« 今日の名言 - 2017/02/23 | トップページ | 今日の名言 - 2017/02/24 »

2017年2月24日 (金)

穏やかな日和に (続き)

梅園では、120数種の梅が、みな、揃って、咲いていました。

しらこばとが一番好きな梅の品種、大輪の”滄溟の月”(そうめい、青々とした広い海)に、また、逢えました。いつまで逢えるかは・・・ 神のみぞ知る。happy01

Ume85soumeinotsuki

Bairin4

福寿草には、日が当たっていなくて、花弁は閉じていましたが・・・、毎年毎年、増え続けています。

Fukujusou26

少し高みに上ると、竹林の中では、梅に鶯の、ウグイスの地鳴きが聞こえました・・・ ウグイスは、梅の花ではなくて、やぶがお好きなようで・・・happy01

昨日の写真とは逆方向で、向こう側は、東京外郭環状道路((高速道路の)外環道)です。

Bairin5

この梅園は、あまりに数が多いからでしょう、全体的に、剪定は上手くされていませんが、出入口のこの樹は、よく手入れされています。”満月枝垂”という品種です。あいにく、日が陰っていて、うまく撮れませんでした。

Ume83mangetsushidare

梅園を出たところでは、やや小輪の寒桜が咲いていました。

Kanzakura8

そのとき、池の方へ、大きな羽を広げて、舞い降りたのは、アオサギさん。鯉のほかにもいる小魚がお目当てでしょう。小さな池には不釣り合いな鳥さんではありました。足が2本あるというのに、いつも、一本立ち・・・coldsweats01

Aosagi20

寒椿の”獅子頭”や立ち寒椿の”勘次郎”などの代表的な寒椿もまだ咲いていましたが・・・

侘助椿の”太郎冠者”が咲いていました。おちょこのように開くのが特徴です。

Tsubaki30wabisuketaroukaja

椿は、日本はじめ、東南アジアの植物ですが、18世紀に、欧米へ渡り、西洋椿として、改良されたとのこと。里帰りして、いまでは、英名の品種として、植物園などでは見かけますが、ここの植物センターにも、いろいろな品種が植えられています。

どことなく、ヨーロッパ風な椿、これは寒椿と記されていましたが、舌をかみそうな”マソティアーナ・ルブラ”という名前でした。

Kantsubaki12mathotianarubra

帰り道では、いつものように、地元の盆栽の共販店を覗いて、店番のおばあさんいわく「今年、咲くかな~」とのことでしたが、小品盆栽の”枝垂れ富士桜”を求めてきました。千円なり・・・ささやかな遊びです。happy01

« 今日の名言 - 2017/02/23 | トップページ | 今日の名言 - 2017/02/24 »

名所/公園」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の名言 - 2017/02/23 | トップページ | 今日の名言 - 2017/02/24 »