« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »

2017年5月 5日 (金)

植物園散策

先日は、神社で藤の花を観てから越谷市アリタキ植物園も訪ねました。植物学者、有瀧氏が国内や、海外の暖温帯性の植物を収集して植栽され、市に遺贈されたものです。

ご存命の頃から、公開されていました。その頃から、神社の参道沿いなので、何度か、入園させていただいていましたが、いまは、市で、標識や名札も付けられて、整備されています。

鎮守の森と植物園で、一帯は、広い緑地帯になっています。

入り口のベンチに座って・・・

Koshigayaaritakishokubutuen2_2

小一時間もあれば、ひととおり、観察して回れるほどの広さです。

トチノキの葉が、光を透かして、美しかったので・・・

Tochinoki5_2

少し先へ進んだところにあるベニバナトチノキは、早咲きで、見上げても高くて遠い位置で、咲いていました。これは、マロニエとも称されるセイヨウトチノキと米国産のアカバナトチノキの交配種だそうです。

Benibanatochinoki3_2

たくさん咲いていました。

Benibanatochinoki4_2

以前、ここで撮ったトチノキの花です。葉はトチノキが、花はベニバナトチノキが美しいです。

Tochinoki1_2

小道へ入り、白い花が咲いていて、ウツギと思いきや、ウラジロウツギと名札が付いていました。

Urajiroutsugi1_2

どれどれと、葉の裏を観ると・・・ たしかに白い。happy01

Urajiroutsugi2

ここには、いろいろな珍しい樹木がありますが、シダレカツラです。江戸時代に北上山地の早池峰山で発見されたカツラの突然変種だそうです。

Shidarekatsura1

葉は、当然ながら、丸っこいカツラの葉でした。happy01

Shidarekatsura2

椿には、変わった葉の品種があります。マイフィールドの禅寺には、葉がブランデーグラスのような球状のものがあります。また、葉の先が、金魚の尾のようなキンギョバツバキもありますが、これは、葉の裏側の主脈から、また葉柄が出て、やはり、金魚の尾のようになっています。椿の左には丸い葉、その上が、その変な葉っぱ。happy01

梵天葉椿と記されていて、どなたかが、その上に、取り消し線を引かれて、マジックペンで、ランチュウバ(葉)ツバキと書かれていました?? 金魚のなかでも、ランチュウとは・・・coldsweats01

Ranchuubatsubaki1

ツリガネカズラの花です。葛という名の通り、ツルは、あちらこちらと這い回っていました。

Tsuriganekazura2_2

草花もいろいろ咲いていました。

エビネ

Ebine5_3

タツナミソウの白花

Tatsunamisou7shirobana_2

このほかにも、ミヤマヨメナ(都忘れ)、ツボスミレ、ホウチャクソウ、チョウジソウなどなど。楽しい散策でした。

« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »