« 今日の名言 - 2017/01/31 | トップページ | 今日の名言 - 2017/02/01 »

2017年1月31日 (火)

星の思い出

夕刻、三日月と金星と火星が揃って、西南西の空に沈みました。

昨日、病院の帰りは、バスを利用せずに、重い買い物の食料をぶら下げながら、2kmほどの距離を歩いて帰りました。嬉しいことに、南東の空に、オリオン座を見つけました。美しい星空は、東京の光で、あまり期待できない地ではありますが、冬の大三角形も、かすかに輝いていました。100円のバス代も得しましたが、なによりも、昔々のことまで思い出して、得をしたような・・・

オリオン座を知ったのは、京都で浪人生活をしていたときのこと、東北の宮城県から来た、宮沢賢治を信奉していて、いまなお、”風の又三郎”と自称している彼に、○○君、あれが、オリオン座だよ、と教えてもらいました。それ以来、天空には数多の星座がありますが、それだけは、すぐに、わかります。happy01

彼の父は軍医として戦死、父の顔も覚えていなかった彼も、医学部を目指していましたが、叶わず・・・

一度、彼の故郷へ、亡き妻もいっしょに、山本周五郎の「樅(モミ)ノ木は残った」で有名になった1本の大きな樅ノ木にも案内してもらったことがありました。当時は、山の中の1本の木でしたが、いまは、船岡城址公園として整備されているよう・・・ もう一度、行ってみたいと思っています。

一方、仲良しだったもうひとりは、地方の大学の教育学部に進み、小学校の校長まで勤めていましたが、退職後、まもなく、たぶん、うつ病を患ったようで、自死しました。

夜空を見上げながら、自分も含めて、人生いろいろ・・・と思ったことでした。

そんなことあんなこと、ありしも、変わることなく、オリオン座shineは、輝いていました。confident

« 今日の名言 - 2017/01/31 | トップページ | 今日の名言 - 2017/02/01 »

よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の名言 - 2017/01/31 | トップページ | 今日の名言 - 2017/02/01 »