« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月28日 (火)

畑の豊後梅と椿

昨夕、畑へ行くと、遅咲きの豊後梅が、ほぼ満開でした。梅の木は、70~80本もあります。これでも、畑地を広げるために、この10年ほどで、10本ほど、根から掘りあげてしまいました。花も美しく、実が大きい、すべて、同じ品種の豊後梅です。

Hatake21

Hatake22

Ume86bungoume

Ume87bungoume

Ume88bungoume

花の枝を切り、自宅へ・・・ 花瓶に活けて・・・ camera

畑では、風が強くて、香りはわかりませんでしたが、部屋の中では、いい香りが・・・ たぶん、2日ほどは、楽しめます。happy01

Ume89bungoume

10年ほど前、法面の上の隅に、庭の銘花の種から育てた椿を数本、移植していましたが、見上げる高さまで、育ちました。

Tsubaki31

親の樹の花に似ず、先祖返りをしたようです。銘木は、椿でも梅でも桜でも、挿し木か接ぎ木でなければ、親と同じにはなりませんね。

Tsubaki32

親は、白い覆輪の幻の椿、”玉之浦 ”という品種なのですよ~

Tsubaki2tamanoura

2017年2月27日 (月)

今日の名言 - 2017/02/27

人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ。 司馬遼太郎(小説家、ノンフィクション作家、評論家)

如月の最後の日曜日

昨日は、当地は、やや寒かったものの、真っ青な空で穏やかな一日でした。車検も済んだことだし、出かけようかと思いましたが、家の掃除と、メダカの水槽と姫睡蓮の鉢の洗浄をしているうちに、日が暮れました。sweat01

でも、早春の花、日本春蘭が咲いているので・・・ camera

春の花なのに、名前は”雪山”。熊本県産出で、昭和44年に登録されたという銘花で、葉にも花にも、覆輪があります。happy01

Shunran14sekizan

ふつうは、1花茎1花ですが、なんと、2茎ともに、1花茎2花(双頭花)が・・・ sign02 この春は、なにかいいことがあるのかな。coldsweats01

Shunran13sekizan

メダカも、きれいになった水槽で、元気です。産卵用の水草も用意しました。時期になったら、同じ品種だけを同じ水槽に入れます。いまはまだ、3品種が同居中。happy01

Medaka27

2017年2月26日 (日)

今日の名言 - 2017/02/26

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。 マハトマ・ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者、インド独立の父)

2017年2月25日 (土)

今日の名言 - 2017/02/25

望むと望まぬとにかかわらず、余暇時間は増大しており、そうした時間をどう過ごすかで、その人の人生も変わりかねない。 城山三郎(作家)

昨日から推進の(どれほど実施されたのかわかりませんが)、プレミアム・フライデーとやらで、月末の金曜日は早退とのこと。目的は、生産よりも消費喚起優先のようですが、それもまたよし。1980年代頃までは、”半ドン”と言って、土曜日は、午前中で帰社して、あとは、友人と遊んだり、家族が待っている家へ直行していた時代もありました。いずれにしても、”遊ぶ”のも人生。happy01

東京マラソン

NHKのニュースで、マラソン・コースは、”日本橋の下をくぐって”と言われたのには、唖然としてしまいました。日本橋の下は、川面です。happy01 神田川から分流して、隅田川に注ぐ小さな河川(日本橋川)ではありますが、頭上は、その昔、東京オリンピックの頃に造られた首都高速道路・・・ 今回は、路線変更の大工事かと期待していましたが、そのような話はないようで・・・

Nihonbashi2

なにかと世間を騒がせている東京都ではありますが、いまは、都民ではありませんので、どうぞ、お好きなように・・・ それにしても、百条委員会の証人では、歴代の都知事が名を連ねているとは? そんなにおいしい地位なのでしょうかね~ coldsweats02

2017年2月24日 (金)

今日の名言 - 2017/02/24

ライナス: 「もし一生懸命働いて、欲しかったものを全部手に入れたら、満足かな?」

スヌーピー:「飼ってる犬に好かれなかったら、むなしいね…」

           チャールズ・シュルツ(米国の漫画家)漫画「ピーナッツ」より

補足: スヌーピーは、有名なビーグル犬ですね。飼い主は、(漫画のほんとの)主人公のチャーリー・ブラウン少年。彼が選手兼監督を務める野球チームのセカンドを守るのが、親友のライナス君です。

穏やかな日和に (続き)

梅園では、120数種の梅が、みな、揃って、咲いていました。

しらこばとが一番好きな梅の品種、大輪の”滄溟の月”(そうめい、青々とした広い海)に、また、逢えました。いつまで逢えるかは・・・ 神のみぞ知る。happy01

Ume85soumeinotsuki

Bairin4

福寿草には、日が当たっていなくて、花弁は閉じていましたが・・・、毎年毎年、増え続けています。

Fukujusou26

少し高みに上ると、竹林の中では、梅に鶯の、ウグイスの地鳴きが聞こえました・・・ ウグイスは、梅の花ではなくて、やぶがお好きなようで・・・happy01

昨日の写真とは逆方向で、向こう側は、東京外郭環状道路((高速道路の)外環道)です。

Bairin5

この梅園は、あまりに数が多いからでしょう、全体的に、剪定は上手くされていませんが、出入口のこの樹は、よく手入れされています。”満月枝垂”という品種です。あいにく、日が陰っていて、うまく撮れませんでした。

Ume83mangetsushidare

梅園を出たところでは、やや小輪の寒桜が咲いていました。

Kanzakura8

そのとき、池の方へ、大きな羽を広げて、舞い降りたのは、アオサギさん。鯉のほかにもいる小魚がお目当てでしょう。小さな池には不釣り合いな鳥さんではありました。足が2本あるというのに、いつも、一本立ち・・・coldsweats01

Aosagi20

寒椿の”獅子頭”や立ち寒椿の”勘次郎”などの代表的な寒椿もまだ咲いていましたが・・・

侘助椿の”太郎冠者”が咲いていました。おちょこのように開くのが特徴です。

Tsubaki30wabisuketaroukaja

椿は、日本はじめ、東南アジアの植物ですが、18世紀に、欧米へ渡り、西洋椿として、改良されたとのこと。里帰りして、いまでは、英名の品種として、植物園などでは見かけますが、ここの植物センターにも、いろいろな品種が植えられています。

どことなく、ヨーロッパ風な椿、これは寒椿と記されていましたが、舌をかみそうな”マソティアーナ・ルブラ”という名前でした。

Kantsubaki12mathotianarubra

帰り道では、いつものように、地元の盆栽の共販店を覗いて、店番のおばあさんいわく「今年、咲くかな~」とのことでしたが、小品盆栽の”枝垂れ富士桜”を求めてきました。千円なり・・・ささやかな遊びです。happy01

2017年2月23日 (木)

今日の名言 - 2017/02/23

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く。 ウィンストン・チャーチル(英国の政治家(首相)、作家)

穏やかな日和に

昨日は、午後から、父と慕う人の入院先へお見舞いに・・・

病院の駐車場に隣接しているアパートらしき敷地に、紅白の梅が何本もあって、今まさに満開でしたが、この黄色い花を見つけて・・・ camera

これも春を告げる花のひとつ、サンシュユ(山茱萸)ですね。

Sanshuyu21

早期のご快復を祈りつつ・・・ このところの風が止んでいたので、足を伸ばして、マイフィールドのひとつとなっている川口市安行まで・・・

ここでも、駐車場から坂を上り始めた途端・・・

Bairin3

梅園へ辿り着く前に、マンサクの花があちらこちらで咲いていましたが、いろいろ品種があり、まずは、ふつうのマンサクです。春に”まず咲く”→”まんずさく”が、語源とも・・・

Mansaku3

こんな風に咲いています。

Mansaku4

マンサクの園芸品種、”ディアナ”ということです。

Mansaku2diana

美しい”アカバナマンサク”。

Akabanamansaku2

シナマンサク。シナとはチャイナ(China)で、中国原産のマンサクです。

Shinamansaku6

すっかり落葉している木もあり、このように、枯れ葉の中で、咲いているものもあり??

Shinamansaku5

シナマンサクの園芸品種、”パリダ”ということです。

Shinamansaku4pallida

一目で、識別は困難になりました~ coldsweats01

まだ、いくつか、撮ってきた花々がありますので、また明日。

2017年2月22日 (水)

今日の名言 - 2017/02/22

私たちは、境遇を改善しようとは思いますが、自らを改善しようとは、なかなか思わないものです。 境遇を改善できない理由は、まさにここにあります。 ジェームズ・アレン(英国の作家)

ご冥福を・・・

船村 徹さんがお亡くなりになりましたね。 合掌!

数々の懐かしい曲を思い出します。中でも、青木光一氏歌う、「柿の木坂の家」は、音痴のしらこばとも、十八番ながら、なんとか、歌える曲です。coldsweats01

幼きころ、亡き母と、春ともなれば、柿の木があったかどうかは、忘れましたが、坂の上まで、ヨモギを摘みに行きました。幼いころの懐かしい思い出です。

そして、後期高齢者間近な今、畑がある、”柿木田んぼ(草加市)”で遊んでいます。confident でも、先に逝った人は、いつまでも歳をとらないという不思議・・・ 母も33歳のまま・・・ 亡き妻ともども、いまなお、ずっと、大好きな女性がいて、幸せでした。confident

柿の木坂の家

2017年2月21日 (火)

今日の名言 - 2017/02/21

物事に関心がなくなり、真面目さや憧れ、情熱、熱意などを失いかけていることに少しでも気付いたら、これは、病気の前触れだと考えなければならない。表面的に流されている生活に魂が苦しんでいると、気付かなくてはならない。 アルベルト・シュバイツァー(ドイツ出身で、フランスの神学者、哲学者、医者、オルガニスト、音楽学者)

早春賦

notes notes notes
春は名のみの 風の寒さや 谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず
氷解け去り 葦は角ぐむ さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空 今日も昨日も 雪の空
春と聞かねば 知らでありしを 聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か いかにせよとの この頃か

昨年の今ごろまで、施設で、みなさんと、この季節になると、よく合唱していました。notes notes notes  happy01

今日もいつものように、パソコンで、iTunesで、歌謡曲や唱歌を聴いていました。というよりも、流していました。 (^^♪

たまたま、昔懐かしい(しらこばならぬcoldsweats01)小鳩くるみさんが歌う、ネットでダウンロードして購入した曲が流れたのですが、映像もと思って、YouTubeで、探していたら、この曲は、いくつもありましたが、この映像と歌手が気にいったので・・・ 皆さんへも・・・ happy01

~早春賦~ 由紀さおり・安田祥子

2017年2月20日 (月)

今日の名言 - 2017/02/20

「冬の寒さは、暖かな思い出がない人には厳しいわ」

Winter must be cold for those with no warm memories 昔の映画、「めぐり逢い」より

三寒四温となりつつあるこの時季、タイミングがちと遅い・・・ですね。coldsweats01

暖かな思い出がいっぱいあるから、いま、こうして生きていられる・・・ 今日は2月20日・・・ confident

辛い選択

二日前は、春一番・・・・ そして翌日から、打って変わって、20℃から10℃、そして、5℃へ・・・

何も用がない一日で、お昼から畑へ・・・

相棒と、顔見知りの、周りの田んぼの農家のご主人がいました。

しらこばとが持参したのは、害鳥退治のグッズ。もちろん、愛鳥家ですが、相棒が植えた苗を食いちぎったり、肥料にと撒いた米糠(ぬか)を食べ尽くしたりで、Help!の声がかかったので、調べたところ、ワシやタカやフクロウの模造品の設置では、一時的には効果はあるものの、効果は長く続かないとのこと。

そこで、野鳥は、キラキラ光るものは苦手とのことで、急遽、Amazonへ,、「鳥ホログラムテープ【3Dホログラフィック効果で害鳥を寄せつけない・北米農業生産者から幅広い支持を受ける製品】」に辿りついて、早速、注文。なんと、1069円の品が翌日、送料無料で届きました~ happy01

そして、お昼から取り付けに畑へ参上して・・・ 10数本立ててきました。coldsweats01

Hatake20

帰ってきて、メジロに与えているつもりのミカンを、同じヒヨドリに止まれないほどの針金で対応していましたが、それでも、ホバリングしながらにも、丸ごと失敬してゆくので、わが庭でも試して、効果のほどを調べることにしました。

夜になっても、居間の光で、光るホログラムテープです。

Holography1

さて、ヒヨドリさんがどう反応するのか・・・ メジロさんは反応しないという矛盾の狭間・・・happy01

まあ~、暇人ならではのことを楽しんで?います。coldsweats01

2017年2月19日 (日)

今日の名言 - 2017/02/19

背伸びして視野をひろげているうち、背が伸びてしまうこともあり得る。それが人生の面白さである。 城山三郎(作家)

2017年2月18日 (土)

今日の名言 - 2017/02/18

僕はあなたを幸せにする自信はありません。でも、僕が幸せになる自信はあります。 ハマちゃんこと、浜崎伝助のプロポーズの言葉 映画「釣りバカ日誌」より

訂正・・・

「沈黙」について、”「沈黙-サイレンス-」ですが、日本の物語ながら、日本で映画化されることなく・・・”と記しましたが、長崎のYちゃんに教えていただきました。かの篠田正浩監督が、いまから半世近く前の1971年に映画化されたとのことです。その当時、その映画は、カンヌ国際映画祭にもノミネートされたのだそうです。

主人公、ロドリゴの恩師で、先に、棄教させられていたフェレイラ役は、なんと、丹波哲郎が演じたそうです。happy01

50年ほども昔のことで、知らなかったとはいえ、お詫びして訂正いたします。再び、Yちゃんに感謝!

2017年2月17日 (金)

春一番によせて

お昼には、20℃にもなり、こちら(関東)でも、春一番が吹いています。

わが家では、毎年、決まって、この前後に、まずは一輪開花する・・・happy01 金杯のような、フクジュソウ(福寿草)が咲きました。

Fukujusou24

数が減りつつあったので、昨年、植え替えをして、施肥して、15株ほどに戻りました。smile

Fukujusou25

もうひとつの鉢の秩父紅という品種は、まだ、芽が出ていません。心配ながら、様子見です。

霊園に植えさせてもらって4年目の安行寒桜は、樹高も伸びましたが、たくさん、花芽をつけていました。咲くのは、こちらは、お彼岸の頃・・・

Sakura78angyoukanzakura

十字切る 墓前の背なへ 春一番 功雪 confident  春一番も、万物にあらたな命を吹き込む神の風でしょう。happy01

”神とは背中をそっと押してくれるような働きである。 遠藤周作(小説家)

今日の名言 - 2017/02/17

過去は安い本と同じ。読んだら捨ててしまえばいい。 映画「ビリー・ザ・キッド」(実在のアメリカ西部開拓時代のアウトロー)より

2017年2月16日 (木)

沈黙 -サイレンス-

昨夕は、母の命日と、妻の帰天の日が、10日違いゆえ、中日に、墓参へ行きました。母はなんと66回目、妻の帰天からは4年目。しらこばとの家は、代々、日蓮宗ゆえ、お線香と数珠でお参り。一方、妻はクリスチャン。十字♰を切って・・・ 

お参りのあと、畑へ寄ると、水を撒いたあとが・・・ 一面に成長したホウレンソウを頂戴しているところへ、相棒が近くの仲間の畑へ行っていたと言って、戻ってきたが・・・ 風邪を引いている様子なので、早々に、いっしょに畑を後にして・・・

しらこばとは、川(中川)向こうの三郷市のシネマへ・・・ 遅い時間、5時からの2時間半もの長い映画を観てきました。

かねて、映画化されるのを待っていた、狐狸庵先生こと、遠藤周作原作の「沈黙 -サイレンス-」の映画。たまたまながら、沈黙の舞台の長崎在住の、昔なじみのYちゃんからのメールで教えてもらって・・・ 1月21日からのロードショーで、こちらのシネマでは、今週金曜日で終わるので、ぎりぎり、セーフでした。Yちゃんに感謝。

その「沈黙-サイレンス-」ですが、日本の物語ながら、日本で映画化されることなく、米国のマーティン・スコセッシ監督によって、ようやく作られました。監督は、イタリア系移民の出自で、クリスチャンだそうです。日本の監督では作ることができなかった、重~いテーマの映画でした。原作は、昔、購入した本で、2回ほど読んでいましたので、ストーリーは知っていましたが、映像で見ると、リアルな残忍なシーンの連続・・・ confident

長崎における、秀吉の時代から江戸時代初期まで続いたキリシタン(切支丹)弾圧の物語です。村人のキリシタンは、見つけられると、”踏み絵”を強制されて、できない者たちは、つぎつぎに、拷問を受け、処刑されてゆきました。

物語は、先に、棄教させられた恩師の謎を探ることと、もちろん、布教の目的で、長崎の海岸から密入国をした宣教師(物語ではふたりの神父(司祭))が、あまりの苦しみに、ひとりは落命し、物語の主人公、ロドリゴは、僧となっていた恩師に出会うことになり、促されて、最後には、長崎奉行に棄教させられました。

この間、神は、沈黙を続けました。confident でも、ロドリゴが、踏み絵に足を載せたとき、キリストが、「踏むがいい、・・・」と、話す映像が流れました。

彼も日本人名を与えられて、そののち、江戸小石川の切支丹屋敷に移されて、幽閉40年ののちに、死を迎えますが、棺の中の手には、♰が・・・think

しらこばとが、2年ほど、ミサに、遠いながらも、通っていた調布教会の庭には、「沈黙」のモデルといわれる、実在した「キアラ神父」の墓石が建っています。小石川の寺院から雑司ヶ谷墓地を経て、調布へと移されています。

(以前にも掲載したことがある写真ですが) 墓石には、戒名が刻されている一方で、その上には、司祭帽がかぶせられています。

Kyoukai19

Kyoukai6

説明のボードです。クリックしていただくと読みやすいかと存じます。

Kyoukai7

なお、この映画のマーティン・スコセッシ監督、原作者の遠藤周作、両氏ともカトリックの信者です。

ウィキペディアからの大半、抜粋ですが・・・

原作は、カトリック教会では、司祭が踏み絵を踏んだという記述に反発があったとのこと。さらに、「カトリック新聞」に、遠藤周作が、踏み絵に関して、『早くふむがいい。それでいいのだ。私が存在するのは、お前たちの弱さのために、あるのだ』と(踏絵の)キリストの顔が言っている気がした」と書いたそうで、これまた、サレジオ会の神父たちが、それに、反論を記述したこともあるのだとか。

でも、なぜか、上記の墓碑のあるのは、サレジオ会の教会・・・ happy01

最後に・・・ 遠藤周作氏(右)と、同年代の井上洋治神父。実は、井上神父は、冒頭に記した妻との結婚式の司祭をお引き受けいただいた方という不思議なご縁。それらも、遠い昔のことで、時は移り、みな、帰天されました。 ♰ confident

Inoueyojiendoushusaku1

今日は、コメントをいただいても、しらこばとの分際では、返事ができそうにない重いテーマゆえ、返信は、できませんので、ご了承ください。

今日の名言 - 2017/02/16

どんなにみっともなくてもいい。とにかく生きろ! 映画「亡国のイージス」より

2017年2月15日 (水)

今日の名言 - 2017/02/15

列車がどこへ行くかよりも「乗る」と決めることが大切なんだ。 映画「ポーラー・エクスプレス」より

2017年2月14日 (火)

夢のようだった日々

お若い皆さんに、少々、羨ましいお話を・・・

しらこばとは、年金暮らしで、それも主夫で、四苦八苦して暮らしておりますが、夢のような、いや、夢のようだった日々を綴ります。

ときは、平成2年ごろまでのバブル経済のころ・・・ しらこばとは、40代半ばでした。みなさんに共通する話題と言えば、そうですね~ 預金の利息が、8%の銀行もありましたよ。年に8%ですよ~ 複利で、計算すれば、黙って、預けているだけで、5年で1.5倍・・・dollar もちろん、しらこばとも預けていました~happy01

その当時、東京のど真ん中の千代田区麹町にあった子会社勤務を命じられて、1年間、勤めましたが、たまに食べに行っていた、間口が1、2間(せいぜい4m)のラーメン屋さんが突然店じまい・・・ なんと、億の単位で、その土地を売却されたという噂を聞きました。

でも、平成3年ごろをピークに、バブルは、文字通り、泡となって、そして、いまに至っています。

ソフトバンクが近くにありましたが、パソコンのパッケージ・ソフトを販売している小さな会社でした。もちろん、孫社長は、上手く泳がれて、いまのソフトバンクがあります。

しらこばとは、読みが浅かったかどうかは、神のみぞ知るで、ちょうどそのころ、独立して起業。超零細な、一応、株式会社を創立して、数々のおもしろい、そして、ちぃ~とは、世の中に貢献して?、いまは、おかげさまで、跡を継いでくれた相棒が、いまなお零細企業ながらもがんばってくれています。

実は、来週で、四半世紀を過ぎて、創業、丸26年になります。

起業する前は、当時、いまの人が聞いたら、びっくりされるような給与をいただいていて、なに不自由ない生活でしたが、地位が上がると、売上と利益と人事だけに追われる日々が待っていました。そこで、エンジニアの端くれゆえ、一念発起で辞めて、事業を始めたいと言ったとき、いまでも覚えていますが、妻は、「好きなことをするのが一番よ。なんとかなるわよ」と言ってくれました。当初は、年収が3分の1になりました。しかし、それ以来、おもしろ~い仕事ができて幸せで、振り返って、悔いはなにもありません。そして、おかげさまで、妻も「幸せだったわ。面白かった~」と言って、まもなく4年になりますが、突然、帰天しました。♰ 夢のようだった人生を与えてくれた妻に感謝あるのみです。

一休禅師の遺言どおり、「なんとかなる」のが人生です。confident

そして、最後に・・・

人の行く裏に道あり、花の山 cherryblossomcherryblossomcherryblossom (しばしば、この上の句だけが、相場(株式などの投資)の格言になっていますが・・・) これには、下の句があります。

いずれの道も、散らぬ間に行け (茶人、千利休) think

人と同じ道よりも、裏道が美しい花に出会えよう。されど、いずれにしても、散らない間に楽しみなさい、ということでしょう。

今日の名言 - 2017/02/14

読書は、一人のようで一人ではない。本を書いている人との二人の時間である。 斎藤孝(教育学者、作家)「読書力」より

しらこばとは、いまは、(買ったばかりの「一茶俳句集」で)、時空を超えて、一茶との時間を過ごしています。その次は、蕪村・・・ smile

2017年2月13日 (月)

春遠からじ

寒い日が続いていますが、梅の便りは、皆さんのブログでも拝見させていただいています。

北国、雪国の方々は、まだまだ、春遠しとお察しいたしますが、関東のど真ん中からの記事ですゆえ・・・

庭の梅も咲いて、メジロさんが蜜を吸っています。鳴き声ですが、一般にはチーチーと鳴くと言われていますが、しらこばとには、ツィーツィーと聞こえて、そのまねは、幼少のころに覚えて、いまなお特技。上の前歯の隙間から空気を出しま~す。鳴らすと、メジロさんは、縄張りゆえ、きょろきょろしてから警戒音を発します。暇人ゆえ、ミカンも毎日やったりして、遊んでいます。coldsweats01

梅の品種は、(三拍子揃ったhappy01)”花香実”です。400年前の天皇による命名という由緒ありとのこと、coldsweats02 ほんとかな~

Ume81hanakami

手折って活けたものの、暖房で、すぐに、萎れてしまいます。余談ながら、右上の白いものは、あるホテルで頂戴した「福麦」です。麦の花言葉は、富、繁栄、希望だそうで、本棚の側面なのですが、貼っています。でも、富と繁栄には、縁はありませ~ん。

Ume82hanakami

プランターに植えたヒヤシンスやチューリップも芽を出しています。

ヒヤシンスは、この程度・・・

Hyacinthus4

中国春蘭も花芽が大きくなってきました。

Chuugokushunran1

盆栽で育てている”河津桜”は、もう少しで咲きそう・・・happy01

Sakura77kawaduzakura

メダカは、居間の暖房の中で、冬越しをしましたが、寒いのを経験させて、それから、春を感じさせて・・・ 産卵を促すことにしました。

いまは、玄関の下駄箱の上。10年ほど前までは、父にもらった桐の下駄が入っていたけれど・・・最近は、シューズ・ボックスというそうですね。

Medaka26

なにかと忙しい暇人?coldsweats01です。車ですが、とくに不具合はなかったという割には、お金がいっぱいかかった車検が済んで、夕方、受け取りに行ってきました。もう少し、暖かくなったら、アウトドア・・・ rvcar dash cherryblossomcherryblossomcherryblossom

今日の名言 - 2017/02/13

幸せの三要素は、
自分自身が好きかどうか。
よい人間関係を持っているかどうか。
そして、人や社会に貢献しているかどうか。
 アルフレッド・アドラー(オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家)

2017年2月12日 (日)

今日の名言 - 2017/02/12

最上の幸福は、一年の終わりにおいて、年頭における自己よりも、よくなったと感ずることである。 トルストイ(帝政ロシアの小説家・思想家、代表作:戦争と平和、アンナ・カレニーナ)

2017年2月11日 (土)

もうひとつの都から来た鳥

”名にしおはば  いざ言問はむ  みやこ鳥  我が思ふ人は  ありやなしやと”

ときは、平安時代、それ以来、美男の代名詞ともいわれた”在原業平(ありわら の なりひら)”が、京の都から下ってきて、むさしの国の隅田川のほとりで詠んだということです・・・

ご存じの伊勢物語の歌です。当時は、武蔵野の国は、東国のへんぴなところで、もちろん、いまのような、都(みやこ)ではなかったのですが、船頭が、「都からきたからって、何言ってんだい」という調子で、みやこの鳥だよと言ったのに応じて歌ったのだとか・・・

ほんとに、”ミヤコドリ”という野鳥もいますが、いずれだったかは、??? でも、たぶん、”ユリカモメ”だったでしょう。

奇しくも、いまは、東京(むさしの国、江戸)が、都。その都の鳥は、”ユリカモメ”です。

そして、そうそう、東武線のとうきょうスカイツリー駅の旧名は、”業平橋駅”(いまも併記されています)。もうひとつ、上記の和歌にちなむ”言問橋(ことといばし)”も隅田川に架かる橋です。

前置きpencilが長~い。coldsweats01

ところで、今日は、車検で、もちろん、行きは車、帰りは、代車もあります、駅までもお送りしますとのことでしたが、そのスカイツリーラインで、市内には6つも駅がある中の、もっとも北寄りの”せんげん台”という駅までの3kmほどを、ぶらぶら、散歩してきました。

当地は、「川のあるまち」の文化誌もあるごとく、川と橋の数が数えきれないほどあります。その中の”新方川(にいがたがわ)”沿いを歩きました。この川は、もともと、自然発生というか、昔、田んぼの排水を流した川で、この季節は、ほとんど流れず、よどんでいましたが、そこに白い鳥が・・・ 上述の都鳥こと、ユリカモメではありません。???

遠いので、肉眼では識別できず、カメラの望遠でも?? ということで、帰ってきてから、パソコンで見ると、海鳥の”ウミネコ”でした~ 東京湾(江戸前)から、中川を経て、30kmほど。鳥さんにとっては、なんという距離でもないのでしょうが、長年、鳥の観察を続けていて、しらこばと自身の記録を辿ると、県内では、四半世紀ぶりに見ました。happy01

Umineko12

言問橋のように有名ではありませんがcoldsweats01、この新方川に架かる”念仏橋”から撮影しました。

このウミネコは、この中央付近に1羽いました。ほかには、ハシビロガモが数羽。

Niigatagawa1

念仏橋の由来は、かつては、小さな(木造で、路面だけ、土を盛った)土橋だったそうで、落っこちないようにと、念仏を唱えて、渡っていたからだそう・・・ coldsweats02

Nenbutsubashi1

いつもの駄文を、最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。

今日の名言 - 2017/02/11

ご主人が、葉書を書いていました。奥様は、「あら、すてきな字」と誉めました。そして「お父さんの字見ていると、なんか元気もらえる」とさらにひと言。
「あなたの・・・が、私にこんな恵みを与えてくれている」という言い回しは、相手に、力と励ましを与えます。
さらに一歩すすんだ誉め言葉にチャレンジしましょう。
 田中信生(牧師、カウンセラー) 「今日も一日お元気で365日」(一元社発行)より

2017年2月10日 (金)

明日から車検

車検で、一般には通用しますが、正式には、”自動車検査”なんですね。

新車を購入して3年(これ以降は2年ごと)になり、車検とあいなりました。また、お金が飛んでゆく~ weep

夕方から、車内の整理を・・・ あるわあるわ、いつ乗せたのかわからない、いまとなっては、ごみ~ coldsweats01 その中には、ナビがあるというのに、道路地図がいっぱい・・・ この際、捨てました~

走った距離は、1万6千キロ、あと4千キロで、3年がかりの地球半周か~ happy01

車にお乗りの方は、事故にご注意を・・・ しらこばとの自慢は、免許取得以来、40年以上、無事故無違反ですぞ。でも、いつも、今日も記録が途切れることがないようにと思いつつ、用心して運転していますよ~

学校で昔、習った、ポンピング・ブレーキは、いまもやっています。ブレーキを踏むとき、急ブレーキではなく、踏んでは、はずすを、ポンポンと繰り返す技術?です。後続車も、車間距離をとってくれます。

無事故無違反で、ドライブを楽しみましょう。car rvcar sign04

今日の名言 - 2017/02/10

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。 高橋尚子(元陸上競技選手(女子マラソン)、シドニー・オリンピック金メダリスト)が恩師からいただいた言葉と言われています。

2017年2月 9日 (木)

まだまだ冬か~

当地は、久々に、雪が降りました。北国の方には、なんのそれしき、と言われそうですね。coldsweats01

ところで、俳句では、”功雪”と名乗っておりまする。この名は、遠い遠い昔、子どものころに、近所の兄と慕う人から、”蛍雪の功”から、〇ちゃんは、「功雪」と名乗れと言われて、いまなお、ことあるたびに使わせてもらっています。でも、その6つ違いの兄と慕う人は、大学生のころは、吉野ケ里遺跡がまだ日の目をみないとき、あそこには何かあると、発掘をしていましたが・・・・ 36歳の若さで亡くなりました。confident 一方、しらこばとは、功ならないまま、彼の倍も生きて、老いを迎えました~

蛍雪の功: 「貧しくて、明かりをともす灯油が買えないので、蛍を集め、その光で勉強をした。また、同じ国のある人は雪の明かりで書物を読んで勉強をした。やがて、この二人はともに地位の高い役人になったという」

せめてもと、紅い車で、老いを謳歌しているつ・も・り ・・・

Mycar2

そして、おめでたい紅白の梅が、満開ながら、寒そうだったので、部屋へ入れて・・・ camera

Ume80kouhaku

今日の名言 - 2017/02/09

人生を悔いなく、楽しく生きるのに、遅すぎることなど、決してない。残された時間が長くても、短くても、最高の人生を見つけるのは、間違いなくあなた自身なのだから。 映画:「最高の人生の見つけ方」のパンフレットより

昨日、8日、解決

こちらのブログでも、不具合で、困っていたので、掲載していて、また、ココログ・サポート窓口へも、つぶやきを送っていました(21ものいいね!を頂戴しましてhappy01)が、10日もかかったものの、解決しています。
ココログ広場に下記のように、報告されていましたので、そっくり、転載です。

Chromeでココログ管理画面にログインできないケースが発生しておりました。 現在は復旧しております。大変ご迷惑をおかけしました。 詳しくは以下のとおりになります。 ========================================================================  詳細情報 ======================================================================== ◇対象のお客様  ココログベーシック・プラス・プロ  または  ココログフリー ◇障害発生期間  ・2017年1月28日ごろ - 2017年2月8日14時50分 ◇影響内容  ・Google Chromeで管理画面にログインできない場合があった ◇原因  Google Chromeの仕様変更 ◇制限事項  ニフティTopなど、ココログトップ以外から認証した場合、  ココログにログインできない場合があります。  その場合は、ココログトップの「ブログを書く(ログイン)」ボタンから  ログインをお試しください。 ======================================================================== 長期間に渡りご迷惑をおかけし申し訳ありません。 今後ともココログをよろしくお願いいたします。

2017年2月 8日 (水)

トランプ劇場

拝読しているブログでも、いろいろ記されていますが、トランプ劇場を楽しみませんか。happy01

所詮、よその国のこと・・・ それに、よくもわるくも、2億人の過半数が支持された大統領・・・ 愛犬家には言いづらい言葉ですが、”犬の遠吠え”をしてもどうなるものでもなし・・・coldsweats01

まさに、先日、記したように、”なんとかなる”でしょう。

それに、かつては、戦争が大好きな大統領がいましたが、トランプさんは、少なくとも好戦的ではなさそうだし、せいぜい、移民制限程度・・・

でも、自分たちの祖先も、大西洋を越えて、移民してきて、その前には、コロンブスは、着いたところがインドかと思い、インディアンと名付けて、西部劇を繰り広げてきたのをお忘れのようではあります。coldsweats02 それ以来、銃をもつのが正当化されている、いまもって、ある意味、野蛮な国のトップ・・・smile

父親はドイツ、母親はスコットランドからの”移民”ではなかったのかな~

鎖国的? それもよし、おやりになればいいい。日本だって、江戸時代、300年間も鎖国をしていました~coldsweats02

独断専決ができないシステムだけは機能していて、三権分立の制度も、少なくとも司法は独立しているようなので・・・

怪しげなビジネスマン上がりらしい?けれども、お得意の錬金術dollardollardollarで、世界の景気をよくしてほしいもの。でも、地球の環境だけは守ってほしいと思うしらこばとです。confident

これで終わりにしますが・・・ 犬の遠吠えからの連想で・・・coldsweats01

今日の名言 - 270
世界平和のために何ができるかですって? 家へ帰って、あなたの家族を愛しなさい。 マザー・テレサ(カトリック教会の修道女)

今日の名言 - 2017/02/08

いつも楽しく暮らすよう心がければ、外的環境から完全にあるいはほとんど解放される。 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(英国の小説家)

2017年2月 7日 (火)

環境カレッジ&セイタカシギ

昨年、お勉強でお世話になった「埼玉県生態系保護協会」から、今年度の講座の案内が届きました。昨年度の受講者には、新しく企画された、後半の講座だけでもどうぞ、とのご案内でした。いまから9月以降を思案中・・・ coldsweats01

今日の記事掲載は、上記のこともさることながら、案内の表紙には、しらこばとが大好きな鳥のセイタカシギが載っていました~ happy01

いまどきの女性は、みなさん(たぶんhappy01)そうなので、古語となりつつある”八頭身美人”ですが、ご覧のとおり、この鳥さんの足の長~いこと・・・ しらこばとなら、セイタカではなくてアシナガ・・・と命名したいくらい。しばしば訪ねる千葉県習志野市の谷津干潟へは、この美女か美男に逢いたくて行くのですが、なかなか、このような写真は撮れません。いつも拝読しているソングバードさんの”さきたま自然日記(別館)”ほか、いくつかのブログでは、すばらしい写真を掲載されています。

Kankyocollege2

しらこばとの写真は、この程度・・・ coldsweats01

Seitakashigi7

Seitakashigi8

それよりも、このような鳥さんたちが、いつまでも居ついてくれる環境でありたいものです。なお、セイタカシギは、旅鳥ですが、居心地のよい谷津干潟などでは、留鳥になっています。

ところで、肝心な、この”環境カレッジ”は、前半は昨年と変わらない内容なので、少なくとも、後半、1万円余の講座ですが、受講したいと思っているところです。

今日の名言 - 2017/02/07

人生とは面白いものです。何かひとつを手放したら、それよりずっといいものがやってくるものです。 サマセット・モーム(イギリスの小説家、劇作家)

2017年2月 6日 (月)

当たった~

2月になっての、こんな話題ですが、お年玉付き年賀はがきは、2等の下4ケタが、末尾が”1”違いのがありました~ 残念! でも、下2ケタは、2枚、当たっていました。これで、趣味の切手収集で、このところは、ずっと、干支を保持し続けています。happy01

そこで、思い出して・・・、引き出しに大事にしまっている宝くじをご紹介しますね。

今年は、いつの間にやら、平成29年ですよね。これは、16年前の平成13年の春に当たった?? 宝くじです。なんとも、オール、”111111”、happy01 同じく、連番ではなく、バラで購入したのに、宝くじの頭は決まっていて”1”ですが、5ケタの”66666”までも、?? wobbly

Takarakuji1

宝くじは、昔から、1万円も当たったことがありませんが、100円か200円が、当たっていると、買い替えに行ったとき、また、買うので、年に、5、6回買うだけですが、こんな当たりくじもあるのですよ~

へ~・・・と思われる方たちへ、1億円も5億円も、こんな数字が当たる?のと、まったく、確率は同じなんですよ。それくらい稀なことということ。でも、困ったことに、買わなきゃ当たらない。happy01

1度、1億円に、同じ組で100数十番違っていたこともありました。亡くなった妻いわく、「お父さん、近づいたわね~」、「???」 懐かしい思い出です。

今日の名言 - 2017/02/06

朝、目覚めるときが24時間のうち最も素晴らしい、といつも思います。 どんなに疲れ切って、やるせなくても、きっと何かが起こるに違いないと思えるからです。 絶対といってもいいくらい何も起こらないんですが、それでも、ちっとも構いません。 絶対に起こらないとは言えませんから。 モニカ・ボールドウィン(英国の作家)

2017年2月 5日 (日)

なんとかなる

スペイン語になおせば、”ケセラセラ”。 happy01

まあ、皆さん、くよくよしないこと。数々の名言を探して、日々、掲載していますが、もちろん、しらこばとは、伝えているだけ・・・ coldsweats01 でも、10年近くも、名言なるものをいろいろ探しては掲載していて、この一言に辿り着いたような気がしています。

大丈夫 心配するな なんとかなる

一休禅師の遺言と云われていて、弟子たちに、「いよいよのときは、これを開けてみなさい」と言って亡くなり、後に、困ったことになったときに、開けてみると、この言葉が書かれていたとのこと。

人生70年余を過ごしてきて、な~んだ、もっと早く気付いていれば・・・と思わなくもありません。振り返れば、すべて、なんとかなってきました。coldsweats01

なにかとお困りのことがあれば、”なんとかなる”と開き直りなさいませ。身辺でも、お悩みの方もあり、掲載しました。

今日の名言 - 2017/02/05

運命は、われわれに幸福も不幸も与えない。ただその素材と種子を提供するだけだ。われわれの心がそれを幸福にも不幸にもする唯一の原因であり、支配者なのである。 ミシェル・ド・モンテーニュ(16世紀ルネサンス期のフランスの哲学者、モラリスト、人文主義者)

2017年2月 4日 (土)

立春の日の花

やや暖かな日和で、風もなく、午前中、川口グリーンセンターを訪ねるつもりで出かけたものの所用あり、結局、いつもの”埼玉県花と緑の振興センター”どまり・・・ それも、たどり着いたのは、3時ごろ・・・

禅寺の興禅院に駐車させてもらうと、頭上には、安行寒桜の例年早咲きの1本に、数輪、咲いていました~ happy01

Angyoukanzakura18

Angyokanzakura20

真っ青な天空には、上弦のmoon2・・・

Angyoukanzakura19

参道側では、白梅が満開でした。

そして、はす向かいの・・・

Hanatomidorinoshinkouctr10

ここのエントランスのメインツリー、”夫婦枝垂(梅)”が、まさに満開でした。

Ume76myoutoshidare

Ume77myoutoshidare

100数十の品種が植えられている梅園も開園されていました。入り口の”満月枝垂”は、まだ開花していませんでしたが・・・ ここでも、満月ならぬ上弦の月が・・・ happy01

Ume78mangetsushidare

梅の木々の下では、福寿草が、開花寸前でした。でも、数輪、咲いていました。

Fukujusou23

道を隔てた上手の庭では、”野梅”が咲いていました。最近、若い女の子までも「ヤバイ」を連発するのを見聞きして、下品だなと思いますが、この語源は諸説あるようですが、野の梅の実を食べると、おなかをこわすことに由来すると・・・ しらこばとは、そう思っています(間違っているかもしれません)。coldsweats01 花は形のよい白梅です。

Ume79yabai

ここでは、まだ、ロウバイ(蠟梅)がまだ咲いていました。

これは、この安行の地で、作出か発見されたという”満月蠟梅”です。黄色味が強い品種です。

Mangetsuroubai5

隣には、素心蠟梅も咲いていました。

Soshinroubai4

4時ごろで、気温15度を超えていました。でも、明日は、こちらでは、雨天になりそうで、油断禁物・・・ 風邪にご注意ください。

インフルエンザの患者数、200万人とのニュースもあり。日本人の50人にひとりの勘定になりますね。インフルエンザの注射を初めてした、しらこばとですが、かかりつけの先生の話どおり、今年は、ワクチンが、どうやらはずれたようですので、注意することといたしましょう

今日の名言 - 2017/02/04

どんなに話したい話題があっても、相手がすべて話し終えるまで、話題を変えないようにしましょう。 レス・ギブリン(1965年の米国セールスマン・オブ・ザ・イヤー)

2017年2月 3日 (金)

ココログのトラブルのその後、および、ニフティ売却

最初の件は、Googleのブラウザー、Chromeのトラブルの記事の続きです。

このように、簡単なメッセージが掲載されています。

2017.02.01
【発生中】ココログ-Chromeでココログ管理画面にログインできない

こちらは、Chromeを既定のプログラムに設定しているので、とほほほほ・・・ wobbly

お困りの方は、こちらへ・・・ ただし、少なくとも、当方は、これでは、解決できません。

先月28日に発生したとのこと。ココログでは、あまり、重要視されていないのか、いまだ(2月3日12時現在)、未解決・・・

皆さんのほとんどは、ブラウザーは、MicrosoftのInternetExplorerをお使いになっているかと思いますので、一部の方へ・・・

なお、これについては、解決された時点で、また、記しますが、いつのことになるのやら。

もうひとつは、重大ニュース?・・・ 拝読させていただいている、ひでさんの”むせんつうしん”にも記事掲載されていますが・・・

NHK NEWS WEBでも、ニュースになっています。タイトルは・・・

富士通 ニフティの個人向け事業をノジマに売却へ と書かれています。NHKの記事は、こちらへ・・・

ノジマ: 横浜市を中心に展開している、家電量販店

このところ、企業の合併や売却は、日常茶飯事ではありますが、20年来の会員ながらも、これも時代の流れのひとつかな~と思っているところです。ユーザーに、いますぐ、なにか起こることでもないので、まずは静観ということに・・・ confident

今日の名言 - 2017/02/03

人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。 ただし、内に求める心無くば、縁は生ぜず。  森信三(哲学者、教育者)

2017年2月 2日 (木)

いただいた土佐文旦

先日、いただいたばかりですが、高知の友人から、今年も、彼の家の庭で採れた文旦を頂戴しました。大・中混じっているものの、大きいのは600g以上。20個以上も届いて、知り合いにも差し上げました。

収穫してから、ひと月ほど寝かせておくといいとのことですが、小さい方から順にいただいています。delicious

Tosabuntan2

文旦(ブンタン)は、故郷では、鹿児島産はザボンと言っていたような・・・ そうそう、砂糖に漬けたのをザボン漬けと言っていた・・・ ボンタンアメなんていうのもあったな~・・・  そういえば、熊本の義弟からは、直径25cmほどもある”晩白柚(ばんぺいゆ)”の名で送られてきていた・・・ ということで、調べると、標準和名は、ザボンだそうで、東南アジアあたりから渡来して、各地で、自然あるいは人工の交配で、いろいろな品種が作られたのだそうな。happy01

ところで、送ってくれた友人は、龍馬研究会 の(先祖が坂本龍馬に繋がる)会長さん。研究誌が3冊、同梱されていました。来年の2018年のNHK大河ドラマは、”西郷(せご)どん”だそうですが、西郷隆盛は2度、土佐を訪れて、新しい時代の画策をしていたことなど、縷々、記されています。

Ryoumakenkyuukai1

彼とは、現在のブログから遡ること20年ほど昔の、ニフティー・サーブ(パソコン通信のひとつ)で、知り合った仲です。きっかけは、龍馬研究ではなく、ともに、海外の子供たちに手を差し伸べる活動(現在のプラン・インターナショナル・ジャパン )をしていたことでした。懐かしい思い出です。

つらつら、キーボードを叩くうちに、いつものように、話が逸れました。coldsweats01

今日の名言 - 2017/02/02

愛と笑いのないところには、楽しみもないはずだ。愛と笑いの中に生きよ。 ホラティウス(古代ローマの詩人)

2017年2月 1日 (水)

如月の紅白の梅

つい先日、開花しましたが、紅白の梅の盆栽が二分咲きです。

これは、紅梅の「大盃」と、白梅の「冬至」を若木のときに接ぎ木したものだと、求めたときに、植木の職人さんが教えてくれました。幹の周りは20cmほど。

Ume75kouhaku

立木の、ピンクの「花香実」や盆栽の「月影」も咲いていますが、絵になりませ~ん。coldsweats01

如月は、衣更着(きさらぎ)が語源ともいわれていて、衣更月とも綴るそうですね。如月の季語を調べたところ、なんと春でした。たしかに、立春までもあと数日。今年は2月4日(土曜日)だそうですね。なお、”立春”は、つぎの節気の”雨水”の前日までの期間も指すのだとか。

正月が、あっという間に過ぎたように、すぐに春ですね。happy01

先週、khaawさんの、園内の花と鳥の記事を拝読したばかりですが、しらこばともときどき訪ねる墨田区の向島百花園です。入り口に建つ芭蕉の句碑です。

春もやや けしき(気色)ととのふ 月と梅 はせを(芭蕉)

Bashoukuhi6

今宵は、4日月・・・moon3

今日の名言 - 2017/02/01

「縁」とは予期しない偶然性である。そこに人生の妙味がある。 源豊宗(日本美術史家、文学博士)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »