« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »

2017年6月17日 (土)

拘ることもなけれども

梅雨入り後の毎日の正午現在(当地、埼玉県南東部、6/7以降) cloud cloud sun sun sun sun cloud sun sun sun sun

今日は、昼下がりの30℃の中、いつもの公園へ散策に行きました。このところの空梅雨で、湿度はなく、まさに、(旧暦でいう)五月晴れ。池の水位は、いつもより、50cmも下がっていました。

というのも、○○じいさんのブログで、ネムノキの花を見て、公園の花はと思って出かけましたが、こちらはまだ、蕾でした。

Nemunoki7

高いところで咲きますが、やっと手が届くところの枝を引き寄せて撮りました。

Nemunoki8

今月中には、ひとつの花茎からこんな花が咲くはずです。このページで、左上の隅で、このところ、掲載している花です。

象潟(きさかた)や雨に西施(せいし)がねぶの花 芭蕉 西施:中国古代の四大美女のひとり

Nemunoki2

このあと、カワセミを狙って待機している方が、同じような趣味の方で、しばし、写真談義。

それから、公園では、頭上で、コシアキトンボの雌雄が乱舞していましたが、隣の蓮田にも、珍しいトンボがいないかと寄ってみました。トンボはいませんでしたが、蓮の蕾が、ちらりほらり、伸びていました。今月中には咲くでしょう。

Hasu35

ところで、蓮の葉って、どうして、こんなに大きな葉ができるのかご存知ですか。水の中から揚がると、左上のような巻紙のような形になります。そして、右下のように、左右から、巻紙をほどくように、次第に拡がります。今日のタイトル「拘ることもなけれども」の対象のひとつで、おもしろい葉の開き方です。

Hasu36ha

帰り道、いつものスーパーマーケットで買い物をしました。ジュンサイを目にして、買ってきました。これは、水煮したもので、昔、秋田へ出張した時には、生で青いのをいただいたことがあります。delicious よく見ると、やはり、葉が巻いている~ 科も属も違う水生植物なれど・・・

Junsai1

ようやく、アメリカチェリーではない、日本のサクランボが店頭に並んでいました。happy01 ずっと、山形県東根市の佐藤錦を、知人に贈ったり、取り寄せていましたが、いまは、贈答もやめていて、店頭で、買いました。

小さな恋人・・・ heart04

Sakuranbo1

Sakuranbo2

家に帰ると、メダカが、産卵中でした。尾部に、卵が見えるでしょ。この状態で受精して、ホテイアオイの根に産卵するでしょう。

Medaka34sanran

メダカの雌雄は、ここで、識別できます。

こちらは、♂。背びれに、横V字型に切れ込みがあり、腹びれが、幅広で、横にした台形型。

Medaka35osu

一方、♀は、背びれに切れ込みはなく、腹びれも、小さくて、横長の長方形。あっ、これも、産卵が始まっています。happy01

Medaka36mesu

ということで、さして、拘ることもなけれども、よく観れば、自然界は、面白いことがいっぱいですね。happy01

« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »