« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の記事

2017年7月31日 (月)

7月晦日

月に1回の診察の日。クリニックが開院されて以来の10数年、よくもわるくも、お得意様?です。いつも、採血による血糖値、HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)値、血圧、胸と背からの聴診器診察を受けています。

肺がん検診(レントゲン)は、9月の予約済みでしたが、今日でもいいですよ、ということで、受けてきました。

いずれも、齢相応?ですが、元気者にも、それなりの異状あり。coldsweats01

でも、なんでも相談できる掛かりつけのお医者さんがいるのは、ありがたいことです。もう、いつ、帰天しても、なにも悔いはなけれども・・・  ♰  confident 最期にじたばただけはしたくない。happy01

どなたかも書かれていましたが、病院での診察が終わると、もとの黙阿弥。日頃のように、甘いものは食べませんが、無糖のお酒(ウィスキーと焼酎)は、いつものように・・・ happy01

一昨日、イオンのSCで見つけました。

Chivas1

若いころは、10回ほども、韓国のサムスンへ、日本の技術の一端を教えに通っていましたが、帰途には、機内での免税品を買っていました。中でも、ウィスキーの中でも、世界5大ウィスキーのひとつ、”CHIVAS(シーバス) REGAL”を買うのが楽しみでした。たしか、1本(700ml)で、4000円前後だったような記憶があります。それが、いまでは、イオンで、なぜか、2500円。happy01 しかし、ふだん、買うニツカのボトルの倍ですから、たまに買うだけです。

しらこばとは、酒は大好きですが、外で飲むことはありません。だって、それも、蝉ではないのに地下に潜ると、半分以上は、お姉さんたちが飲むし、客の相手をすべきなのに、主客転倒となり、飲んでいて、面白い話をして、お相手をすることとなり、気疲れしますからね~ coldsweats02 酒に限らず、外食はしなくて、男の料理に励んでいます。ハイ! coldsweats01

上の写真ですけれど、いまや、CHIVASにとって、日本は最大の顧客なのか、左のボトルは、日本のミズナラの樹で作った樽で熟成させたウィスキーだそうです。

試供品も添えられていたので、求めた次第・・・ 高さ10cmのミニボトルです。

Chivas2

昨日の暑中見舞いに記した”ひとり酒 籠の鈴虫 奏でけり”は、もう少し先です。8月中旬までに、あと1、2回の脱皮をして、成虫になり、鳴き始めます。

体長よりも長い触覚をゆらりゆらりと動かしています。この餌は、スイカのへたの部分。coldsweats01

Suzumushi20youchuu

今日の名言

人生は生きることが大事なのです。
いつも好奇心をもち続けることです。
どんな理由があっても決して人生に背を向けてはいけません。
エレノア・ルーズベルト(米国のファーストレディ、人権活動家、世界人権宣言の起草者)

2017年7月30日 (日)

暑中お見舞い

墨田区の向島百花園へ、「大輪朝顔展」を観に行くつもりでしたが、到着時間が遅くなりそうになってやめました。いつもより1時間早い開園(8時)です。朝顔鑑賞ですから、遅くとも10時までには到着しなくてはならないので、早起きして、天気を見て、近々、出かけようと思っています。

そんなわけで、予定変更で、暑中お見舞いのはがきを作成しているうちに、日が暮れてきました。coldsweats01

皆様へも、暑中お見舞い申し上げます。

Shochuumimai5

光沢はがき(キャノン製)にプリントして・・・ ひとりでどうしているかと、案じていただいている、親しい方々へ送ります。happy01

今日の名言

人間が人間として生きていくのに一番大切なのは、頭の良し悪しではなく、心の良し悪しだ。 中村天風(思想家、実業家)

2017年7月29日 (土)

花火大会

今夜は、隅田川花火大会。当地でも、越谷花火大会です。もう、いっぱい飲んでしまったので coldsweats01、テレビで、隅田川の花火を観せていただきます。happy01

先ほどまで雨が降っていましたが・・・ 隅田の花火には及ぶべくもなけれど、遠雷が聞こえる中、5000発、打ち上げることができるのかな。

これは、市の広報のページから寸借。coldsweats01

ライトアップされた右手は、しらこばと橋の主塔です。

Koshigayahanabitaikai1

中止になったら、アジサイの「隅田の花火」の写真で、我慢といたしましょう。

去年、神代植物公園(東京・調布市)にて撮影・・・

Ajisai19sumidanohanabi

小雨の中でしたが、隅田川花火大会も、越谷花火大会も開かれました~ happy01

これは、隅田川の花火(テレビの画像)

Sumidagawahanabitaikai1

今日の名言

結婚生活を末永く導いてゆくものは、普通の意味での恋愛でもなく、また情痴の世界でもなく、それらを経た後に来る慈悲――人間のあるがままの姿への愛情であろう。 亀井勝一郎(評論家)

2017年7月28日 (金)

畑へ

数日ぶりに、雨空から晴天に変わったところで、相棒から、ゴーヤやナスができているからと電話があり、昼食後、まずは、イオン・レイクタウンへ行って、食料品のまとめ買いをしてから、畑へ寄りました。

かぼちゃです。

Kabocha7

葉を分けて覗くと・・・ 店で、ブロック・カットを買ってきたばかりなので、採らずに、撮っただけ・・・ これを、ひとつ採って帰っても、独り身では、毎日が、かぼちゃ料理になるので・・・ coldsweats01

Kabocha8

ゴーヤですが、これは、2本、採ってきました。

Gouya11

田んぼは、青々と成長していました。撮影のマジックで、1~2km先ですが、住宅が、いつの間にか、迫っています。あちらは、しらこばとの住む越谷市、手前は、草加市です。間には、豪雨のときの調節池があります。でも、旅鳥の、数少ない中継地の田んぼも、いまどき、工業団地構想があるらしいのです。coldsweats02

Ine13

田んぼの中の塔は、当初は、別の目的で建てられたようですが、いまでは、ドコモとソフトバンクのアンテナです。6時を回ったところで、実際は、もっと明るかったのですが、「夕食の支度がある~happy01」と言って、先に失礼して帰ってきました。

Kakinokitanbo5

今日の名言

「運」ってやつは、たえず変わる。いま後頭部にがんと一撃くわせたかと思うと、次の瞬間には砂糖をほおばらせてくれたりする。問題はただ一つ、へこたれてしまわないことだ。 アラン・シリトー(英国の小説家)

2017年7月27日 (木)

睡蓮の花

蓮の花に続いて、今日は、睡蓮の花を掲載します。といっても、長い間に撮った中から数枚を・・・

睡蓮に 雨来し 音のかすかなり 堀 文子

俳句では、未草(ひつじぐさ)と詠まれることもあります。睡蓮の別名です。未の刻(午後2時頃)に咲くからということではありますが、早朝に咲き、お昼前には萎む蓮の花に比べて、朝咲いて夕方まで咲いているから、昔の人は、昼どきの花と呼んだのでしょう。たぶん・・・

国内では、ヒツジグサという名の、もちろん温帯性のスイレン属が自生しているそうです。見たことはありません。温室で見るのは、熱帯・亜熱帯性で、それも、園芸品種ですね。

新宿御苑にて

Suiren24

「アルベルト・グリーンバーグ」 川口市グリーンセンターにて

Suiren21

神代植物公園にて

Suiren22

Suiren23

先日、国立西洋美術館で鑑賞させていただいた、モネの”睡蓮”。額をはずして、原画も正方形ですが、畏れ多くも、トリミングして・・・ coldsweats02

Monetsuiren2

モネは、作品が認められるようになって、50歳を過ぎて、自宅に、花の庭と水の庭を作庭して、その水の庭には、睡蓮を植えて、晩年には、視力が低下しつつも、86歳で没する最期まで、描き続けたのだそうです。日本趣味があって、(一昨年、上野のモネ展で鑑賞しましたが)水の庭には、やや膨らむ程度の太鼓橋が架かっていて、描かれていました。

今日の名言

青年は老人を阿呆だというが、老人も青年を阿呆だと思っている。 ジョージ・チャップマン(英国の詩人)

同じ阿呆なら、踊らにゃぁ損損。面白、可笑しく、生きるとしましょうか。happy01

余談ながら、南越谷阿波踊りは、来月下旬、今年も盛大に催されます。いまは、夕方ともなれば、どこからともなく、練習の笛や太鼓の音が聞こえてきます。

2017年7月26日 (水)

蓮の花と実

皆さんのブログでも、蓮の花を見かける時節になりました。

きれいな蓮華は、早起きをして出かけないと観ることができない(お昼に行ったら、つぼんでいるcoldsweats02)ので、早朝は、まだ、行かずじまい・・・ それに、今朝も、激しい雨音で起こされました。当地は、空梅雨だったというのに、それでも、戻り梅雨? coldsweats01

from my photo library

Hasu37

紅蓮(べにはす)の 風も吹かぬに 散りにけり 功雪

Hasu38

この写真は、かつて、同じ蓮田でしか会わない、夏だけの知り合い?がいまして、その人のアイデアを真似て撮った1枚(このような写真が、隣市の広報の写真に選ばれたと喜ばれていました)・・・ happy01 久しく会わないけれど、お元気かな~

この実が、千年も地中で眠れるとは・・・ sign02

Hasu39

今日の名言

およそ惨めなものは、
将来のことを不安に思って、
不幸にならない前に、不幸になっている心です。
セネカ(ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人 )

2017年7月25日 (火)

数字のマジックと人類

お互いにブログの読者ですが、皇瑞樹さんの今日の記事を読んでいて、自分の両親の両親の、そのまた両親と辿ってゆくと、この地球に生命が誕生するまで遡っても、超膨大な数の先祖が、そして、そのどの両親も、少なくとも、子どもを産むまでは、健常だったというのは、疑いようのない事実ですね。confident

それを思えば、私たちひとり一人は、超、超、稀有で、貴重な存在なのですよね。

皇瑞樹さんのおっしゃっていることは、まさに、その通りだと思います。

一方、われわれ人類の祖先は、アフリカで、チンパンジーの祖先と分かれたのが、6~700万年前のこと。さらに、14~20万年前に、木から降りて、サバンナを歩き始めた二人のヒトがいて、数人の子どもが生まれ、生まれて、”出アフリカ”で、世界に拡がって、その中には、ネアンデルタール人、北京原人、ジャワ原人などがいたものの、消滅して、残った新人類、ホモ・サピエンスの一種が、われわれ・・・ (以上の年数は、だれも正確にはわかっていませんが) おおまかに、そのような歴史があることを考えれば、人類皆兄弟なのですよね。

動物だって、同種同士は、♂が争うことがあっても、決して殺したりはしないというのに、知的だと名乗っているホモ・サピエンスは、この末期的な地球に、絶えることのない争い・・・ いつになったら、ヒトは目が覚めるのでしょうね。

皇瑞樹さん、ありがとうございました。記事を読ませていただいて、気のおもむくままに、記しました。coldsweats01

今日の名言

heart04 のチャンスは、 熟れている時に、もがなければならない果物 apple のようだ。 一度、地から落ちたら二度とチャンスはないだろう。 ポール・ヴェルレーヌ(フランスの詩人)

もうひとつ、恋に限らず、なにごとも・・・

後悔とは、やってしまったことにするもんじゃなくて、やらなかったことにするもの。だから私はチャンスがきたら必ずトライするわ。 キャメロン・ディアス(米国の女優)

2017年7月24日 (月)

大暑の花

一昨日の記事の写真は、大暑の前日撮影したので、真夏の花と題しましたが、今日は、大暑の花で、2つ掲載します。

パパさんと呼んでいた方の遺愛のサボテンを、(卒寿過ぎの)ママさんがお世話できないからと、3鉢も頂戴していましたが、昨日は、2つ目の花が咲きました。

ひとつ目は、咲く前日に蕾を撮っていましたが・・・ 上野へ遊びに行った日、開花に気づかずに出発。埴輪とたぬきさんが観ただけで、これは、一日花なので、帰ってきたときには、萎んでいました。weep

shadowの読者のTMさんへ: 遠い昔、両家族で、群馬・館林へつつじを観に行き、分福茶釜で有名な茂林寺も訪ねましたね。あのとき、この顔が気に入って求めた狸さんですよ。おかげさまで、いっぱい、福を分けてもらいました~ happy01

Saboten4

そして、昨日・・・ 2つ目の花。早朝から咲いていました。ふだん、よく見かけるサボテンですが、もしかしたら、「短毛丸」かな?

Saboten2

雌蕊ひとつに、数多の雄蕊が・・・ happy01

でも、自家受粉はしないとのこと。同時に、2つ咲いて、他家受粉(手作業可)させれば、種ができるそうです。そこまでしなくても、親株に子株がいっぱい付きますけれど・・・ 

Saboten3

それからしばらくして、rvcarで、shadow(TMさん)のお宅へと向かったのでした。

高速道路から一般道へ・・・ しばらく走ると、ずっと変わらない茶畑や里芋畑が広がっていました。

この近くは、用水がないので、水田はなくて、見渡す限り畑地です。土の色もきれいな畑で、わが家の一帯の、かつては、低湿地の土とは大違い。

ハスの葉に似ていますが、広大な里芋畑です。

Satoimo2

畑のわきの、道路沿いには、大きなヒマワリが植栽されていて、(コスモス街道のような)ヒマワリ街道になっていました。花期はそう長くはないのに、このとおり、ちょうど、見ごろでした。

Himawari11

学生時代は、同じ研究室で、仲のいい四人組で、あれから半世紀、奥方はもちろん、子どもたち👪👪も一緒で、お付き合いが続いて、あちこち遊びにも行きました。car しらこばとは、介助・介護の日々が長かったこともあり、そしてまた、それぞれに、親の介助や介護もある年回りで、久々の再会でした。 

いっしょに行ったのに、それぞれ、覚えていることも違ったり、忘れたことも多々ながら、少し病んでいる友人もいっしょに、昔話に話が弾んだことでした。smile

今日の名言

やったことは、例え失敗しても、
20年後には、笑い話にできる。
しかし、やらなかったことは、
20年後には、後悔するだけだ。
マーク・トウェイン(アメリカ合衆国の作家、小説家。「トム・ソーヤーの冒険」の著者)

2017年7月23日 (日)

真夏の花

昨日は、病んでいるおともだち(おばあさん?、おばさんかな)を、「1時間だけでも、外の空気を吸ったらいいよ」と、連れ出して、マイフィールドへ出かけました。蝉しぐれを聴いて、「あれっ、春はなかったの。いつの間にか、冬が真夏になっている」で、笑ったことでした。

サルスベリ(百日紅と書きます)が、白花が青空の中で爽やかに咲いていました。

Sarusuberi13shirobana

気温35℃ではありましたが、風が吹いて、ちょっぴり爽やかでもありました。

キョウチクトウの花も咲いていましたが、これから、もっといっぱい咲くでしょう。

Kyouchikutou1

一輪だけ撮ってみました。一重の花弁が、この写真ではよくわかりませんが・・・ 大げさに言えば、スクリューのように開いて咲いていました。葉が、竹の葉に似ているので、夾竹桃だそうです。

Kyouchikutou2

八重のムクゲの花が咲いていました。

Mukuge11

Mukuge12

こちらは、一重のムクゲです。昼下がりだったので、萎みかけていました。一日花ではなくて、開いては閉じて、数日咲くそうですね。八重は、1週間ほど咲き続けるそうです。

Mukuge13

花壇にたくさん植えられているハゲイトウがみごとに美しく染まっていました。トリカラー・パーフェクタという品種のようです。絶妙のトリプル(赤・黄・緑)カラーという意味かな??

Hageitou1tricolor_perfecta

池でも、よく似た美しい色の錦鯉が泳いでいました。説明板にも記されていますが、今上天皇が皇太子であられたころ、「インドネシアに鰭(ひれ)の長いコイがいるので、日本のニシキゴイと交配してはどうか」との提言」があって・・・

埼玉県水産試験場で、交配して、品種改良によって作出されたという錦鯉です。背鰭、尾鰭、腹鰭が長いのが特徴。泳ぐ姿は、優美です。幼魚もたくさんいましたが、まだ、発色していませんでした。

Hirenaganishikigoi3

Hirenaganishikigoi4

そして、花壇には、今上天皇のお孫さん「愛子内親王」誕生を祝して、京成バラ園芸で、作出されたという「プリンセス・アイコ」が咲いていました。

Bara117aiko

わが家では、おばあちゃんの花といっては、はなはだ失礼ながらcoldsweats01、「プリンセス・ミチコ」が咲いていて、先日掲載したばかりです。happy01

今朝ほどコメントをいただいたしげまるさんのブログ記事にもありましたが、高倉健の名言に、「いい風に吹かれたいですよ。・・・・・・ 旅をしないと」とありますが、おともだちも暑いながらも、久しぶりの外出で、いい風に吹かれて嬉しかったようです。

歩いていると、こんなモミジが風になびいていました。イロハモミジの園芸種のアオシダレ(別名、チリメンカエデ)です。秋には、紅葉ではなく、黄葉します。

Aoshidare1

さて、今日は、これから、学生時代からの友人が病んでいるので、rvcarで、外環と関越を利用して、1時間ほどかかりますが、向こうで、友人2人とおちあって、いっしょに、ご機嫌伺に行きます。

宮沢賢治ならずとも、「夏の暑さにも負けず、南に病んでいるおともだちあれば、行って、誘い出し、西に病んでいる友人がいれば、ご機嫌を伺いに行き」、おかげさまで、元気で、飛び回っております。rvcarsign04 run

今日の名言

いろいろ考えられる選択肢の中から、
「この一手」を選ぶのは、
自分しかいないわけです。
羽生善治(将棋棋士、十九世名人)

昨日のヘレン・ケラーの名言ですが、聴覚、また視覚をも失い、陽光を見たこともなく、もちろん、影を見たこともない方が、「太陽を見て、影を見るな」と言われています。confident 過ぎ去ったことには、もし、あるとすれば、暗い過去にも、とらわれないことですね。前向き前向き・・・ そして、これから、いずれの道(羽生名人ならば、どの一手)を選ぶかは、自らが決める・・・ そうですよね。

2017年7月22日 (土)

今日の名言

顔をいつも太陽の方に向けていて。
影なんて見ていることはないわ。
ヘレン・ケラー(米国の教育家、社会福祉活動家、著作家)

2017年7月21日 (金)

網ほおずき などなど

網ほおずきを数年ぶりに作ることにしました。

ほおずきの皮(袋状の萼)は、自然な状態では、カメムシなどが、好んで食べますが、網状の硬い繊維質は、食べられなくて、残ります。それは、虫ほおずきと言われます。人が手を加えて、皮を腐らせてできるのが、網ほおずきです。

大きいペットボトルの上部を丸く切り取って、水を入れて、赤くなったほおずきを入れて、切り取った上部を逆さにしてかぶせます。それだけでは、浮力があるので沈まないので、しらこばとは、石ではなくて、植木鉢を載せます。水が少なくなったら注げるように・・・coldsweats01

Amihoozuki3

ほおずきは、まだ青いのが、たくさんあるので、赤くなったら、上から詰めてゆきます。そのうち、皮も水も腐って、臭~くなります。coldsweats02

先日も掲載しましたが、完成するまでには、だいぶかかりますので、数年前の作品をもう一枚・・・ 漂白しただけのもの、金色、銀色に塗ったものが混ざっています。

Amihoozuki2

下に敷いている布では、メダカが泳いでいますが、coldsweats01 メダカもずいぶん増えて大きくなりつつあります。

もうひとつの生きもののスズムシは、孵化して、まだひと月足らずですが、15匹ほどが、無事に、脱皮を2、3回しているはずです。まだ雌雄の識別はできません。もう少し経てば、♀は、産卵管が伸びてきます。ふた月ほどかけて、脱皮を延べ7、8回して、最後の脱皮で、神秘的な真っ白い翅になり、すぐに、黒褐色に変わり、成虫になります。それから、ふた月ほど、♂は奏でて、♀は産卵して、逝きます。わずか4か月の命です。confident

Suzumushi19youchuu

外の側溝の上も植木置き場にさせてもらっていますが、フウセンカズラ🎈が膨らんできています。葉は、朝顔です。朝顔は蕾もまだです。

Fuusenkazura5

これは、長いこと咲き続けているオレンジ色のランタナです。赤いのはきれいなのがありませんでした。

Lantana16

夏バラも花は小さいながら、7品種とミニバラもすべて、代わる代わる咲いています。

これは、プリンセス・ミチコです。水撒きの後、撮ったので、光っています。節水とのことで、一日おきの水遣りです。coldsweats01

Bara116princess_michiko

今日の名言

どんなに長くとも夜は必ず明ける シェイクスピア「マクベス」の第4幕第3場より

どんなに辛いことや思いがあっても、暗い夜は明けるもの・・・ confident

昨日は、彩の国さいたま劇場で、悲劇ではありましたが、すばらしい劇を堪能してきました。名優の演技はもちろん、舞台装置もほかでは観られないほどの演出でした。このあとは、中秋に、本場、イギリスに乗り込み公演、そして、シンガポールの予定もあるようです。

安土桃山時代の武士の姿を再現されていて、和洋折衷ではありましたが、まさしく、その時代は、イングランド王国の劇作家、シェイクスピアが生き、名作の数々を作出していた頃でした。今は亡き、蜷川幸雄氏は、それを重ね合わせて、演出されたのでしょう。

Sainokunisaitamageijutsugekijou1

昨年は、この劇場では、シェイクスピ劇第15回の「尺には尺を」、そして、お母さん亡きあと、息子とふたりで観に行った「ヘンリー四世」が、たまたま並んで、掲示されていましたので・・・ camera

Sainokunisaitamageijutsugekijou2

今回は、息子はお嫁さんといっしょに日曜日、そして、昨日は、縁あって、おともだちのお友達(ほかの小さな劇団で、衣装役をなされている方)とふたりでの観劇でした。coldsweats01 「とても参考になった~」とおっしゃっていました。友人、辻君も、No.3の役で、大役を果たしていました。先日、電話をしましたら、「餅屋は餅屋」、それぞれの得意な専門の道を歩めばよいという意味のことを話してくれたことでした。よき友、おともだちに囲まれて、幸せなしらこばとです。happy01

2017年7月20日 (木)

今日の名言

若い頃、僕の時間は、未来へ向けて無限にあるように思えた。今、僕は終末の時間から逆算する。すると、人も風景も、そう、何もかもが違って見えてくる。僕は、疾走する。 蜷川幸雄(日本の演出家、映画監督、俳優)

昨年、5月に亡くなられました。彩の国 シェイクスピア・シリーズ 第32弾の「尺には尺を」の公演直前、9日前のことでした。その追悼公演の観劇も行きました。

5月上旬、「マクベス」の案内状が届いたときに、記事掲載しましたが、とうとう、今日、観劇の日になりました。

以前にも演出されていて、一昨年には、東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで、公演されたということです。今回は、そのときのマクベス役とマクベス夫人役は同じで、その二人に次ぐ、バンクォー役をしらこばとの旧友、辻萬長が演じます。

セリフや人物は、原作と変わらず、時代設定がなんと安土桃山時代だそうで、衣装もご覧のとおりです。

シェイクスピアの悲劇の代表作品ですが、楽しんできま~す。happy01

Macbeth1 左端の貫禄のある風貌が、辻萬長です。

2017年7月19日 (水)

My Birthday

今日は、誕生日。happy01

はい、まだ、アラセブンです。coldsweats01 昨日お亡くなりになった日野原先生に並ぶには、まだ、30年と少しあるぅ~ confident

身近にも、はるかな昔、浪人中、spaの風呂があるお家に、間借りさせていただいていましたが、お世話になったおばさんも、同じ、105歳で、数年前に、天寿を全うされました。

娘さんからのメールで、105歳の誕生祝で、「あと5年長生きしてね」と言ったら、「たった5年ね」と申しましたhappy01、と記されていましたが、それは叶いませんでした。

いまでは、メル友の娘さん(いまや、お孫さんがたくさんいらっしゃいます~)から、誕生日お祝いのメールをいただいたところです。おーきに!

しらこばとは、ことあるたびに、(サッカーでいう)ロスタイムを生きていますと記していますが、おふたりのことを思えば、まだ、人生、後半戦の真っただ中ですね。そう思うようにしましょう。smile

日曜日には、息子とお嫁さんが来ました。しらこばとは、明日行きますが、観劇のチケットをプレゼントしていたので、その帰りに寄ってくれました。

嬉しいことに、父の日と誕生日のプレゼントをもらいました。

ひとつは、クッション・マッサージでした。ボタンで、ヒーター機能も働きます。

Massager2

軽度の腰痛の持病ありで、植木などの重いものを動かしたりすると、痛くなるので、ありがたい贈り物でした。この2、3日、使用して、十分、効果あり。こちらへも、おーきに!!

まだ、ありました。九州の焼酎を3本ももらいました。

左から、長崎県壱岐、鹿児島県枕崎、そして、(先日、豪雨に見舞われた)大分県日田の焼酎を、これから、飲み比べま~す。宅配寿司”銀のさら”から誕生日お祝いで、20%OFFのはがきも届いていることだし、今宵は、料理はしなくて・・・ bottlebottlebottle(飲み物はすべて、糖質ゼロしか飲みませんので、この絵文字は、日本酒のとっくりではなく、焼酎のつ・も・りcoldsweats01)

Shouchuu1

この数年、男ふたりで暮らしていましたので、お嫁さんが来るようになって、おかげさまで、華やかになりました。

ところで、ようやく、本日、こちらも、梅雨明けです。

梅雨入りから、今年はなんとなく変な予感がして、根気よく(43日間も)、お天気マークを並べてきましたが、当地では、正午時点での雨の日は10%、曇りの日は15%、そして、晴れの日は75% でした。さて、節水に努めることといたしましょう。

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sun sun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun

今日の名言

多くの人々は自分の財産や名声や地位を得るために全力投球している。

それなのに、財産やお金よりも大切な、自分の命のために全力投球している人は少ない。

なぜ、その大切な命のために、時間と財産を提供しないのか、そうして安全に確保された命を思いきり有効に使おうとしないのか。

自分の命を自分で格調高く保つための勉強を、めいめいがもっとしなければならない。

日野原重明先生(聖路加国際病院名誉院長) 105歳で現役の医師でしたが、昨日、ご逝去。キリスト教徒でいらっしゃいましたので ♰ 合掌 confident

昨年、新宿・大久保駅近くの淀橋教会で開催されたクリスマス・コンサートで、お目にかかれると期待して行きましたが、風邪をひかれて、残念ながら、お見えになられませんでした。福岡での催しで撮影されたビデオで、貴重なお話を聴いたのが、よき思い出です。

2017年7月18日 (火)

犬が鹿を救助

@niftyニュースを見ていて、「犬が海で溺れていた子鹿を救助 」のタイトルを見つけて、クリックしました。

感動ものでしたので、どうぞ、愛犬家ならずとも、クリックしてご覧になってください。happy01

ゴールデン・レトリバーです。知人も飼っていましたが、散歩していても、ときどき見かけます。賢くて、温和な性格ですが、このようなことまでするとは・・・、驚きました。

人間同士がいがみ合っている場合じゃない。confident

今日の名言

この世は興味あるもので満ち満ちている。こんなすばらしい世界で、だらだらと人生を送るのは、もったいない。 デール・カーネギー(ノーマン・V・ピール、ナポレオン・ヒルと並ぶ、自己啓発の御三家のひとり)

今日の名言

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。 孔子(中国の思想家、儒家の始祖)

2017年7月17日 (月)

上野恩賜公園で (続き)

昨日の記事掲載をして、夜9時から、NHK総合で、「ディープオーシャン 南極に巨大生物を見た 世界初! 南極の潜水艇調査」が放映されました。happy01 一部は、同じ画像が、展示会場でも映されていました。地球には、人類が未だ見ぬ生きものがたくさんいます。

その一方で、既知の生きものたちが、人間の侵す罪のために、絶滅、あるいは、絶滅危惧の多いこと・・・ confident

暗黒の”深海”から、陸に上がるとhappy01、中庭では、夏ばらがいっぱい咲いていました。ようやく、ホッと一息して、ベンチで休憩。

Kokuritsuhakubutsukan2_3

それから、地球館と日本館は、ほぼ、観ていますが、それぞれ、興味のあるフロアだけ、観ました。

これは、地球館の展示物。

Kokuritsuhakubutsukan3

上野動物園は、すぐそばですが、ここにも剥製ながら、パンダさんがいました。

Kokuritsuhakubutsukan4

博物館には、3時間いて、3時半。コンサートまでは、まだ時間は、たっぷり。そこで、隣の、国立西洋美術館を訪ねました。

前庭にある有名なロダン作「地獄の門」です。何度も見てはいましたが、観ていなかったことに気づきました。左下隅の女性の背の高さからおおよその大きさが分かるかと思います。

ダンテの「神曲」を題材に、制作をはじめて、いくつかの像は、その「神曲」の登場人物だそうですが、この彫刻は、その後、生涯をかけて、作られて、鋳造されたのは彼の死後で、上野のブロンズを含めて、世界に7つ残っているそうです。

今年は、ロダン(77歳にて)没後、ちょうど、100年。

Kokuritsuseiyoubijutsukan1

時間があったので、ゆっくり観ていると、なんと、上の方に、「考える人」が彫られてるのに、いまになって気づきました。coldsweats01 

最初は、詩想するダンテを配置するつもりだったようですが、ロダン・オリジナルの、岩に座して、地獄で苦しむ者たちを下に見ながら、思索する男へと変わったとのこと。

Kokuritsuseiyoubijutsukan2

この像の拡大作が、お馴染みの「考える人」です。

ご興味がある方は、国立西洋美術館の作品解説 をご覧になってください。

こちらは、その拡大して、いまに残っている20数体のオリジナルのひとつです。鋳造品なので、複数製作されています。しらこばとの住む町に本社がある大手の建設会社のビルの隅にもあります。

Kokuritsuseiyoubijutsukan3

カレーの市民

Kokuritsuseiyoubijutsukan4

こちらは、エミール=アントワーヌ・ブールデル作の「弓をひくヘラクレス」

Kokuritsuseiyoubijutsukan5

館内の、企画展示室では、アルチンボルド展が開催されていましたが、この種の絵画は、あまり好きではないので、シニア無料でhappy01、常設展の名品の数々を鑑賞しました。

鑑賞券 絵は、モネの「舟遊び」

Kokuritsuseiyoubijutsukan6

国立西洋美術館は、昨年、世界文化遺産に登録されたばかりですね。ル・コルビュジエによる設計で、松方コレクションを収蔵・展示するための美術館として建造されました。鑑賞のための動線、自然採光などを徹底的に考慮して造られたと記されていました。

松方コレクションは、現在の川崎重工業の前身で、川崎築地造船所(東京)→川崎造船所(神戸)創立。そのときの、初代社長、松方幸次郎が、ヨーロッパで収集した西洋美術のコレクションだそうです。美術館の大半は、そのコレクションかと思いますが、館内には、5500点ほどもあるそうです。

展示室へ入ると、聖母子(マリアと幼少のキリスト)、マリア、十字架のキリスト、聖人の絵があり、進むと、モネ、ピカソ、ルノワールの絵画がありました。

モネの「睡蓮」 睡蓮という名の彼の作品はたくさんありますが、これは、見上げる高さの大作でした。写真は、一部を除いて、撮影可でした。でも、数枚撮っただけで、その中の1枚です。

Kokuritsuseiyoubijutsukan7

ところで、しらこばとの(ポチッとの)”部屋”からも、庭の睡蓮の池が見えま~す。happy01

本館から新館まで回り、休憩コーナーのブラインドの隙間から撮った中庭です。

Kokuritsuseiyoubijutsukan8

向かいは、本館入り口付近にあるカフェ。そろそろ、食事をと思って、寄ることにしました。

カフェの名前も・・・

Kokuritsuseiyoubijutsukan9

特別展は見ませんでしたが、この料理をいただきました。delicious

アルチンボルドのユニークな絵は、こちら で、どうぞ。人物画に描かれるようなコーン(ヤングコーン)やミニの人参やトマトが添えられていて、ステーキには、絵のタッチのごとく、ケチャップ・ソース?が、実際はもっと、散らされていました~ happy01

Kokuritsuseiyoubijutsukan10/p>

そして、再び、前庭でもひと休みしてから・・・ 向かいの東京文化会館へ・・・

Tokyobunkakaikan2

30分前の開場待ちの列に並んで、開演は、7時で、それから、1時間40分ほど、バッハ、ベートーヴェン、ショパンの名曲のすばらしい演奏を堪能しました。画家に作風があり、それぞれの描き方のスタイルがありますが、音楽も、やはり、三人三様でした。

植田伸子さんが、楽譜も置かずに、魔法の指のように、鍵盤を弾く、その技にも、みなさん、感嘆しきりでした。

チケットを買うのに、炎天下に並んだ以外は、ほとんど、涼しいところで過ごした一日でしたが、帰途の道路では、標識に、交通情報ではなく、”水を節約しましょう”とディスプレイされていました。

今日17日は、早朝はものすごいthunderrainで、目が覚めました。でも、すぐに、晴れ間が出て、正午現在、今日もsunです。こちらでは、梅雨はなかったようなものですが、関東の梅雨明け宣言はいつになるのやら?

熱中症に気を付けましょう。

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun

今日の名言

みんなからの忠告に基づいて家を建てると、できた家はいびつになる。 デンマークのことわざ

2017年7月16日 (日)

上野恩賜公園で

昨日、15日はまたまた、上野恩賜公園へ行ってきました。

故郷の知人のピアニストから招待状を送っていただき、九州各地での公演のあと、最後の東京公演が例年どおり、東京文化会館(上野駅公園口の前)で、その名演奏を聴かせていただくのが主目的でした。

Uetashinko4

開演は、夜7時からでしたが、折角、行くので、一日、公園で遊ぶことにして、お昼前に出発してrvcar、1時間ほどで、12時過ぎ到着。

もうひとつは、国立科学博物館で開催されている特別展「深海」を観るのが、ふたつ目の目的でした。

特別展入り口の案内ボード 奇妙奇天烈な生きものたちが・・・ coldsweats02

Shinkai1

3連休の初日、子ども連れの親子もいて、チケット購入に、炎天下impact、20分並びました。sweat01sweat01sweat01

そして、深海へと潜りました~

水深200m以深を「深海」と呼ぶそうですが、地球上の最深部は、1万920メートル。日本周辺では、伊豆・小笠原海溝が一番深くて、9千8百メートルだそうです。エベレストが、8848mですから、それを逆さにした以上の深海が近くにもあるのですね~

魚やなまこやエビやヒトデに似たような生きもので、近年、採集されたものもいっぱい展示されていました。

Shinkai3

左下のエビのようなものは、和名では、”ダイダラボッチ”。なにかで、聞いたような名前。coldsweats01 深海、5000m~8000mに生息しているとのこと。

Shinkai2

深海は、ものすごい水圧であるのは、ご存知のとおりですが、何メートルだったかは忘れましたが、爪の面積に、軽自動車を載せたくらいだということでした。そして、深海に降ろした野球の金属バットが展示されていましたが、ぺしゃんこになっていました。

どうして、生きものが??? 陸上のわれわれも、大気圧(1cm2あたり1kgの力で押されている)を受けながら、平気なのと同じようですね。happy01

こちらは、ユメザメ。全長1.2メートルくらい。日本近海の深海にもいるそうです。瞼があって、目を閉じることができるから、夢鮫だそうです。smile

Shinkai4yumezame

巨大生物も展示されていました。ダイオウイカは、模型でしたが、このイカは、食べられるのかな~ coldsweats01

Shinkai5daiouika

まだまだありましたが、割愛。

そして、”生命の起源”の展示もありました。

1.このような深海底の熱水噴出孔で、水素や硫化水素をエネルギー源にして、原始生命が誕生? このほかには、2.有機物が隕石で運ばれてきた(その前は、どこにいたかは謎coldsweats01) 3.陸上の温泉起源 など、いろいろ説があるとのことでした。

やはり、海で誕生して、魚が、陸に上がったという説に一票! happy01

ところで、深海探査のために、「しんかい6500」が建造されて、そろそろ、30年になりますが、その名の通り、6500mまで、潜ることができて、すでに、1000数百回も探査したそうです。昔、勤めていた会社も、たしか、圧力関係で関わっていましたので、多少、聞いて知っていましたが、実物大をはじめて見ました。

Shinkai6shinkai6500

3人乗りで、パイロットがふたり、研究者はひとり。2時間半で6500mまで下りて、その日のうちに、浮上するそうです。内部の居住空間というよりも、運転室&研究室。

なお、3.11大地震で生じた深海底の亀裂も見つけたそうで、写真が展示されていました。

Shinkai7shinkai6500

深海探査は、生きものの調査だけでなく、資源調査もあり、地球深部調査船「ちきゅう」号の模型も展示されていました。

Shinkai8chikyuu

”ちきゅう号”のミッションのひとつは、深海底探査で、船から、海底まで、およそ7千メートルも、パイプを繋ぎ繋いで、その先のドリルと回収ツールで、地の底からサンプルを取り出しているのだそうです。

1本のパイプは、数メートルでした。coldsweats02

Shinkai9chikyuu

そして、日本は、島国だけに、排他的経済水域は、世界で6番目だそうです。そのため、海底に眠っている石炭、ガス、原油、そして、レアメタルは、膨大な量だそうです。安心しました~

人類は、宇宙まで、探査して、数々のことを発見していますが、その一方、地球のことがわかっていなくて、深海は、まさに、未知だらけということでした。

もう少し、美術館とコンサートの、ネタがありますので、また、明日にでも。

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun sun

今日の名言

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。 斎藤茂太(精神科医、随筆家)

2017年7月15日 (土)

今日の名言

僕は、夜に夢を見るんじゃない。一日中、夢を見ているんだ。生きる糧として、夢を見ている。 スティーヴン・スピルバーグ(米国の映画監督、映画プロデューサー)

2017年7月14日 (金)

今日の名言

人生を生きるには、修練が必要です。
「まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志」のうちに
人生をうやむやに過ごしてはなりません。
フローレンス・ナイチンゲール(英国の看護師、社会起業家、統計学者、看護教育学者)

2017年7月13日 (木)

暇人の忙しい?毎日

当地は、相も変わらず、sun sun sunの日々です。しらこばとの勝手な、梅雨入り宣言の 6/28以降も、正午現在で、rainは3日だけ。impactsweat01

そんな中で、フウラン(風蘭、富貴蘭)の花が、咲き揃いました。7月4日に咲き始めたところで掲載しましたが、この花は、2週間以上、すべてが咲き続けます。それと、毎日、夕方から香り始めます。

無銘花  左の鉢は、株分けして、まだ数年なので、花数は多くはありません。

Fuuran28

こちらも、白花で、”雪山”という銘花です。葉に、黄色の斑があります。石付き盆栽風coldsweats01 にしています。石は、火山岩。

Fuuran30setsuzan

こちらは、花が、ピンク色を帯びているので、”桃琴”という名が付いています。

Fuuran29toukin

あとひとつ愛培の銘品がありますが、今年は、咲きそうにありません。

園芸は、さほど手はかかりませんが、ほかに、手がかかるのがいろいろいます。

メダカが、いっぱい、たぶん、2~300匹、孵化しています。まだ、増えそうです。coldsweats02 2、3㎜の大きさでも、それぞれ、体色で、どの種類か識別できます。

Medaka38chigyo

こんなのも蛹化(ようか)しました。カブトムシです。

たぶん、3回目の脱皮だろうと思います。昨秋、畑の仲間から3匹、分けてもらって、冬越しがうまくゆきました。シイタケ栽培農家で不要になった菌床ブロック(粉状のおがくずを固めたもの)をくずして、餌と土替わりにしました。

角らしきものがないので、これは、♀かな?

Kabutomushi1sanagi

Kabutomushi2sanagi

このほかにも、スズムシが15匹ほど孵化して、形がかなりわかるほどに大きくなっています。期待していたほど、孵化しませんでしたが、半分が♂だとしても、それが、鳴いてくれれば十分。notes それ以上になると、虫の声がclockになります。happy01

マツムシは、孵化の時期が遅いそうですが、期待しないで待っているところ。

そんなわけで、暇人が、餌やり、水やり、そして、清掃と、忙しく暮らしています。smile

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun sun sun sun sun sun sun

今日の名言

何かいい物語があって、それを語る相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない。 1998年のイタリア映画”海の上のピアニスト”より

2017年7月12日 (水)

今日の名言

私は年をとるにつれて、幸福の反対を不幸だとは思わなくなった。幸福の反対は怠惰というものではなかろうか。 亀井 勝一郎(文芸評論家、日本藝術院会員)

幸福な人生を送ろうとすれば、”勤勉”であれ、とおっしゃっているのでしょうね。confident

最初のころに、つぎの名言も掲載したことがあります。

「明日は」「明日は」と言いながら、今日という「一日」をむだにすごしたら、その人は「明日」もまた空しくすごすにちがいありません。

一昨年、放浪の旅の途次、函館山に登ったとき、山のすぐ麓の坂の多い元町にある、先生の生誕地で、碑を見つけて、撮っておいた写真です。

武者小路実篤直筆の碑です。

Kameikatsuichirou2

案内板には、”人生邂逅し 開眼し 瞑目す” と記されています。 confident

邂逅: 偶然の出会い  瞑目: 安らかに死ぬ

先生の著書は、しらこばとも、多感な青年時代に、人生や青春や愛などに関する本を読みました。たしか、「愛の無常について」は、屋根裏の物置のどこかで、sleepyっているかも。coldsweats01

クリックしていただくと、読めるかと思います。

Kameikatsuichirou1

2017年7月11日 (火)

閑暇に

拙句を一句、作りました。いえ、俳句ではなく、たまの川柳です。

昨日、衆議院閉会中審査をテレビで視ていて・・・

かけ・もりも そばのつなぎは 強力粉  功雪

お粗末でした。happy01

今日の名言

神様は私たちの「願ったもの」よりも、幸せを増すのに「必要なもの」を与えてくださいます。それは必ずしも自分が欲しくないものかもしれません。しかしすべて必要なものなのだと、感謝して謙虚に受け入れることが大切です。 渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)

2017年7月10日 (月)

野田の鷺山

一昨日は、補講を受けるのに、遅刻はできないので、早めに、家を出ました。そこで、途中、野田の鷺山の跡地、さぎ山記念公園(さいたま市緑区)で、ひと休みしました。

ちょうど1年ほど前にも、立ち寄って、記事を掲載したことがあります。時間に余裕ができたので、はじめて、公園内のさぎやま記念会館に入館させていただきました。

250年ほどもの歴史があった(過去形 coldsweats02)鷺の集団営巣地(コロニー)でした。昭和13年に天然記念物、昭和27年には特別記念記念物にまでなって、残念ながら、昭和59年には、その指定は解除されたということです。

Sagiyamakinenkouen7_2

江戸後期の徳川12代将軍、家慶も、近くに、大名の日光社参のために整備された「日光御成道(おなりみち)」が通っていて、少し逸れたところにあるこの地に立ち寄ったそうで、後世、このような大きな絵が描かれて、掲げられていました。

農家の家の周りにも、森にも、鷺(白い点々も)がいっぱい描かれています。

Sagiyamakinenkouen5

一部を拡大すると・・・

Sagiyamakinenkouen6

一時は、3万羽もいたとのこと。でも、一度、自然が壊されたら、元には戻せないという、悲しい実例です。近隣は、道路はさほど広くないのですが、近くを流れる川や、どじょうや小鮒や蛙がいたはずの湿地や田んぼは、宅地、畑地へと変わっています。鷺の姿は、去年も今年も、1羽も、見ていません。

こちらの越谷市の中川沿いのコロニーも、先々月、掲載しましたが、かつての、野田の鷺山の比ではなく、まだまだ、100分の1ほどの、2~300羽ほどが営巣しています。

そのようなことを実感して、「生物多様性とは」の講座を受けたことでした。

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun sun sun sun

今日の名言

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。
自分がこれまで何をして、これまで誰だったのかを受け止めた上で、
それを捨てればいい。
スティーブ・ジョブズ(米国の実業家、アップル創業者)

2017年7月 9日 (日)

環境カレッジ: 生物多様性 と 生物間相互作用

昨日は、猛暑の中(路上ですが、37~39℃)、さいたま市の大宮まで、昨年、未受講だった講義「生物多様性とは」を受けてきました。

2年がかりで、おかげさまで、無事、修了できました。環境に関して、覚えたことは少しですが、視野が広がりました。happy01

Kankyocollege3 公益財団法人 埼玉県生態系保護協会

~自然とは~

空気太陽の光、そして、野生の生き物という5つの要素と、それらのかかわり合いで成り立つ仕組み」と表現されていました。

そして、どのような生き物がいるかで、健全な自然かどうかのものさしになるとのことでした。

なにかが欠けても、生態系に異変が起こることを、米国のロバート・トリート・ペイン博士が研究された実例を紹介されました。

「海の岩場の生物群集からヒトデを取り除けばその生態系はどうなるか?」

岩場には、貝の肉が大好きなヒトデを筆頭に、イガイ、イボニシ、カサガイ、フジツボといった貝類が生息している中で、その生態系の「頂点捕食者」のヒトデを、ある区画ですべて取り除いて、実験をされたのだそうです。

結果は、イガイだけが繁殖を遂げ、ほとんどの種は岩場から追い出されてしまったということです。 coldsweats02

なぜ?

風が吹けば桶屋が儲かるにも似た展開ですが・・・ coldsweats01

ヒトデを取り除く → ヒトデの好物だったフジツボが激増する → 居場所がなくなった藻類が姿を消す → 藻類を食べていた貝類が姿を消す → フジツボより強いイガイが増えて、岩場を優占

多様な生態系の維持に欠かせない「キーストーン種」がいることが証明された、ある湾内での貴重な実験のお話でした。

キーストーン: 太鼓橋のようなアーチ状の構造物の頂点に挿すクサビ石、かなめ石ともいう それがはずれると、構造物は壊れます。

以上は、昨日、学んだことのほんの一部の復習です。

ところで、日本では、生態系の哺乳類としては、「頂点捕食者」の一種であったニホンオオカミやエゾオオカミが絶滅しましたが、それは、オオカミの餌食となっていたニホンジカやエゾシカを、人が、毛皮や食肉を得るために乱獲した結果、餌がなくなったオオカミが家畜を狙うようになり、害獣扱いとなり、駆除したためです。

そして、オオカミがいなくなると、天敵がいなくなった鹿が繁殖し過ぎて、たくさんの草木やその芽を食べるので、山野の植生にも異変が起こっています。雪深いところでは、冬場には、樹皮を餌にしますから、樹木が枯渇します。coldsweats02 巡り巡って、鹿は、害獣となり、一部の地方では、駆除の対象になっていますね。余談ながら、新宿御苑のレストランとカフェには、エゾシカの肉のカレーがありま~す。delicious

オオカミもキーストーンの一種でした。confident

最後に、国立科学博物館に展示されている、世界に4体しかない(中、1頭はオランダ)、ニホンオオカミ(剥製)を掲載します。かわいい犬みたいで、怖くはないですね。 happy01

Nihonookami1

生物多様性」が維持されるためには、「生物間相互作用」というものが大事なことを学んできました。ということで・・・ 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun sun sun

今日の名言

老年は男女間の友情に最も適した時代である。なぜなら、彼らはその頃には、ちょうど男であり女であることをやめてしまったからである。 アンドレ・モーロア(フランスの小説家)

2017年7月 8日 (土)

愛鳥の一羽

今朝も来ました。

スズメさんともども、愛犬ならぬ、愛鳥の1羽です。野の鳥ですが、よく慣れている3羽の中の1羽。体の色が違うだけで、ドバトよりもやや細身の体つきは、シラコバトによく似ています。

キジバト(別名:ヤマバト)

Kijibato19

これから、環境カレッジの「生物多様性とは」の受講に出かけます。つい先日、「ブラタモリ」で放送された鉄道の町、さいたま市の大宮まで。それも、ロケの最初の氷川神社の近くまで・・・ 博識なタモリさんも好きですが、同行される近江友里恵アナウンサーの大ファン・・・ happy01

今日の名言

困難を予期するな。
決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。
常に心に太陽を持て。
ベンジャミン・フランクリン(米国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者)

2017年7月 7日 (金)

天の川&水の心配

豪雨の被害に遭われた地方の皆さまに、お見舞い申し上げます。

今日は七夕で、こちらは、晴天ではありますが、日本橋から5里の地ゆえ、大都会の街の明かりが空に映え、天の川を眺めることはできません。たぶん。

ところで、同感ゆえに、この一句を・・・ coldsweats01

希(ねが)ふこと 少なくなれり 星祭 品川鈴子  (星祭=七夕祭)

相変わらず、とくに、当地あたりでは、梅雨はどこへ行ったのやら、いい天気が続いています。

梅雨入り宣言がされたころ、とくに、根拠はなく、これで梅雨入り?と思ったこともあって、毎日の正午の天気を記録し続けてきましたが、ご覧のとおりです。

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばとの梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun sun 31日間で、晴れ64%、曇り23%、雨13%

埼玉県は、大半、荒川水系ですが、一昨日は、20年ぶりに、この水系に取水制限が発せられました。coldsweats02

荒川は、奥秩父に源を発して、関東平野を流れて、東京湾にそそぐ一大河川ですが、秩父地方のダムの水位が、平年の6割ほどだそうです。今日は、小暑でもあり、これから、例年通りならば、いよいよ、猛暑になりますので、水不足が心配です。

県の北部は、利根川水系で、群馬県から、埼玉・茨城・千葉県のおおむね、県境を流れて、太平洋へとそそぎますが、この水系は、群馬県のダムでは、平年の9割近くだそうで、こちらは、大丈夫でしょう。途中から、分流して、江戸川が東京湾へとそそいでいて、都は、こちらからも取水しているので、心配なさそうですね。ほかに、多摩川水系もありますしね・・・

真夏でも、気分だけでも、涼しくと、朝顔を植えています。東京・入谷の朝顔市は、七夕の今日を挟んで、3日間行なわれていますが、わが家のは、蔓が伸びるのはこれからです。「100均」で、求めてきていたネットを張りました。いっしょに、フウセンカズラも這わせます。ネットがよれよれなのは、ご愛敬ということで、しばらくすると見えなくなります。happy01

Asagao15

こんな花が咲くといいのですが、花柄はミックスで注文したので、はてさて・・・

朝がほや 智恵子のほんとの空の蒼 功雪

Asagao16

今日の名言

よい記憶力はすばらしいが、
忘れる能力はいっそう偉大である。 エルバート・ハバード(米国の作家、アーティスト、哲学者)

2017年7月 6日 (木)

真夏日の墓参

早朝に行けばよかったのですが、お昼どきは、真夏日。夕方にと思って、3時過ぎに、出かけたのですが、気温32℃。sweat01

祖父の命日でしたが、68年の歳月が過ぎていました。故郷九州から改葬して10年。「どこへ連れてゆくのか」と思われたかもしれませんが、男ばかりの兄弟4人のうち、京都在住のひとり以外は、3人も東京へ出稼ぎ?に来て、居座っているので、これでよかったのかも・・・

お線香を燻らせて、仏式で祈ったあと、♰ も切って、お参りしてきました。

いまどき?と思いましたが、揚げ雲雀が迎えてくれました。長いこと、天空で囀りながら舞っていました。「早く来なさいよ」というのかな~ confident

公園の方からは、ニイニイゼミらしき鳴き声も・・・

夕蝉や 妻の墓標の なほ温し 功雪

そこで、公園へ向かいました。

ガクアジサイは、萼(がく)だけが残って、中心の花序は、実になりつつありました。

Gakuajisai6

暑い中にも、ここだけは、涼風も吹いていました。

この園へ 入れば涼風 おのずから 借句 coldsweats01

Soukakouen48

池の向こうの芝生は、休日は子ども連れで賑やかなのですが、ときどき、ジョギングする人がいるだけ・・・ 地方によっては豪雨の被害がたいへんですが、こちらは、日照りが続いていて、大雨に比べると、さしたることはありませんが、睡蓮の池が干上がっています。

Soukakouen47

池の周りをぐるりと歩いていて、ニイニイゼミの抜け殻を見つけました。

Niiniizemi16nukegara

見上げると、同じような樹のラクウショウかと思いきや、メタセコイアでした。

Metasequoia10

こんな花も、梢の方で咲いていました。ミツバチも好きなトウネズミモチの花です。

Tounezumimochi2

半周して、芝生へ行くと、同じ世代の方が、竹とんぼを飛ばして楽しまれていました。なんとも、ずいぶん、高く揚がり、20秒ほども飛んでいました。銀色に塗られたものもありましたが、紅いのが、とてもきれいでした。まさに、赤とんぼ・・・ happy01 しらこばとは、シャッターを押すだけの趣味。 ┐(´-`)┌

Soukakouen46

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばと地方?の梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun sun

今日の名言

お互いに手をつなぐ時にも、間をあけよう。 ハリール・ジブラン(レバノン出身、のちに、米国へ移住した詩人、カーリル・ギブランなどとも記される)

どのように親しい間柄でも、適度な距離感が必要と言われているのかな。confident

2017年7月 5日 (水)

台風一過の朝

台風3号の被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げます。

こちらは、台風は、寝ている間に、通り過ぎて、朝から晴れています。お昼には、真っ白な入道雲も出ています。雨は降ったようで、睡蓮鉢と水槽は、5cmほど水位を下げておきましたが、溢れたようです。風も強くなかったようで、被害はありません。

雀さんたちは、どこに避難していたのか、雛も含めて、元気で、採餌に来ました。1羽が様子を見に来て、もう1羽も・・・ キジバトさんと争うことはせず、遠慮はしつつも、いっしょに、食べることもあります。

Suzume14

そこへ、1羽の雛も来ました。もう、自分で食べているので、幼鳥と言ってもよさそうですが、ときどき親から給餌してもらうので、まだ、雛ということで・・・

この個体は、兄貴格の雛ですが、それでも、まだ嘴が黄色い。happy01

Suzume12hina

こちらの雛は、親へ催促中・・・ 親は、自分で食べるよう促している様子。羽の色は、まだ、淡い色です。

Suzume15hina

「やれやれ、仕方ないな~」 このあと、口移しで、給餌していました。親は高い位置にいて、雛が下に、これが、給餌がし易いことを、ちゃんと知っている・・・ confident

Suzume16hina

ようやく、食卓に、家族が揃って、にぎやかになりました。みなで、7羽来ました。

Suzume17

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばと地方?の梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain sun

今日の名言

別れは淋しいかもしれないけど、新しいスタートでもある 悲観的にならないで新しい道を踏み出そう。別れは涙よりも笑顔の方がいいよ。

狭い所で 閉じこもってちゃダメ 。世界は広いんだから 視野を広げてみよう。きっとそこには 経験したことのない楽しみが待ってるから。

いずれも、ディズニー映画「アナと雪の女王」より

2017年7月 4日 (火)

咲き始めた風蘭

フウラン(風蘭、園芸では富貴(ふうき)蘭ともいう)の花が、咲き始めました。この株の花茎は、7本も立ち上がりました。

Fuuran26

夕方から、香水のような甘い香りを放ちます。玄関に取り込みました。花冠の基部から出ている距(スミレなどにもある、きょ)が、花弁よりも長~いのです。虫を呼び寄せる、香りの元の蜜腺がどこかにあるのでしょうけれど、それにしても、長いこと。happy01

Fuuran27

風蘭や 匂ひほのかに 風待ちぬ 功雪

昨夕は、いつもの夕焼けとは違っていたので、天邪鬼で、雨かな?と記しましたが、読みが当たって、夜半から降りました。当地は、梅雨らしい空になっていますが、すでに、地方によっては、豪雨のニュースもありますけれど、台風3号の被害が少ないことを・・・ confident

cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばと地方?の梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun rain

今日の名言

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。 渋沢栄一(武士、官僚、実業家、日本資本主義の父、現在の埼玉県深谷市にて、天保11年(1840年)誕生)

2017年7月 3日 (月)

梅雨時の夕焼け

庭の木々が、紅く照り映えていたので、外に出ると、美しい夕焼けでした。ただそれだけ。でも、明日は、雨かな?

Yuuyake2

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降)

cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばと地方?の梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun sun

今日の名言

人生は芝居のごとし、 上手な役者が乞食になることもあれば、大根役者が殿様になることもある。 とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。 福沢諭吉

2017年7月 2日 (日)

朝顔・ほおずき市

昨日、所用があり、お昼過ぎに雨が上がったところで、出かけて、ついでに、大回りして、川口緑化センター樹里安(& 道の駅)で、早々に、朝顔・ほおずき市が開催されているニュースを見ていたので、寄ってきました。

大規模なアトリウムの中で、浴衣姿のお嬢さんたちが販売されていました。朝顔は、行燈づくりで、格安の1500円なり(入谷の朝顔まつりでは、もっと高い)。お隣の岩槻(人形の街、現在はさいたま市岩槻区)産とのことでした。

所用だけのつもりで出かけたのでカメラは持ち合わせず、ガラ携で撮りました。coldsweats01

Asagaohoozukiichi1

なお、台東区の鬼子母神の前の界隈で開かれる入谷の朝顔まつりは、6~8日開催とのこと。人も朝顔もすごい数ですよ。

この時季に、もう大輪の花が咲いているので、たぶん、ハウスでの促成栽培でしょう。午後なのに、まだ、花が開いていました? このマジックは、開店(9時)直前に、トラックの中の暗闇から荷下ろしされたのかも? happy01

Asagao14

朝顔市 迷ひまよひて 濃きを買ふ  まだ残る 幼心と ほおずき市  良枝

このお方の句は、一輪草まつりでも観て、お名前を覚えていました。happy01

Asagaohoozukiichi3

もうすぐ七夕ですね。ここでは、もう、飾られていました。

Asagaohoozukiichi2     

ほおずきは、茨城県産と表示されていました。いっぱい実がついていて、850円だったかな。庭の鉢植えも実をつけていますが、たくさんはついていないので、なにかひとつは、ということで、これをいただいてきました。朝顔は、庭で育てているので、今年はやめました。

Hoozuki10

赤い実が、怪しげな提灯のように見えることから、”鬼灯”とも書きますね。ホオズキの名の由来は、いくつもあるようですが、赤い頬に見立てて、(顔つき、目つきと同じく)頬つきが有力だとか。

夏の風物詩を、束の間、楽しんでから、向かいのJAさいたまの農産物直売所で、きゅうりの苗と野菜を求めてきました。畑で、きゅうりは作っていますが、日持ちしないのですよね。そこで、スズムシの毎朝の給餌用に、小さくてもいいので、庭でなればいいのでということで、早速、今朝、プランターに植え付けました。happy01

気象庁による梅雨入り宣言後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降)

cloud cloud sun sun sun sun cloud sunsun sun sun cloud sun sun rain sun sun sun cloud sun sun しらこばと地方?の梅雨入り宣言 6/28rain cloud cloud rain sun

今日の名言

人間には不幸か、貧乏か、病気が必要だ。でないと人間はすぐに思いあがる。 ツルゲーネフ(ロシアの小説家)

2017年7月 1日 (土)

今日の名言

二十代の頃より10倍金持ちになったという六十代の人間を見つけることは簡単だ。 だが、そのうちのだれもが10倍幸せになったとは言わないはずだ。 バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »