されている施設です。

Jurian12

展示会は、この大規模温室の中の植木販売店で、開かれていました。

なお、放春花とはボケ(木瓜)、シドミ(別名、地梨)はクサボケ(草木瓜)のことです。このほか、雪割草やミスミソウなども販売されていました。昨日は観るだけで、ここでは、なにも購入しませんでした。垂涎の春蘭の名花も、非売品でたくさんの品種が展示されていました。

Jurian15 

日本庭園の見本園で咲いていたのは、ただひとつ・・・

Jurian16

樹高3mほどの数本のサンシュユの樹に、早春の黄色い花がびっしりと咲いていました。

Sanshuyu22

地元産の野菜の販売店を覗くと、川口名産の、旬のハマボウフウ(セリの仲間)がありました。数束、買って帰りました。

これで、150円の一束分です。でも、宮内庁ご用達の野菜。刺身のつまなどに使われているそうです。セリ科特有のさわやかな味がします。昨夜は、和え物にしていただきました。delicious

Hamaboufuu3

まだ、日が沈むには早い時間だったので、高台(台地)にあるマイフィールドのふるさとの森へと回りました。興禅院では、白梅と寒桜の競演の美を観ることができました。

Kouzenin9

山門の脇の大樹のハクモクレンです。開花は、もう少し先です。

Hakumokuren19

大きな幹の根もとに生えたひと枝に、日が当たっていたので・・・ camera

Hakumokuren20

Kouzenin10

境内を通らせていただいて、林の方へと向かうと、ヒヨドリとメジロが数十羽、桜の蜜を吸っていました。

境内の隅に、ふつうの孟宗竹の竹林がありますが、ここには、黄金色に緑の筋がある、めずらしい竹も生えています。中国から渡来したという”金明孟宗竹”という品種です。

Kinmeimousouchiku1

斜面林へは下りずに、つぎは、振興センターへ

モクレン科のミケリア・マウダイエ(和名:深山含笑)が、まさに、含み笑いをしていました。happy01

Miyamaganshou2

Miyamaganshou1

ゲンカイ(玄海)ツツジは、満開でした。

Genkaitsutsuji5

トサ(土佐)ミズキの花ももう咲いていました。これは、中低木ですが、低木のヒュウガ(日向)ミズキは、まだ、花芽がようやく確認できる程度でした。

Tosamizuki6

椿の園の下草のヒメリュウキンカが、日の光に輝いていました。

Himeryuukinka8

Himeryuukinka9

オトメツバキのきれいな花を探し出しました。椿の花は、花弁が揃って完璧なものは、なかなかありませんが、これは、花弁の痛みはわずかで、形よく咲いていました。素敵な乙女でした。coldsweats01

Otometsubaki1

帰宅したのは、5時半。十三夜の月が昇っていました。

このところ、閑暇に、与謝蕪村の俳句集を読んでいますが・・・

菜の花や 月は東に 日は西に 蕪村

東に昇る月fullmoonと、西に沈む夕日sunの両方を観ることができるのは、今日12日まで、なお、今宵は小望月(十四夜、ほぼ満月)です。

720mmの望遠で撮って、ノー・トリミングです。

Moon2720170311

2017年2月 7日 (火)

環境カレッジ&セイタカシギ

昨年、お勉強でお世話になった「埼玉県生態系保護協会」から、今年度の講座の案内が届きました。昨年度の受講者には、新しく企画された、後半の講座だけでもどうぞ、とのご案内でした。いまから9月以降を思案中・・・ coldsweats01

今日の記事掲載は、上記のこともさることながら、案内の表紙には、しらこばとが大好きな鳥のセイタカシギが載っていました~ happy01

いまどきの女性は、みなさん(たぶんhappy01)そうなので、古語となりつつある”八頭身美人”ですが、ご覧のとおり、この鳥さんの足の長~いこと・・・ しらこばとなら、セイタカではなくてアシナガ・・・と命名したいくらい。しばしば訪ねる千葉県習志野市の谷津干潟へは、この美女か美男に逢いたくて行くのですが、なかなか、このような写真は撮れません。いつも拝読しているソングバードさんの”さきたま自然日記(別館)”ほか、いくつかのブログでは、すばらしい写真を掲載されています。

Kankyocollege2

しらこばとの写真は、この程度・・・ coldsweats01

Seitakashigi7

Seitakashigi8

それよりも、このような鳥さんたちが、いつまでも居ついてくれる環境でありたいものです。なお、セイタカシギは、旅鳥ですが、居心地のよい谷津干潟などでは、留鳥になっています。

ところで、肝心な、この”環境カレッジ”は、前半は昨年と変わらない内容なので、少なくとも、後半、1万円余の講座ですが、受講したいと思っているところです。

より以前の記事一覧