2018年11月20日 (火)

今日の名言

君は山を呼び寄せる男だ。
呼び寄せて来ないと怒る男だ。
地団駄を踏んでくやしがる男だ。
そうして山を悪く批判する事だけを考える男だ。
なぜ山の方へ歩いて行かない。
夏目漱石(小説家、評論家、英文学者)

「行人」の登場人物の手紙の一節です。

チャンスは、自分で見つけ、自分でつかめ・・・ ということかな。confident

2018年11月19日 (月)

今日の名言

幸福のこんな定義を聞いたことがあります。
「幸福とは、健康と物忘れの早さである」ですって!
わたしが思いつきたかったくらいだわ。
だって、それは真実だもの。
オードリー・ヘップバーン(英国の女優)

2018年11月18日 (日)

小春日和の散策

昨日は、腰痛のリハビリを兼ねて、夏以降、ご無沙汰していた川口市安行(あんぎょう)を訪ねました。

1週間ほど早いかなと思いつつも、小林もみじ園に寄ってみましたが、今年の夏の酷暑のせいか、もみじの葉が、いまひとつでした。葉先が枯れ込んでいます。

Kobayashimomijien25

早々に失礼して、100メートルほど先の埼玉県花と緑の振興センターに車を停めて、園内を散策しました。

キタキチョウが舞っていました。ほどなく、ナリヒラヒイラギナンテンの黄色い花にとまりました。絶世のイケメン、在原業平の名を冠するだけに、蝶も、花の色に負けています。coldsweats01

Kitakichou6

すぐ上には、サザンカ(山茶花)の”富士の峰”がいっぱい咲いていて、もう、散り始めていました。

Sazanka21fujinomine

こちらは、サザンカの”乙女”。乙女椿に、色合いがよく似ています。

Sazanka22otome

サザンカの”手向山”。

Sazanka23tamukeyama

サザンカの”名月”。

Sazanka24meigetsu

早や、ツバキの花も”西王母”などが咲いていましたが、虫に喰われて、花姿がいまいち。

カンツバキ(寒椿)の原種ともいわれる”獅子頭”。もう少し、赤い色ですが、赤は苦手のマイcameraで・・・ 少し、逆光で撮ってみました。

Kantsubaki13shishigasira

寒椿は、横に広がる性質がありますが、こちらは、立寒椿の代表の”勘次郎”。

Tachikantsubaki5kanjirou

こちらは、武蔵野を代表する樹のケヤキの中でも、この安行近辺で、発見された、横に張らない、まっすぐ上に伸びる”武蔵野1号”という、ケヤキです。落ち葉が広がらないので、庭園や街路樹に向いているのだとか。右手奥は、武蔵野2号で、やや、横に広がっています。

Keyaki14musashino1gou

おかげさまで、ようやく、腰の痛みも癒えてきましたが、遠出するには、寒い季節に向かいますので、残念。もう少し、養生いたします。coldsweats01

2018年11月17日 (土)

初冬のひとつの花

オキザリスの”バーシーカラー”という品種の花が咲き始めました。鉢植えです。この花は、このように、傘をすぼめたような、長さ2cmほどの蕾が、可愛らしくて、きれいです。

花は半開を看、酒は微酔に飲む。この中(うち)に大いに佳趣(かしゅ)あり」と、洪自誠(応明)の処世修養編の「菜根譚」にありました。微酔に飲むbottle、これは、いつも守れませんけれど・・・ coldsweats01

紅白の美味しそうな捩じり飴のようにも見える蕾と、開花し始めたものもあり。

Oxalis13versicolor

小春日和の中で、開花しました。真上から見ると、径も2cmほどの、ふつうの白い花ですけれど・・・ coldsweats01

Oxalis14versicolor

夕方になると、すぼみます。raincloudの日は開きません。何度繰り返すのか、今回は、気を付けて観察することに・・・

紅白に 寿ぎ咲けり オキザリス 功雪 オキザリス(=はなかたばみ)の季語は、春でした~coldsweats01 初春まで咲く種類もあるからかな?

2018年11月16日 (金)

今日の名言

不幸というものは、耐える力が弱いと見てとると、そこに重くのしかかる。 シェイクスピア(英国の劇作家、詩人)

2018年11月15日 (木)

今日の名言

さあ、元気を出して行動に打って出よう、
どのような運命にも立ち向かう勇気を持って。
いよいよ励み、
いよいよ求め、
労苦し、
時を待つことを学ぶのだ。
ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー(アメリカ合衆国の詩人。代表作:「人生讃歌」など。ダンテ・アリギエーリの「神曲」のアメリカでの初めての翻訳者)

最後の、”時を待つことを学ぶのだ” いい言葉ですね。good
いつも、傍らの本棚に置いているアーネスト・ヘミングウェイの「老人と海」の名言、
釣れない時は魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい
を思い出したことでした。confident

2018年11月13日 (火)

久しぶりの日比谷

昨日は、久しぶりに、電車に乗って、日比谷のシアタークリエでの観劇に行ってきました。

東京の地下は、数十年前は、乗り降りのホームと地上との連絡階段があったくらいですが、いまや、もぐらのトンネル。いや、それが広くて、入り組んでいて、たまに行くと、迷子ではなくて、迷爺になりまする。coldsweats01

それはともかく、早く着いたので、日比谷公園側に出ました。東京のど真ん中の公園ではありますが、正直、すばらしい公園とは言い難く、これから、再々整備が行なわれるようですが、オリンピックに間に合うのかな?

かつては、江戸城の濠の一部だったという心字池。日比谷通り側には、いまなお、高い石垣が残っています。

Hibiyakouen3

なにかイベントがあるのか、作業車が乗り込んでいて、大噴水もいまはシーズンオフで、絵になる風景は撮れませんでした。

小音楽堂のステージ。山茶花が咲いていて、周りの木々が、紅葉し始めていました。

Hibiyakouen4

日比谷門(右下)の近くから撮影。手前はフラワーショップの日比谷花壇で、見慣れない高層ビル?? 今年3月、オープンしたばかりの複合施設、”東京ミッドタウン日比谷”でした。地上35階建てだそう・・・ 地上54階の六本木の東京ミッドタウンには、及ばず・・・

Tokyomidtownhibiya1

日比谷門を出て、日比谷通りを渡って、銀座五丁目方向へ直進すると、右手には帝国ホテル、左手には、東京宝塚劇場。その先がシアタークリエ。5年ほど前も、ここで、同じ演出、ピアフ役も大竹しのぶの”ピアフ”を観ていて、2回目でした。

Theatrecreation1

Piaf7

エディット・ピアフは、貧民街で育ち、歌と愛と栄光を得、その一方、悲劇もあり、47歳の若さで逝去。没後55年にして、いまなお、フランスのシャンソン歌手として、愛されているそうです。身長140数cmと小柄で、”ピアフ”は、”雀”という意味だそう・・・ そういえば、美空ひばりも”雲雀”でしたね。happy01

2回目ではありましたが、半分以上、演技は忘れていて、2時間半ほど、大竹しのぶ演じる、歌とストーリーに酔いしれたことでした。600席が満席でした。席で落ち合ったお嫁ちゃんのお父さんは、かつて、映画も観たことがあるとのことで、ピアフのことはよく存じておられましたが、すばらしい舞台に、ともに感激したことでした。いい席を用意してくれた辻萬長もひとり何役もこなして、元気、元気。

それから、ミッドタウンの1階で、cafeをいただき・・・

Tokyomidtownhibiya2

馴染みの料理屋に連れて行ってもらって、ゆったりと、和食に舌鼓を打ち、8時半過ぎに帰途につきました。

あちこちで、クリスマスツリーも見かけて、通りの街路樹(けやき)もshineで、すでになにか、師走の雰囲気でした。

Hibiya1

いい一日でした。good

今日の名言

そのせいで落ち込んでしまうぐらいなら、不満の種を捨てちゃえばいいのよ。 ティナ・ターナー(米国の歌手、女優、作家)

2018年11月12日 (月)

昨日の話&今日の名言

まずは、”今日の名言”から・・・

人間、今が一番若いんだよ。明日より今日の方が若いんだから。いつだって、その人にとって今が一番若いんだよ。 永六輔(日本の元放送作家、作詞家、タレント、随筆家)

昨日のことは、過去のことなれど・・・ happy01

秋の空というほどでもありませんでしたが、幸い、晴れた空の下、お嫁ちゃんの実家へ、初孫を迎えに行きました。

それが、あろうことか、待ち合わせの駅前で、定刻に待っていたところに、愚息から、「今、起きた~」の電話・・・ ”今日の名言”で、「どんな愚かな者でも、他人の短所を指摘できる。そして、たいていの愚かな者が、それをやりたがる」とアップしてきたばかり・・・ 愚か者のしらこばとではあるものの、「いまもって、時間にルーズか~」などと、叱責など致しませぬ。happy01

イオンで、手土産を買うので、待ち合わせの場所・時間を変えて、出合ったことでした。

それから、都内の板橋区に近づいたところで、朝食がランチになって、それから、あちらのお宅に到着。

すぐに、若いおばあちゃんが、しらこばとに、孫をだっこさせてくれました。初経験。誕生のときは3キロ、ほぼひと月余で、4キロになっていました。先方は、こちらのおじいちゃん似だと言ってくれましたが、それじゃ~、可哀そう・・・ coldsweats01 

でも、かわいかった~ 早々に、爺バカ happy01 

誰に似てもいいけれど、元気に育てば、goodと、いう話になったことでした。

無事、東京・埼玉を流れる三大河川の、荒川、中川、江戸川を越えて、高速道路は80キロ以下の安全運転で、送り届けました。happy01

この記事が掲載の月曜日は、先方のお父さんというより、じいじ二人で、日比谷のシアタークリエで、大竹しのぶ主演、友人の辻萬長も演じる「ピアフ」を観ています。チケットはしらこばと、あとの飲み代は向こう持ち・・・ さて、どちらが高くつくか? それよりも、久々の電車利用(相互乗り入れの東武線・日比谷線)で、腰痛が心配なれど、昨日の調子では大丈夫そう。今日の観劇&痛飲?のお話は、また後日・・・

2018年11月11日 (日)

今日の名言

どんな愚かな者でも、他人の短所を指摘できる。そして、たいていの愚かな者が、それをやりたがる。 ベンジャミン・フランクリン(米国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者)

2018年11月10日 (土)

ココログのカード集め

@niftyココログ管理ページで、部屋用・きせかえ用のアイテムを集められていらっしゃる方も多いですよね。このところ、交換したいアイテムもなかったので、カード集めの暇つぶしをしていました。といっても、1日、2、3回、数分のガチャですけれど・・・

3週間ほど前から、同じカードを3つずつ並べてみるかと思いつき、ついに、とうとう、すべての種類のカードが順序よく、集まりました~

こんな趣味の暇人は、ほかには、いらっしゃらないと思いますので、恥ずかしながら、公開しま~す。happy01

同じものが3つずつ、きちんと、並んでいるでしょう。スターの数も、キリのよい600スターというおまけつき。good 自慢じゃないけど、この根性! ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

なお、これは、カードアルバムではありません。すぐに使えますが、西郷輝彦の”星のフラメンコ”にありましたね~ ”こわしたくな~いnotes あぁ、旧人ですね。coldsweats01

Cards1

Cards2

Cards3

完成したところで、今朝、久しぶりに、カード合成をすると、一発で、”石庭もみじmaple窓大”、続いて、”もみじmapleまんじゅう皿”もゲット。部屋の編集をしました~ ポチッとをお送りいただいた皆さんに感謝!

明日から、大相撲が始まりますが、こちらは、先に、15日+αの千秋楽 maple で、さしずめ、カード集めの敢闘賞か技能賞かな。good 自画自賛!coldsweats01

2018年11月 9日 (金)

つれづれの記

一昨日(7日)、米国では、2院の選挙結果が発表されている最中、こちらは、次元が低い、3院巡りをしていました~ 3院って、整骨院、理容院(散髪屋)、病院(クリニック)。(´,_ゝ`)プッ

いずこも、高齢者ばかり・・・ もっとも、ウィークデーの昼間にこのようなところへ行けるのは、高齢者しかいませんからね。coldsweats01 

整骨院では、腰痛の完治を目指しているものの、あと少しのところで・・・ 完治できるのやら? まあ、希望をもって・・・ 

散髪は、このところは、5~6週間に1度のペース。もう、散髪する前から、髪は散りぬるを。weep

クリニックは、月に一度。(行列ができるクリニックとあって)待つこと、3時間。診察5分。┐(´д`)┌ヤレヤレ おかげさまで、血糖値は、半年で、受診勧奨判定値(HbA1c、6.5(旧いJSD値ならば、6.1相当))まで下げました。これまた、┐(´д`)┌ヤレヤレ もう、合併症の心配はないとのことで、これ以上は、無理しないことにします。(゚ー゚;

クリニックでは、iPadで、ときどき、米国の2(両)院の中間選挙結果と皆さんのブログを見ながら、暇つぶしの、ソリティア(カード・ゲーム)、詰め将棋をしながら、待っていました。

これは、今日のNHK WEB NEWSの記事から・・・ なぜか、開票開始から2日目の午前中でも、未確定あり。情報通信最先端の国がどうなっているのやら? いずれにしても、結果は、上・下院のねじれとあいなりましたね。

トランプ大統領は、上院で、いまのところ、+1の過半数で、勝利のつもりらしいけれど、この数字をよ~くみると、今回の上院の改選数は、35議席。そのうち、共和党は、9議席しか取れていないという・・・ ある意味、負け戦なり。down

あと、2年間、トランプ大統領の政権運営ははたして?? 日本の隅っこで、心配することでもないけれど・・・

Usachuukansenkyo2018

上の画像は、Windows10のWindowアクセサリのひとつ、Snipping Toolで、チョキチョキ切り取りました。便利なツールです。

=============

もうひとつは写真ネタで、さしたることもないことですが、我が家の庭の飼い鳥(キジバト、山鳩ともいう)の話・・・

ヤツデの葉陰で、2羽の雛chickが孵ったのは、7月上旬で、掲載もしましたが、あれから、4か月で、成鳥になった1羽が、ずっと、餌を求めて、やってきています。親鳥は、同じところでは、産卵しない習性があるそうですが、それでも、ときどき、2羽で訪ねてきます。

こちらは、誕生した2羽のたぶん、♀の1羽。というのも、♂の幼鳥は、親鳥の♂から、独立するよう促されて? 追い立てられて、巣立ちからひと月ほどで、いなくなりました。

個体の確認は、尾の先端の白い部分の形状とすり減り具合で、識別しています。よく観ていると、顔の違いまでもわかるようになりました~ 暇ですね~ happy01

Kijibato40_2

Kijibato39_2

4か月前の巣立ち前の雛・・・

Kijibato30hina

外は、1日、rain 暇人にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

今日の名言

尊敬すべき幸福な人は、逆境にいても、つまらぬことはくよくよせず、
心配しても始まらないことは心配せず、自分の力のないことは天に任せて、
自分の心がけをよくし、根本から再生の努力をする人である。
武者小路実篤(小説家、詩人、劇作家、画家)

2018年11月 8日 (木)

今日の名言

楽天主義も悲観主義も一つの思考習慣によるものです。楽天家の人生が楽しく、悲観主義者の人生が暗いのは当然です。どちらもそれを望んだからです。 ジョセフ・マーフィー(米国で活動したアイルランド出身の宗教者、著述家)

2018年11月 7日 (水)

今日の名言

それはあまりたいした問題じゃない。私はいつもこの「それはたいした問題じゃない」という哲学を持ってきた。 アンディ・ウォーホル(米国の芸術家、ポップアートの旗手)

2018年11月 6日 (火)

もう、冬到来?

北国の方々からの、山の冠雪の記事を読ませていただいております。関東の冬は、木枯らし1号が吹き始める頃からの、今月半ばですね。

立冬は、明日、7日(から)ですね。晴れた日には、狭い我が家でも、日の光が、奥まで伸びています。太陽の南中高度は、およそ39度(夏至のときのほぼ半分)で、さらに、冬至までには、あと、7度下がるそう・・・

ちょいと油断して、昨日は、風邪?で微熱が出ました~ weep すぐにルル3錠で、下がり、夜には、いつものオンザロックのウィスキーではなく、お湯割りの焼酎で、芯から、芯から温めてhappy01、大丈夫そう。皆さんも、お気を付けください。

ところで、今日は、米国では、中間選挙日ですね。共和党、民主党、五分五分での競り合いだそうで・・・ 日本も、2大政党になるといいのですが、いまや、野党の影薄し・・・ 一党独裁では、どこぞかの国とまさに同じ。民主主義とはほど遠い・・・

中間選挙の結果で、米国の政治に、そう大きな変化はないとは思うものの、世界が冬の時代になりませぬよう・・・ confident

いずれ花咲く、蕾いっぱいのシャコバサボテン・・・

Shakobasaboten5

今年生まれて、ほぼ成魚になったメダカ(楊貴妃、幹之、白メダカ)。冬支度済み。

Medaka53

2018年11月 5日 (月)

今日の名言

自分をその人より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。 また、その人を自分より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。 そうした時、人と生きるのがたやすくなる。 トルストイ(ロシアの小説家、思想家)

今日の名言

包帯を巻いてやれないのなら、他人の傷にふれてはならない。 ヘッロ(作者不詳、三浦綾子の「続 氷点」にも類似の名言があるそうです)

2018年11月 4日 (日)

今日の名言

何事も単純に考えなさい。 心の平安を勝ちとろうとあくせくしてはいけない。 あわてなければ、心は自然と静まる。

この世で寛大さほど強いものはなく、真の強さを身につけた者ほど寛大になる。

フランシスコ・サレジオ(16~17世紀の宗教改革の頃のジュネーヴの司教。カトリック教会の諸聖人の中で、もっとも温厚な聖人と言われている)

余談のよだんながら、しらこばとの洗礼名は、サレジオ会(サレジオに倣って、後ちの聖人、司祭ヨハネ(ドン)・ボスコ設立)の教会で受洗したこともあって、畏れ多くも、この方の御(み)名を戴きました・・・ happy01sweat01

2018年11月 3日 (土)

今日の名言

たった一言が人の心を傷つける。たった一言が人の心を温める。 作者不詳

2018年11月 2日 (金)

万霊節

”ばんれいせつ”と読みます。同じキリスト教でも、カトリックのほかは存じませんが、今日、11月2日は、カトリック教会では、万霊節(=死者の日、All Soul's Day)です。昨日は、諸聖人の日(万聖節)でした。いずれの日も、ミサが捧げられます。

仏教では、一周忌、三回忌などをはじめ、お盆、春彼岸、秋彼岸などでもご供養をしますが、キリスト教では、少なくとも、カトリックでは、年に一度の万霊節のみで、法要の概念がないので、親族、知人が集まることもありませんし、お供えもありません。ただ、花は飾りました・・・ smile

from my photo library

教会の写真を4枚・・・

カトリック小樽教会富岡聖堂(旧名称:カトリック富岡教会)」

小樽の高台にある献堂80年を超えたゴシック様式の教会です。小樽市の歴史的建造物に指定されていて、赤い屋根と八角の鐘楼の美しい教会でした。

(北海道の南半分を2週間かけて、マイカーで旅(ドライブ)をしたときに、寄せていただきました。あれから3年半しか経っていないのに、いまでは足腰が痛いとは情けない。weep 元気になってまた再び・・・coldsweats01)

Catholictomiokaseidou1

礼拝堂内部は、向かって、左に聖母マリア、右にキリストのそれぞれの像が配されていました。

Catholictomiokaseidou2

こちらは、栃木県宇都宮市の「カトリック松が峰教会」です。こちらも、献堂80年を超えていて、地元産の大谷(おおや)石でできた現存する建築物としては最大級のロマネスク・リヴァイヴァル建築で、国の登録有形文化財に登録されています。

(こちらは、去年の11月に、日光東照宮、奥日光を訪ねた折に、寄せていただきました。)

Matsugaminecharch1

そう遠からず、ミサに参加して、大谷石の建物の中で響く、パイプオルガンの音と聖歌(=プロテスタントでは賛美歌)を聴いてみたいもの・・・ notes

Catholicmatsugaminekyoukai1

末筆で失礼ながら、主の平和 ♰ 

2018年11月 1日 (木)

今日の名言

お茶はね、まず形なのよ。初めに形を作っておいて、あとから心が入るものなのね

わたし、最近思うんですよ。こうして毎年同じことができるってことが幸せなんだな~って

先月中旬に観た映画『日日是好日』(←リンク先は拙い記事)の樹木希林さん演じる、茶道の先生(師)のセリフです。

たしかに、茶道に限らず、華道や書道など、また、スポーツと、文武いずれにも、さらに、勝負事(たとえば、将棋や囲碁など)にも、すべからく、先人の教えの”形”がありますね~ 

でも、いまの日本人は、その”形”を崩している、あるいは、失くしているような・・・ その形という器がなければ、入る”心”もない・・・ confident しらこばとのつぶやき

2018年10月31日 (水)

今日の名言

我等は人間の有する性情を「何所より」「何処へ」「何のために」「かくあるべし」と詮索するよりも「何である」と内省することこそ緊要である。 倉田百三(劇作家、評論家) 著書「愛と認識との出発」より

2018年10月30日 (火)

天高く

昨日は、鹿児島県の種子島宇宙センターのあたりも、天高く・・・

ネットのNHK NEWS WEBで、打ち上げ直後に観ましたが、種子島宇宙センターから、人工衛星「いぶき2号」を載せたH2Aロケット40号機が打ち上げられて、成功しましたね。

H2Aロケットは、これで、成功率97.5%。すばらしい!good

「いぶき2号」のミッションはおもに、雲を避けて赤外線を検知する高性能センサーで、温室効果ガスの二酸化炭素やメタンなどを宇宙から観測するのだそうです。二酸化炭素やメタンが自然に発生したものなのか、工場などの産業活動で発生したものかも見分けられるのだそうです。(一部、記事を参照)

偶々の話: 土曜日のこと、整骨院で、治療器の準備をしていただいた女性のお名前が「息吹」さんでした。「珍しいお名前ですね。いいお名前ですね」と話したばかりでした。

この人工衛星の名前は、ひらがなですが、あえて漢字で書けば、たぶん、”息吹”でしょう。たしかに、いい名前ですね。春の息吹などでも使いますが、神様の息吹は、罪やけがれを祓(はら)うとも言いますし・・・

この衛星の観測結果で、そのうち、地球温暖化の主因が判明することでしょう。自然現象ならば、ホモサピエンスの絶滅か?coldsweats02、工場などの産業活動ならば、(現状では、望むべくもないけれどthink)人類の知恵で削減、解決されることを願うといたしましょう。

昨日は、関東も天高く、秋のいい日和でした。

お向かいの、まだ樹高が低いハナミズキ(アメリカヤマボウシ)ですが、なんと、ひと房に、こんなに実がついています。秋の日に映えていましたので・・・ camera

Americayamaboushi40mi

お隣の、こちらもまだ低木のヤツデですが、早くも、花が咲いています。霜月・師走の花です。

Yatsude12

一方・・・

散歩の途中、公民館の花壇では、まだ、ガザニアの花が咲いていました。蕾もあります。初夏からずっと咲き続けて、そろそろ、終わりでしょう。よく頑張るからか?どうかは知りませんがcoldsweats01、別名、”勲章菊”なり。happy01

Gazania1

とりとめもない記事を終わりまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

2018年10月29日 (月)

みっつの贈り物

昨日は、ふたつの贈り物をお嫁ちゃんの実家へ宅配便で送りました。

母子とも、1か月健診で異状がなければ、来月中旬に、自宅に戻るので、そのときは、迎えに行く予定です。

ひとつは、shadowの読者の親友の〇彦さんご夫妻から、誕生お祝いに早々に頂戴しましたロンパース: 乳幼児用の背開き、上下のつなぎの服と言ったらいいのかな? フランスのブランド品で老舗のプチバトーの品。w(゚o゚)w Many thanks to 〇彦さんご夫妻。

Rompers1

--------------------------------

さらに、昨夕、息子からの電話で、もうひとりの親友の〇彦さん夫妻からも、直接、お祝いを頂戴したとのこと。お品は、近々、息子宅へ行きますので、その折、拝見させていただきます。〇彦さんのご健康を心より祈っております。皆で、またお会いしましょう。

ありがとうございました。

--------------------------------

加えて、しらこばと爺からは、こんなささやかなものを同梱しました。coldsweats01

実は、かれこれ、30年ほど昔、家族で帰省の折、いまではパパになった息子の、端午の節句のお飾りにと、窯元で求めて、季節には、掲額していた兜の陶板があったのを思い出して、棚から下したところ、額縁が色あせたり、少し傷がついていました。陶板はgood・・・

そこで、土曜日のブラタモリで、放映された柿右衛門窯、そして、香蘭社の近くの今右衛門窯と並ぶ、源右衛門窯の製品でしたので、メールで額縁だけ、お願いしたところ、「現物を額入りのまま送ってください」とのことでしたので送りました。折り返し、新しい額入りで、立派なオリジナルのケースに入って、返送されてきました。多分、(方言で)有田んもん(の者)です、と付記したのでcoldsweats01、特別な扱いだったのかも?

なお、上記の3つの窯元は、それぞれ、作風に違いがありますが、”有田の三右衛門”と称されています。

本で言えば、装丁だけ新しくなった、額入りの兜の絵の陶板。お蔵入りが蘇りました~ happy01

Kabuto1 

孫、誕生から今日で、23日目ですが、これは、16日目の動画から・・・いいお顔を1枚・・・ smile (あっ、歯はまだ生えていません。coldsweats01)

10221 まさに、穢れなきベイビー 誰しもこんな日がありにけりか~ confident

2018年10月28日 (日)

今日の名言

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 マザー・テレサ

2018年10月27日 (土)

お暇で、よろしかったら・・・

今夜、27日19時30分から、”ブラタモリ ”で、しらこばとの第一の故郷の佐賀・有田が放映されます。https://www.nhk.or.jp/buratamori/

今日は、こちらも訪ねられるようです・・・ 酒井田柿右衛門窯 https://kakiemon.co.jp/about/gallery/

ご存知のとおり、世界の有田焼で、17世紀、江戸幕府の鎖国政策のもとでも、貿易が許されていた、おもにオランダの貿易会社(オランダ東インド会社)を通して、伊万里の港から輸出され、銘品は、ヨーロッパの王侯貴族を魅了しました。

当時の有田焼を古伊万里と呼ぶのは、積出港が伊万里だったからです。

先週も舞台は、同じく有田でしたが、磁石場(原料となる陶石の採掘場)の話が中心でした。タモリさんは、地質や岩石に博識な方で、陶石がどのようにして生成されたのかを知り、まさに、目から鱗でした。かつての火山活動の微妙な匙加減で、生まれたのだとか。

from my photo library

泉山採石場(李参平発見之磁礦地)  右手のふたつの穴は手掘りの跡で、子供のころ、探検と称して、ワルガキとの遊び場でした。happy01

Aritajikouchi1

今日の名言

山へ登ったということは、山へ登って降りたということです。人生もよく似ていて、登った人生は降りることによって完成させなければいけません。山へ登りっ放しのことを遭難した、といいます。 カール・グスタフ・ユング(スイスの精神科医、心理学者)

2018年10月26日 (金)

今日の名言

気のふさいだ馬を見たことがあるか?
しょげかえった小鳥を見たことがあるか?
馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ。
デール・カーネギー(アメリカの作家、教師、自己開発・セールス・企業トレーニング・スピーチ・対人スキルに関するコースの開発者 著書:「人を動かす」や「道は開ける」など)

«夕べの空の不思議