« 白き蒲公英 | トップページ | 今日の名言 »

2017年4月 7日 (金)

桜に関する名言

梅は匂い、桜は花、人は心ぞ、振りいらぬ 詠み人知らず(日本の古典的名言)

明日ありと思ふ心のあだ桜、夜半(よわ)に嵐の吹かぬものかは。 親鸞

さまざまの事思ひ出す桜かな 松尾芭蕉

たのしみは 春の桜に 秋の月 夫婦仲よく 三度くふめし 5代目市川団十郎(江戸時代の歌舞伎役者)

花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かれど 風も吹くなり 雲も光るなり 林芙美子(小説家、代表作のひとつは、「放浪記」)

出る月を待つべし。散る花を追ふことなかれ。 中根 東里(江戸時代の儒学者)

人の行く裏に道あり、花の山 (しばしば、この上の句だけが、相場(株式などの投資)の格言になっていますが・・・) これには、下の句があります。 いずれの道も、散らぬ間に行け (茶人、千利休)

« 白き蒲公英 | トップページ | 今日の名言 »

名言」カテゴリの記事