トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月30日 (日)

GWの一日

今日は、新たなご親戚の皆さんと、池袋で会食・・・ 久しぶりの電車と、ゴールデンウィーク2日目の人出で、少し疲れはしましたが、美味しい料理&beerに、ご主人は文筆家の方で、新鮮な話題が興味深く、楽しいひと時でした。

池袋は、しらこばとは、これまであまりなじみのない街で、不案内でしたが、おもしろい?駅なんですよね。西口(東武方面)、東口(西武方面)の案内表示・・・?? そう、百貨店も、西に東武、東に西武。smile そのせいではないのですが、早めに駅までは着いたものの、その先がわからな~い。少し遅刻とあいなりました。そんなわけで、街の写真は撮れませんでした。coldsweats01

帰宅すると、植木鉢が風で倒れていたので、片づけをしていて、気づきました。

エビネがひと茎、開花していました。わが家へ来た経緯から、肥前エビネの一種です。

Ebine4

タツナミソウも咲き始めました。種が飛んで、あちこちで、咲いています。

Tatsunamisou5

花姿のとおり、立浪草ですね。happy01 シソ科の植物だそうです。

Tatsunamisou6

いまどき? 秋の七草のひとつ、ナデシコの花も数輪咲いています。これは、園芸品種の四季咲きといっても、4~9月ごろまで、ぽつぽつと、咲き続けます。

Nadeshiko9

GWに動かなくてもいい、毎日が日曜日の身分ですが、お天道様と相談しながら、近場を探求します。春、春と浮かれている?うちに、今年も端午の節句が、立夏ですね。

夏めくや 庭土昼の 日をはじき 星野立子

今日の名言

人生は、十段変速の自転車のようなもの。誰もが、自分が持っているものの大半は使っていない。 チャールズ・モンロー・シュルツ(米国の漫画家、代表作「ピーナッツ(チャーリー・ブラウンと彼の飼い犬スヌーピーで有名)」)

2017年4月29日 (土)

みどりの日、いや、昭和の日

今日は、畑にはだれもいませんでしたが、お隣の畑で、キジ(♂)に出合いました。それも、一瞬のこと。happy01

Kiji24

左の野菜は、ネギ、それもいまでは、ネギ坊主・・・

Negi6

そうしているところに、同じ世代の方が、ハーレーダビッドソン・・・ いや、ホンダのかっこいいオートバイクでしたが、しばし、鳥の話・・・ あなたの赤い車rvcarは、キジに襲われるよと言われました・・・coldsweats02 先日のNHKのテレビで、郵便屋さんの赤いバイクと緑のズボンを、キジが(恋敵と思って?)襲っていたのを、しらこばと同様、観ておられたようでした。coldsweats01

近くの(越谷市と吉川市の間を流れる)中川の岸辺には、白鷺のコロニーがあるのは知っていましたが、いまでは、300羽ほどもいて、いまは、つがいが巣作りの真っ最中と教えてくれました。近いうちに行ってみます。

畑の周りの田んぼには、用水が、昨日あたりから流れ始めたようです。早速、トラクターが代掻きをしていました。

Shirokaki1

コロニーから来たのか、もう早々に、南の国から渡ってきたチュウサギが数羽、掻き出されたエサを求めて、飛来していました。

Chuusagi26

Chuusagi27

Chuusagi25

いつも見慣れたハクセキレイも何がお目当てか?と思いきや・・・

Hakusekirei11

新鮮な水で・・・

Hakusekirei12

あ~、さっぱりした~ わかるわかる happy01

Hakusekirei13

雲行きが怪しくなってきたのだけれど、鯉幟を観に、少し遠回りして、(この先で、中川と合流する)元荒川へ・・・

Motoarakawa10koinobori

これは、近くの幼稚園と小学生の作品で、いつもながら太っちょの鯉幟り・・・

Motoarakawa11koinobori

このあたりは、いにしえの奥州街道沿い。徳川家康も鷹狩で訪ねてきては、宿泊して、そのときの寝具も遺されている大相模不動尊大聖寺の裏手にあたる不動橋からの眺めです。

Motoarakawa12koinobori

日中は25℃を超えて、帰宅したら、真っ青な空。水撒きをしたものの、雷の音も聞こえ出して、すぐにひと雨降って、天気予報のとおり、不安定な夕方でした。

今日の名言

現実の自分よりも理想の自分を愛しなさい。そして理想の自分で、他人と接するべきです。これが他人から評価される秘訣です。 ジョセフ・マーフィー(米国で活動した英国出身の著述家、牧師)

2017年4月28日 (金)

モミジの若葉

趣味の世界ですが、モミジ(植物学では、カエデ)の若葉も美しい季節です。しらこばとが育てているのは、地植えと、ミニ盆栽で、わずか、6、7種類ですが、それぞれに、特徴があります。

これは、変わり種の”雄獅子”という品種です。

Momiji67ojishi

Momiji66ojishi

こちらは、地植えの”五月紅”。人の手に例えれば、爪先が、少し紅く染まっています。

Momiji63satsukibeni

これも、地植えですが、実生の枝垂れの葉です。

Momiji64shidare

こちらは、紅葉がもっとも美しい(と思っていますが)”秋華”という品種です。

Momiji68shuuka

紅葉したときの落ち葉です。

Momiji59shuuka

これは、紫色に紅葉?するモミジの実生です。

Momiji65

秋には・・・

Momiji58

モミジの代表は、イロハモミジですが、色も形もさまざまで、川口市安行の小林モミジ園、たぶん、日本最大のモミジ専門業者には、400種以上もあります。

日本では、盆栽なんて、という若者が多いようですが、今日のNHKでも、埼玉県内の盆栽村(さいたま市大宮)で、若い外人さんが夢中になっている光景を観ました。小さな盆栽に、大きな自然を感じる・・・ 皆さんも始めてみませんか。happy01

今日の名言

成功する人は、いつも他人を助ける機会を探している。成功しない人は、いつも「それは私にどんな得があるの?」と尋ねる。 ブライアン・トレーシー(カナダ出身で米国でも活躍しているモチベーション・コーチ、コンサルタント、作家、実業家)

2017年4月27日 (木)

白い花、ふたつ

趣味の園芸ですが、先日、掲載したシロバナタンポポ、シロヤマブキをはじめ、珍しい白花に、なぜか興味があって、育てています。

これは、白いスミレです。アメリカスミレサイシンの園芸品種で、ビオラ・ソロリアのひとつ、流通名:スノー・プリンセスです。

Americasumiresaishin2snowprincess

いっぱい蔓延るのですが、枯れないように、ふたつのプランターに植えていて、今日は、お隣にひとつ差し上げました。

ツマグロヒョウモン(蝶)の幼虫は、スミレ類が食草ですが、スミレはスミレでも、どこか、違いを感じるらしく(外来種ゆえ、あまり、使われなくなった言葉ですが、バタ臭いのかなcoldsweats01)、これには、ほとんど、産卵しません。幼虫に餌として与えると、食べるのですが??

Americasumiresaishin1snowprincess

もうひとつは、ミヤマヨメナというよりも、園芸品種名の”都忘れ”の方が、なじみのある名前ですね。普通種は、紫色ですが、これは、その白花です。なんと、わが家で、鉢植えながら、忘れずに、細々と、16年も生きながらえています。happy01

Miyakowasure2

これは、4年前の写真。また、復活させてあげなければ・・・

Miyakowasure1

今日の名言

君たち、漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。一流の映画を観ろ、一流の音楽を聴け、一流の芝居を観ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ

手塚治虫が、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫などトキワ荘のマンガ青年たちに言った言葉です。

そう言われて、みな、食費を切り詰めても、一流の文化を学び続けたのだそうです。そして、彼らは皆、ご存知のとおり、超一流の漫画家になったのでした。

2017年4月26日 (水)

初燕

今日は、先に控えたお祝いの席に備えて散髪に行きました。まだ、なんとか、七三に分けることができます。coldsweats01 ゴールデン・ウィーク中に薬が切れそうで、かかりつけのクリニックにも行ってきました。ほかのふたつの薬(血圧と血糖値)はともかく、リスミーという軽い睡眠薬sleepysleepyがないと、翌日、快適に過ごせないのです。 coldsweats01

それはともかく、車の中から、燕を見ました。

初燕 宙に十字を 切りにけり 功雪 ”十字を切る”はカトリックの信徒のふだんの所作です。♰

巣作りをするために、田んぼで、土を啄んでいました。命がけの北帰行で、帰ってきたとたんに巣作りのための、けなげな姿に感動・・・ confident

写真は、昔撮ったものです。

Tsubame6

Tsubame5

Tsubame1

この夏も、町内で、このような写真が撮れますよう・・・

今日の名言

愛は思いがけず舞い込んだりしないもの。アマチュア無線程度の合図は送った方がいいわ。 ヘレン・ガーリー・ブラウン(米国の作家、編集者)

2017年4月25日 (火)

ヒメウツギとアマドコロ

卯月は、新暦でも四月の呼び名になっていますが、ほんとは、旧暦の四月ですね。早々に、鉢植えの卯の花(うつぎ(空木)、これは、ヒメウツギです)が、咲き始めました。

地面に向かって45度ほど、垂れ下がって咲くので、下から仰いで撮りました。

Himeutsugi5

芭蕉のお供をした曾良は、”卯の花を かざしに関の 晴着かな”と詠んでいます。ホームページを検索しての転載ですが・・・coldsweats01 「この関を通るとき、古人は冠を正し、衣装を改めたというが、私にはこのような用意もないので、せめて卯の花を髪にかざして関を通ることにしよう」と解釈されていました。この関とは、義経ともゆかりがある、奥州三関のひとつ、白河の関(福島県白河市)のことですね。

もうひとつ、わが家の玄関先では、アマドコロも咲いています。園芸店では、鳴子ユリの名で売られていますが、よく似ていますが、ナルコユリは茎が丸く、アマドコロは、少し角ばっています。

Amadokoro5

今日の名言

太い筆で細かい字を書く、これが 人生を渡る秘訣だ。 安岡正篤(陽明学者、思想家、多くの政・財界人を指南していたといわれる。1983年(昭和58年)没)

このあとに、しかしそれには充分の力量がなければならぬ。と続いています。

2017年4月24日 (月)

青葉若葉のいい季節

昨日、日曜日、絶好の日和だったので、畑へ行くと、相棒は、カボチャの植え付けを思案中。初めてではないものの、株の間隔と、蔓をどのように伸ばしたものかなと言うので、i Padで検索して、教えるというよりも伝えているところに、キジが、ノイバラの茂みで、ケッケーン・・・ 姿は確認できず・・・

「この前は、♀を5羽も従えていたぞ」と言う。「その前は、2羽の♂が格闘していた」とのこと。縄張り争いで、どちらかが、降参して逃げるまで、激しく争うようです。畑の手伝いよりも、キジを探しにまた近々ということにして、サニーレタスとブロッコリーを収穫してきました。

数年前に撮った写真です。

Kiji10

Kiji9

それから、いつもの公園へ。途中、霊園の藤棚を思い出して、立ち寄ると、いい香りが漂っていました。上の方から開花し始めて、房の先の方へと順に咲きますが、5、6分咲きでした。

Fuji5

足元で、タンポポの綿毛を見つけて・・・camera

Tanpopo6

それから、お参りをして、立ち枯れの木を切ったあと、なにも植えるようでもないので、お彼岸に、植えさせてもらった椿”玉之浦”を確認。たぶん、大丈夫、枯れることはなさそう。少し大きくなって、花がいっぱい咲くまでは、生きることにして・・・ coldsweats01 バックは、ベニカナメモチ(レッドロビン)で、いままさに、真赤な新葉がきれいなときです。

Tsubaki33

公園の駐車場は、いっぱいで、ルール違反も大目にみてもらえるようで、やむをえず、線が引いていないところに駐車。

エントランスのメタセコイアの並木も、まさに、目には青葉・・・でした。

Metasequoia9

こちらは、ケヤキで、目が覚めるような若葉でした。ちょうど、このあたりでは、成田か羽田発の飛行機のルートにあたり、ほぼ5分おきに通るので、折角だから真上に来たところで、パチリ・・・

Keyaki10

クスノキもたくさん植えられています。これまた、常緑樹の若葉の季節ですが、交代するように、この時季、落葉しますね。

これは、先日、上野公園で、落ち葉がびっしりなのに気づいて、撮った1枚です。

Kusunoki2

こちらの公園の池では、まだ、ハシビロガモとヒドリガモが、20羽ほどいました。以前にも、同じ拙句を載せましたが、”日高し 連れはいづこか 残り鴨”・・・ coldsweats01

ハシビロガモの♂です。渡ってきた頃は、水の面に紅葉が映えていましたが、いまは、緑・・・

Hashibirogamo23

キジたちはheart04の季節、こちらは、水も温み、鯉の季節です。smile 子どもたちが投げるパンくずに集まって来ていました。そして、空にも、鯉が幟る、お節句も間近ですね。happy01

Koi7

今日の名言

過去ばかりあれこれ思い出して、センチになっているわけには行かない。自分は現在に、未来に生きなければならないのだ。 植村 直己(登山家、冒険家)

たしか、アラスカのマッキンリー登頂後、行方不明になられた1年前に、勤めていた会社のセレモニーで(武蔵野市民文化会館だったかな~)講演されたのをいまも懐かしく思い出します。まだまだ、探検魂で活躍して欲しかったです。confident

2017年4月23日 (日)

今日の名言

生きてりゃいいさ 生きてりゃいいさ そうさ生きてりゃいいのさ 喜びも悲しみも立ち止まりはしない 巡り巡ってゆくのさ。 河島英五(シンガーソングライター、俳優)

2017年4月22日 (土)

今日の名言

人生には三つの段階がある。青少年期、中年期、そして「まあ、何てお元気な」と言われる時期。 ネルソン・ロックフェラー(元ニューヨーク州知事、アメリカ合衆国第41代副大統領)

穀雨の時季の花

4月20日は、24節気のひとつ、”穀雨”でしたが、庭では、例年通り、牡丹と白雪芥子の花が咲きました。

わが家の牡丹は、花弁がやや少ないのですが、その名も、”花遊”という品種です。

Botan23hanaasobi

もうひとつ、友人にいただいて12年。若いひとりの仕事仲間が早世して、忘れもしない、浅草のお寺へ、お墓参りに行った日に、お土産にいただいたものです。

その名は、白雪芥子(ケシ)。ケシの花に似ていなくもありませんが、その名のとおり、ケシ科の植物です。

Shirayukigeshi8

Shirayukigeshi9

もうひとつは、アケビの葉です。拝読している方の記事に、新芽は山菜だと記されていました。公園で拾った実から、その種を植えて、実生で10年ほどになります。お隣との目隠しになっていますが、毎春、新芽が伸びると、適度に、摘んで、伸びを止めていました。その新芽が、山菜だとのこと。昨夜は、その新芽を湯掻いて、ゴマ和えにしていただきました。delicious お教えいただいた方、ありがとうございました。

Akebi2

ところで、昨日は、眼科の医院へ行きました。このところ、目が、かすむというか、どうも、はっきりしないし、瞼が少しながら、痒くなったりするので、診てもらってきました。ひとつには、パソコンやiPadや本を見てばかりで、どうやら、眼精疲労のようです。目薬と瞼に塗る薬を処方してもらってきました。1、2週間、様子見と相成りました。

そんなことで、いいね!やポチッとを失礼する日がありますが、ご容赦ください。

2017年4月21日 (金)

関東タンポポ

間違いなく、関東タンポポの花が咲きました。happy01 先日、シロバナタンポポを掲載しましたが、昨年来、綿毛の種から育てていたもうひとつの関東タンポポの一輪が咲きました。昨春、埼玉県生態系保護協会主催の「環境カレッジ」の受講で、埼玉県中央部の公園で、すべて、関東タンポポですよと教えられて、綿毛を失敬してきて、プランターで育てていたものです。

Kantoutanpopo9

どこでも見かける西洋タンポポと異なるのは、まず、この花茎の高さです。西洋タンポポは、地面に這いつくほど、花茎が短いと思います。

Kantoutanpopo10

もうひとつは、総苞外片(緑の部分)が、開花しても反り返らないところで、同定できます。

Kantoutanpopo11

昨春、埼玉県南部のとある公園で、関東タンポポと標識があったものを育てて、掲載しましたが、西洋タンポポと、一部、交雑したものではないかと思います。再掲載します。

関東タンポポ??

Kantoutanpopo7

しらこばとは、こんなことに拘って、植物や野鳥や昆虫を観察して、楽しんでいます。happy01

2017年4月20日 (木)

今日の名言

人間は負けたら終わりなのではない。やめたら終わりなのだ。(A man is not finished when he is defeated. He is finished when he quits.) リチャード・M・ニクソン(アメリカ合衆国第37代大統領)

2017年4月19日 (水)

上野恩賜公園、国立科学博物館

昨日は、午後から、天気もよく、気温も上がったところで、上野公園までドライブ。目的は、先月からネットでチケットを購入していた「大英自然史博物館展」の鑑賞でした。事前予約限定のポケットガイドをいただきました。happy01

Naturalhistorymuseum1

上野のお山は、さすがに、ソメイヨシノは、青葉若葉になっていましたが、八重桜がまだ楽しめました。

Yaezakura1

寛永寺の清水観音堂の裏手では、ツツジが咲いていました。

Tsutsuji6

清水観音堂は、不忍池に向かって建つ、朱塗りのお堂ですが、いい季節なので、正面へ回ると、ボタンの花ももう咲いていました。

Botan21

歌川広重も浮世絵に描いた「上野山内月のまつ」

Tsukinomatsu1

再現されている月の松

Tsukinomatsu2

奥に見える青緑の建物は、不忍池の弁天堂です。望遠で撮りました。

Shinobazunoikebentendou2

いつものように、正岡子規記念球場の外の道を・・・ 道側の小さな句碑には、おりしも、この季節の句、「春風や まりを投げたき 草の原」と刻されています。打者、走者、直球などは、彼の訳語だそうで、選手ではなくても、野球殿堂入りをしています。

途中、シャガやヤマブキの花を眺めつつ、博物館に到着。

ロンドンの大英博物館付設の大英自然史博物館所蔵の、しばしば、Treasuresと記されていましたが、自然界の”至宝”の数々、動植物・鉱物を鑑賞してきました。

フラッシュ禁止ながら、撮影は自由でしたので、いくつも撮ってきましたが、光量不足で、うまく撮れませんでした。

これは、およそ5億年前のカンブリア紀の三葉虫の化石・・・ 交尾している状態で複数の三葉虫

Sanyouchuu1

これは、100年ほど前まで、日本・韓国の沿岸に生息していたニホンアシカ。捕獲され続けて、いまは、絶滅。

Nihonasika1

モーリシャス島に人間が上陸して90年後に、こちらも絶滅したドードー。

Dodo1

イギリスのシジミチョウ。これは、いまも生きている蝶でしょう・・・

Shijimichou1

これが、今回、日本初公開の、鳥の先祖の始祖鳥の化石です。素人には、部位がよくわかりませんが、恐竜から鳥類へと進化したことを示すもので、発見された当時、ダーウィンが進化論を展開していて、奇しくも、その証明見本となったものです。世界で10体ほど見つかっているとのこと。三半規管が発達していて、平衡感覚はすぐれていて、視覚も発達していたようです。

このところの画像技術の進歩で、壁面に、もちろん、3Dのリアルな動画が映されていましたが、羽ばたいて、飛んでいました。

Shisochou1

まだありますが、割愛。地球の歴史上、恐竜に代表されるような大量絶滅は、5回ほど起きたそうです。そして、今。人類による6回目の危機だそうです。

館内でも、しばしば、掲示されていましたが、動物も植物も”多様性”、つまり、幅広く性質の異なる群が存在し続けなければならないということです。鉱物も、現生人類が、かなりの物質を消費しきっていますが、はたして、その結末は・・・ confident

そして、出口には、シロナガスクジラがいました。シロナガスクジラは、地球上に、これまで存在した最大の動物だそうです。体長30m前後。捕獲する前は30万頭ほどもいて、捕鯨禁止で、いま、ようやく数千頭くらいに増えているようです。

Shironagasukujira3

体の割には、小さな小さな目で、花見をしていました。happy01

Shironagasukujira4

それから、入館無料のシニアは、東京国立博物館を一巡り。表慶館の裏手では、柳と八重桜のコラボを1枚・・・

Yanagi3

名前を知っている桜に気づきました。盛りは過ぎていましたが、イチヨウという美しい八重桜です。

Sakura84ichiyou

11時半に家を出て、ちょうど、半日のお遊びデーでした。happy01

今日の名言

愛する人の欠点を愛することのできない者は、真に愛しているとは言えない。 ゲーテ

2017年4月18日 (火)

今日の名言

人の心を思いやるということ。相手を信じ、待ち、許してやること。それが愛というもんや。   (かなり昔の)テレビ・ドラマ『スクール☆ウォーズ』 より

2017年4月17日 (月)

シロヤマブキ

庭の隅で、今年も、シロヤマブキの花が咲き出しました。落葉小木で、高さは、1mほどです。花数も少なく、わが家のは、20数輪ほど。中国地方の限られた、石灰岩がある山地に、自生しているそうです。

ヤマブキの花に似ていますが、バラ科シロヤマブキ属で、ヤマブキとは、属が異なるとのこと。

華やかさはない、楚々とした4弁花です。なお、一重のヤマブキは、黄色(まさに山吹色)の5弁花で、八重もありますね。

Shiroyamabuki8

なぜか、花弁と同じく4つの黒い実がなります。なかなか、落果しない性質があり、翌春まで付いていることも。

Shiroyamabuki7

今日の名言

自分の価値観で人を責めない。
一つの失敗で全て否定しない。
長所を見て短所を見ない。
心を見て結果を見ない。
そうすれば人は必ず集まってくる。

 吉田松陰(長州藩士、思想家、教育者、没後の明治維新の精神的指導者、享年(満)29)

2017年4月16日 (日)

ハナミズキ

庭のハナミズキが開花し始めました。二階のベランダからも見上げる高さで、このようなアングルになりました。

ご存じのとおり、東京からワシントンへ贈られた桜の返礼として贈られてきた木ですね。別名、アメリカヤマボウシ。

Americayamaboushi33

四弁花(正確には、花弁ではなくて、総苞)の開花直前は・・・

Americayamaboushi32

去年、撮ったこちらが、わかりやすいかな? 4弁が、むすんで、ひらいてnotes・・・です。smile

Americayamaboushi1

このところ、古いアルバムの整理に着手したところですが、アルバムの3分の1ほどは、モノクロです。coldsweats01 ということで、1枚をモノクロにしてみました。色は、脳裏で再生するもまたよきかな。happy01

Americayamaboushi312

と言いつつも、実際は・・・ coldsweats01

Americayamaboushi31

今日の名言

愛してるとは何回も言ったけど、ありがとう、とは言った事がなかった。 米国、ジョン・マクレーン(架空のキャラクター) 映画「ダイ・ハード」より

2017年4月14日 (金)

庭の草木と先の事

今年は、よい時季に雨天・曇天で、桜花爛漫を観ることなく、4月も中旬となりました。一昨日、畑の向かいの桜を観に行きましたら、葉桜になりつつあるところでした。被写体にはなりませんでした。

桜ではなく、梅の話ですが、狭い庭の隅で、毎年、開花して楽しませてくれていた樹齢50年ほどの梅が、この数年、元気がなくなっているのが、気になっていましたが、枝落としをしようとしたところ、幹の中が、空洞になっていました。とほほほほ。やむなく、根もとから切断。

でも、命をつなぐには・・・と思い、ネットで調べたところ、梅も挿し木ができるとのこと。発根の確率は低いようですが、プランターに、挿し木用の土を入れて、挿して、様子を見ているところです。若い枝から発芽はしていますが、果たして、根付くものやら・・・ 数本でも、根が出たら、ミニ盆栽にでもします。花を観ずして、しらこばとが、たぶん、先に逝くかもね~happy01

Ume90 品種: 花香実

いま、別のプランターでは、ヒヤシンスとチューリップが咲いています。このところの風雨で、折れたり、倒れたりで、全体は、様になりませ~ん。coldsweats01

Hyacinthus6

Tulip27

梅の木と同様、しらこばとも、そう先は、長くないので、このところ、庭の草木の整理も始めました。家の中も、これから必要なものだけで、アルバムや衣類や食器の類も、整理(廃棄)し始めました。独居シニアなので、そのあとのことは、病んでいなくても入れる施設をネットで、目下探しているところです。ひとつ、部屋ごとに庭もある、とてもよさそうな施設を見つけたところです。いますぐでは、ないのですけれど・・・

どうせ、あちらへは手ぶらで行く (城山三郎の著書のタイトル) happy01

今日の名言

よろこぶ、というのも一つの習慣じゃないでしょうか。それに習熟することが必要な気がするのです。 五木寛之著「生きるヒント」より

2017年4月13日 (木)

今日の名言

生きることで老いる人はいない。人生に興味を失うことでのみ老いるのである。  マリー・ベイノン・レイ(心理学医師)

2017年4月12日 (水)

満月、そして、イースター

みなさんご存じのイースターが近づきました。しらこばとの部屋にも、ちょっぴりカラフルな卵を置きました。happy01 イースターは、イエス・キリストの「復活の日」ですね。♰

イエス・キリストは、神の子として、聖母マリアの体で受肉して、人として生まれたとされています。誕生日が、クリスマス(降誕祭)。そして、30代半ばにして、人々の原罪を背負い、十字架にかけられましたが、3日目に復活したとされています。キリスト教では、降誕祭よりも復活祭が重要な日となっています。

2000年以上ものはるか昔(日本では弥生時代中期、しらこばとの故郷では、吉野ケ里遺跡の環濠集落ができたころ)のことで、現代の科学から見れば、神の御子が聖母マリアの体で受肉して、死して復活とは、不可思議なことながら、信仰とは、それらに、科学的な疑いをはさまず、ただただ信じることだろうと、思います。

日本には八百万の神々がいて、さらに、大日如来を本尊として、数多の仏さまがいます。それぞれのいわれに、疑念を抱かないことと同じでしょう。confident

なお、イースター(復活祭)は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日と決められています。そして、今宵(12日)は、満月 fullmoon ということで、次の日曜日(今年は16日)が、復活祭の日です。復活祭が、4年に1回ほどの頻度で、3月の年もあります。(昨年は3月27日でした)

なお、イースターの卵は、命の誕生を意味しています。イエスの復活を、固い殻を破って、雛chickが孵ることと重ね合わせたのでしょう。

Easter_egg1

それでは、Good bye ( = God be with you.  神のご加護がありますよう! の短縮形 smile)

2017年4月11日 (火)

今日の名言

哀しみで自分をすり減らしちゃいけない。死んだ人は死んだ人。人生は生きている者のためにあるのだから。 映画「愛と死」(武者小路実篤原作の「友情」と「愛と死」をもとに山田太一が脚本化)より

2017年4月 9日 (日)

今日の名言

あなたが他人の利益を一番に考えて、自分の時間や心をささげているなら安心してよい

肝心なときには、必ず天が、あなたに味方してくれるはずだから

リチャード・バックミンスター・フラー(米国の思想家、デザイナー、建築家、発明家、詩人)

2017年4月 8日 (土)

盆栽の桜

昨秋、求めた桜で、盆栽共同販売センターのおばさんに「来春の開花は、期待しないでね」と言われていましたが、なんと、みごとに咲きました。happy01

豆桜(マメザクラ)の一種、枝垂れの”富士桜”です。鉢は、手のひらに載るほどのミニ盆栽です。花の色は、淡いピンクと白です。開花後、白からピンクに変化するのかは、未確認。

その名の通り、富士山の山麓や箱根に自生しているそうです。低木の桜です。

当地では、ソメイヨシノcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomが見ごろのはずですが、今日も雨天・曇天で、行かずじまい。先日、通りがかりで、伝右(でんう)川沿いの7、8分咲きの桜並木を見ただけです。皆さんのブログで、お花見をさせていただきます。coldsweats01

Sakura83fujizakurashidare

Sakura82fujizakurashidare

今日の名言

心と心がふれあって、なんにもいわずにわかること、ただそれだけのよろこびが、人生至上の幸福さ。 柳瀬 嵩(やなせたかし)(漫画家 代表作:アンパンマン、絵本作家、イラストレーター、詩人)

2017年4月 7日 (金)

桜に関する名言

梅は匂い、桜は花、人は心ぞ、振りいらぬ 詠み人知らず(日本の古典的名言)

明日ありと思ふ心のあだ桜、夜半(よわ)に嵐の吹かぬものかは。 親鸞

さまざまの事思ひ出す桜かな 松尾芭蕉

たのしみは 春の桜に 秋の月 夫婦仲よく 三度くふめし 5代目市川団十郎(江戸時代の歌舞伎役者)

花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かれど 風も吹くなり 雲も光るなり 林芙美子(小説家、代表作のひとつは、「放浪記」)

出る月を待つべし。散る花を追ふことなかれ。 中根 東里(江戸時代の儒学者)

人の行く裏に道あり、花の山 (しばしば、この上の句だけが、相場(株式などの投資)の格言になっていますが・・・) これには、下の句があります。 いずれの道も、散らぬ間に行け (茶人、千利休)

2017年4月 6日 (木)

白き蒲公英

栽培しているシロバナタンポポの花が、数日前から咲き出しました。まだ5輪ほど・・・

とある公園で、綿毛をひとかたまり、失敬して、以来、殖やし続けていますが、あの綿毛の種の発芽率は、あまり、良くなくて、3年で、ようやく、30株ほどになりました。これでもう十分なれど・・・ happy01

逝きし日に 白き蒲公英の 花咲きぬ 功雪

Shirobanatanpopo7

綿毛は、まん丸ですが、4cmほどの花(舌状花の集まり、花冠)は、ほかのタンポポに比べて、舌状花が不揃いで、やや少ないです。朝開いて、夕方、萎み、数日咲きますが、曇天や雨の日は開きません。自分で天気予報もするという賢い花です。confident

花言葉: 「私を探して、そして見つめて」 だって・・・ happy01

Shirobanatanpopo8

2017年4月 5日 (水)

花のもとにて

パパさんと慕っていた人は、逝きました・・・ confident

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ  西行法師

ご存知かと思いますが、松尾芭蕉が畏敬していていた西行法師(平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての僧侶・歌人)の和歌ですね。

身近に、ご不幸に出会って、しらこばとも、できることなら、この季節に逝きたいと思ったことでした。

いま、愚息も含めて、だれにも迷惑をかけることなく、静かに、カトリック教徒として、帰天したいと思う、今日この頃です。

当地の桜情報ですが、さいたま市から東京・足立区あたりまで流れる伝右川では・・・

七、八分咲きでした。

Denugugawa1

Denugugawa2

今日は、思い立って、最期まで看取ってもらえる、それでいて、元気な中は、自由に、過ごせる施設をネットで調べて、問い合わせをしました。この何十年、何度、遊びに行ったことか数え切れない、那須の地を、最期の地と思い始めています。

亡き妻と老後の別天地を、那須に土地だけは用意していましたが、それは叶わずとも、食事や掃除やらすべて、ほぼ年金の範囲で、やっていただける施設をネットで探し当て、今日、電話しましたら、まだ、自立できている老翁も受け容れていただけるようで、先が、見えてきて、嬉しい一日でした。山つつじ満開の来月、伺いますと約束したことでした。happy01

2017年4月 4日 (火)

悲しいかな

施設での3年のボランティアの終わりの頃から、施設の方とは関係がない、ご高齢の数人のお話し相手をしていますが、そのおひとり、パパさんと慕っていた方が、2か月ほど入院して、亡くなられました。享年94歳。

昨日が告別式でした。身寄りが少なくて、ご健在のママさんこと、奥さんから、「告別式のご挨拶を私に代わってしてほしい」と頼まれて、親戚でもないのですが、受付も含めて、代理役を務めました。

このようなとき、一般には、ありきたりの文言が多いのですが、しらこばとは、亡き人の生涯に触れることと、もう一言添えるようにしています(この歳ともなれば、何度も、身辺で経験がありますconfident)。それを3分スピーチでまとめるために、なんども、Wordを使って、推敲しました~

先日も戦争のことに触れましたが、故人は、戦時中は、二十歳を過ぎた頃で、徴兵されて、器用さを買われて、飛行機の整備をしていたと聞いていました。いつだったか、”赤とんぼ”の話をされたので、ネットで調べて、こんな機体だったでしょうと写真にして見せたことがあります。通称、”赤とんぼ”は、戦闘機の訓練用の機体でした。(という言い方をしていますが、しらこばとは、まだ、乳飲み子のとき)

これが、赤とんぼです。陸軍用と海軍用の違いなのか?は存じませんが・・・

Akatombo1

Akatombo2

しらこばとは、それから、20数年後、大学で航空部に所属して、平和な時代に、かつての、赤とんぼの練習の場で、すでに荒れ果てていた滑走路を整地しながら、グライダーの練習をしました。

この写真は、赤とんぼの滑走路ではなく、一日、1便しかないような、とある空港でのわが雄姿?です。sweat01sweat02 coldsweats01 ぴったり、中央のライン上に着陸しているでしょう。happy01 あのころから命知らずではありました。happy01

Koukuu1

閑話休題

その機体整備をされ、多くの特攻隊も見送ったと聞きました。でも、辛い悲しい話で、それ以上のことは、あえて、思い出したくもないようで、話そうとされませんでした。

そのことを一言添えて、最後は、こちらは、いままさに、桜花爛漫の季節なので・・・

芭蕉の句、”さまざまの事思ひ出す櫻かな”で、桜の季節には、故○○さんを偲んでくださいませ、で挨拶の言葉にしたのでした。

しらこばとの実父は、享年92で、○○さんは94でしたが、しらこばと自身は、そんなに長生きはできないでしょうけれども、教えられたことは、規則正しい生活でした。耳が少し遠いだけで、健康診断で異常値はまさに皆無、歯はすべて自分の歯、昨年秋まで、グラウンドゴルフのプレイヤー・・・ ともかく、超人で、無欲で、心優しい方でした。いっしょに、オリンピック会場に足を運びましょうの願いが叶わなかったことが、残念でした。 合掌

2017年4月 3日 (月)

お金にまつわるお話

いつも掲載している名言の中から・・・

「あなたが一番影響を受けた本は何ですか」 「銀行の預金通帳だよ」 ジョージ・バーナード・ショー(イギリスで活躍したアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家)の回答

もうひとつは・・・

金は天下の回り物だ! ただ、いつもこっちをよけて通るのが気に食わん。  ツルゲーネフ「猟人日記」

という名言が”気に入っている”しらこばとです。happy01

ツルゲーネフにも比ぶべきもなく、いつも持ち歩く財布には、1~2万円しか入っていないしらこばとですが・・・ あっ、そうそう、クレジット・カードも入ってはいます。happy01 でも、その引き落とし口座も、雀の涙・・・ coldsweats02

そのような涙が出そうな話とは正反対のお話・・・

つい先日、購読している、とあるメルマガに、世界の富豪ランキングが掲載されていました。

1位 860億ドル(日本円にして、およそ、9.6兆円) マイクロソフト創業者 みなさん、Windowsでお世話になっていますよね。

2位 756億ドル(日本円にして、およそ、8.5兆円) 投資家 元手は、100万円だったそうです。

3位 728億ドル(日本円にして、およそ、8.1兆円) アマゾン創業者

4位 713億ドル ZARA(スペインのアパレルメーカー)創業者 義務教育だけの修了者だそうです。

5位 560億ドル フェイスブック創業者

日本人の上位4人

34位 212億ドル ソフトバンク創業者

60位 159億ドル ファーストリテイリング創業者

102位 123億ドル キーエンス創業者

250位  58億ドル 楽天創業者

ちなみに、トランプ米大統領の保有資産は35億ドル(およそ、4千億円)で544位だそうです。

このリストを見ていて思ったことは、ほとんどの人が、0からの創業者であることです。そして、これだけの資産をもちながらも、まだ、ビジネスに意欲をもっておられることです。もちろん、慈善事業をされている方も大勢います。

この拙いページの読者の、とくにお若い方へ・・・ チャンスはいっぱいあるということです。

しらこばとは、敬愛する作家、城山三郎氏の「どうせ、あちらへは手ぶらで行く」、そして、京都の龍安寺のつくばいにあった「吾れ唯だ足るを知る」

さらには、

楽しみは 庭にうゑたる 春秋(はるあき)の 花の盛りに 逢へる時 国学者、歌人の橘曙覧の独楽吟の一節
の心境ではあります。happy01

今日の名言 - 2017/04/03

未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。そして、時がもたらすものが何であれ、贈り物として受けよ。 ホラティウス(古代ローマ時代の南イタリアの詩人)

2017年4月 2日 (日)

人や国家を咎めることなかれ

しばしば、このココログでも、人や国家を中傷する記事掲載を少なからず、目にしますが・・・ 咎めることをしてはならないと、しらこばとは思いつつ、読ませていただいています。でも、米国ですら、大統領自ら、アメリカ・ファーストと言っているように、自分・自国が一番大事であるのと同じく、それぞれの国々も、自己防衛機能が働いています。

相手を指している人差し指、一方、親指は自分の方を向いているはずです。少なくとも、しらこばとは、そう思います。confident

近隣諸国の目に余る行動は、いまの日本からみれば、きわめて、異状なことではあります。しかし、悲しいかな、日本も、70数年前は、それ以前にも、国をあげて、非常識極まることをしてきました。幸いにも、今上天皇はじめ、現政府も、過去の過ちを反省して、平和国家が維持されています。

しかし、憲法改正?を主張している議員がいることも事実です。それも、どの条文をどう変えたいという意見や、持論もなく・・・ どうか、この平和憲法が、米国、マッカーサー元帥による素案に基づいていたとしても、これは、すばらしい、平和憲法です。

しらこばとは、安易に、憲法改正か改悪に同調したくはありません。過去の過ちを認めつつ、平和な日本国でありますよう・・・ confident

2017年4月 1日 (土)

今日の名言 - 2017/04/01

竹に節がなければズンベラボーで、とりとめがなくて風雪に耐えるあの強さも生まれてこないであろう。竹にはやはりフシがいるのである。
同様に、流れる歳月にもやはりフシがいる。ともすれば、とりとめもなく過ぎていきがちな日々である。
せめて年に一回はフシを作って、身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。
そういう意味では、お正月は意義深くて、おめでたくて、心もあらたまる。
                   松下幸之助(現・パナソニック創業者)

この名言は、お正月に掲載したことがありますが、今日は、4月1日。進学・新学年・新学期、新年度が始まる日ですね。心新たにして、また1年、お励みくださいませ。

Take3kikkouchiku 亀甲竹。皇居東御苑で見つけました。  shadowの人生のごとく、coldsweats01 たとえ、このような節もまたよし! これぞ、いかなる風雪にも耐えられる・・・ happy01

トップページ | 2017年5月 »