« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »

2017年5月13日 (土)

初夏のマイ・フィールド

昨日は、30℃前後の暑い中、汗をかきながら、マイ・フィールドのひとつ、川口市のふるさとの森一帯を散策してきました。

春の花は、ほとんど、姿を消して、初夏の花々が咲いていました。

キショウブの花が咲き始めています。今では、どこにでも、水辺に咲く花ですが、西アジアやヨーロッパから渡来したもので、帰化植物とは言わないで、環境省では、要注意外来生物に指定しているのだとか。なにか害を及ぼすのかな? きれいな花なのに・・・

Kishoubu6

しばしば見かける、コミスジが、2頭、剪定した樹木のチップが敷かれた道に舞い降りて、すぐ目の前で、じっくり、撮らせてくれました。

3本の白斑列があるので、三條(訓読みでスジ)で、これは、小さいので、小三條。

Komisuji5

Komisuji6

裏翅は、こちらが、色がよく撮れました。それと、昆虫なのに4本足です。タテハチョウ科の特徴で、前の2本は退化して短くて、感覚器官になっています。

Komisuji7

シランの花も群生していましたが、1茎だけを撮ってみました。

Shiran3

林の薄暗いところでこんな花も咲いていました。マムシグサです。猛毒の毒草だからか、名札が立てられていませんでした。coldsweats02

Mamushigusa1

花も蝮(頭部)なら、茎も蝮(腹部)・・・ よくぞ、マムシグサと命名せり・・・ coldsweats01

Mamushigusa2

ところで、もう、花期は終わっていましたが、これは、数年前に、同じ林で撮影した(マムシグサの近縁種の)ウラシマソウです。長く伸びているのを、釣り竿と長い釣り糸に見立てて、浦島太郎の連想からの命名です。

Urashimasou2

このあと、丘陵を車で走りあがって、いつもの禅寺へ・・・

境内や墓地には、イチハツの花がいっぱい咲いていました。これは、中国原産ですが、ふつうの帰化植物扱いです。キショウブは、繁茂するからやっかいもの扱いなのかも。

アヤメの仲間では、一番早く咲くので、イチハツ(一初)・・・ happy01

Ichihatsu1

そのイチハツなどを観ながら、興禅院の墓地の奥へ進むと・・・ スダジイ(昔は、炒っておいしく食べた、椎の実がなる木)の巨木があり、いまは、かなり、枝を伐採されていましたが、日本有数の植木の町の職人さんがかかわられているので、大丈夫でしょう。樹の根元を養生するためでしょう。立ちすだれがかけられていました。

Kouzenin11

巨樹の根元に抱かれて、優しいお顔で、眠っているようにも見えるお地蔵さまがいらっしゃいます。寺院は室町時代の建立で、このお地蔵さまは、およそ300年前(元禄時代)に彫られたもので、この樹の下に佇んでいる間に、樹に抱かれてしまわれたとのこと。

Kouzenin12

興禅院の「抱き地蔵」と称されています。大きさは、3~40cmでしょうか。スダジイが元気を取り戻せば、いつしか、樹木にすっぽり包まれてしまわれることでしょう。confident

Kouzenin13

このあとは、また、いつもの植物センターを一巡りしました。続きは、また、明日にでも。

« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »

名所/公園」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、しらこばとさん。

本当に…とても安らかなお顔をなさってますね。
まるでお地蔵様が、巨木に守られてるようですconfident
そして、巨木もお地蔵さまに守らて、ずっと続いていくのでしょうね。
生きてるんですね…支え合ってるんですね…
自然って、神秘です…

こんにちは。

境内には、樹木葬の案内の幟が立っていました。
お地蔵様も、あと100年もすれば、まさに、すっかり、大樹の懐に抱かれてしまわれて、成仏?されるのでしょうかね。coldsweats01 そして、みんな忘れたころ、大樹の命も尽きて、朽ちてしまったとき、キリストのごとく、復活されて、みんなが驚く・・・ってなことになる・・・confident

ころたんさんも、初夏をお楽しみください。
今日は「母の日」。なにか、プレゼントされましたか。happy01

こんばんは、しらこばとさん。

お返事、遅くなりました…
母の日は、特に何もしてないです。
一緒に住んでるからか、
日頃、自分が欲しい物があったときに
買ってあげたりしています。
だから、母の日とか誕生日とか決まった日に
何かしたことはないかな…coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の名言 | トップページ | 今日の名言 »