2018年1月23日 (火)

今日の名言

心月輪(しんがちりん) 良寛禅師 意味するところは、”心は満月そのもの”

心月孤円、光万象(ばんぞう)を呑む 盤山宝積(中国の禅師)

いずれも、禅語ですが、無心にまで行きついた心は、孤高で欠点がなく、一切を包み込み、自由に輝く、ということです。

2018年1月22日 (月)

恋に溺れるのが・・・

こちらは、ちらほらと雪snowが降ってきました。午前10時現在、まだ、積もるほどではありません。

外出もできないので・・・ こんな話題でも・・・

先だって(12月中旬)、「栃木のそばを食べにいらっしゃい」と言われて、高速を飛ばして行ったことは、記事にいたしましたが、そのとき、いただいた1枚・・・ 施設の皆さんで書かれたと思っていまして、面白かったのですが、著作権もあることだし、と思ってご披露せずに、年を越しました。ネットで調べたら、あ~るじゃないですか。なんと、2015年の「笑点」の解答だということがわかりました。happy01 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ご披露いたします。happy01

しらこばとも、そう遠からず・・・ coldsweats02

1.恋に溺れるのが18歳。風呂で溺れるのが81歳。

2.道路を暴走するのが18歳、逆走するのが81歳

3.心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳

4.偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳

5.受験戦争を戦っているのが18歳、アメリカと戦ったのが81歳

6.まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳

7.東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳

8.自分探しの旅をしているのが18歳、出掛けたままわからなくなって、皆が探しているのが81歳

9.「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳

お心あたりのある方は、いらっしゃいませんよね。まだsign02 失礼! しらこばとは、すでにいくつかあるような・・・ coldsweats01

その記載された1枚をお贈りいただきましたM.S.さま、ありがとうございました。そうなる前に、お世話になりに行きます。happy01

今日の名言

別無工夫(別に工夫無し) 夢窓疎石(むそう そせき) 鎌倉時代~室町時代の臨済宗の禅僧

ここで、”工夫”は、日本語の工夫ではなく、中国語での、手間、仕業(=行い、仕事、作業など)、そして、努力のことで、禅僧にとっては、修行のことだそうです。

修行のための修行はなんの益にもならない。本来日常底の中にこそ仏法はある。各自が与えられた場所で真剣に物事に取り組む。あれこれと計らず、慮(おもんばか)らず自らを尽くしきることこそ修行に他ならない。「夢中問答」より

”日々よりよく生きること”が、すなわち修行であるので、あえて、それは、格段の修行というものでは無い、という意味でしょう。

もっと平たく言えば、日々、なすべきことをきちんと行なっていれば、それでよし。裏を返せば、きちんとやっていないから、大慌てすることになるということかな。coldsweats01

この禅語に出合ったのは、なんと、お世話になっていたカトリック神父の執務室に掲げられていました。神父は、たとえ、異教であろうと、人の道として、受け容れられていたのでしょう。confident

はじめ、この書の四文字が読めなくて、帰宅してから、「五體字類」(ごたいじるい)と、ネット検索で、ようやく、調べ上げたことでした。coldsweats01

一度、信徒会館に掲げられていたときもあり、そのとき、撮影しました。

これが、”別無工夫”の書(模写?)で、真の墨蹟は、京都の相國寺所蔵とのこと。

Zengo1

わずか四文字で、長~い記事になりました。smile

2018年1月21日 (日)

今日の名言

あなたに必要なのは、祈り、忍耐、謙遜、神の御心を受け容れることです。自分の望みに合わない時も、むしろその時こそ、御心を受け容れるのです。 ヴィンチェンツォ・チマッティ(イタリア出身の司祭、カトリックの尊者、教育者、作曲家、著作家)

宗教が仏教の方は、仏あるいはブッダと読み替えてもよろしいかと・・・ でも、両者は、基本的に、教義の原点が違うような・・・ confident

それはともかく、尊者、チマッティ神父は、しらこばとがお世話になっていた東京・調布市にある調布教会の地下聖堂で、棺の中で(ご遺体は)、眠っておられます。

Cimatti3 お優しいまなざしの尊者

2018年1月20日 (土)

大寒の日の草木

20日(土曜日)、大寒の日の朝。曇りで気温5℃。

庭先を eye 。いろいろな草木の蕾が目につきました。happy01

1年で一番寒い時季ですが、でも、あと、2週間で、節分に、春分ですね。

盆栽や植木の草木も、春近し・・・

盆栽の梅の蕾です。品種は、「思いのまま」で、紅白の花が咲き、花弁も紅白の絞りがあるのですが、我が家のは、接ぎ木した枝が白系だったようで、上質ではありません。求めて、もう、干支を一回り。confident

Ume93omoinomama

こちらは、「河津桜」。オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種といわれていて、早咲きの桜です。発見された静岡県河津町では河津桜まつりが2月~3月上旬に開催されますね。まだ、桜まつりもなかった40年ほど昔、観にいった思い出の桜なので、盆栽にして育てています。

Sakura86kawazuzakura

立ちあがってきた春蘭の花茎です。今年は、花茎はひとつだけ。でも、変わっていて、1茎から2花の双頭花が咲きます(昨年はそうでしたが、いつもかな?)。春蘭なれど、その名は、「雪山」。熊本県で発見されたとのこと。

Shunran19setsuzan

ボタンの花芽(新芽かな?)も、毎年、増えています。名前は、「花遊」。ボタンの開花は、まだずっと先の4月ですね。

Botan24hanaasobi

椿は、ひとつふたつ、咲き始めました。去年は、アメリカシロヒトリの虫害がなく、蕾がいっぱい着いています。これは、「春曙光」。

Tsubaki36shunshokou

シャコバサボテンは、我が家は未開花です。雪が降る前にと、昨日、家の中に取り込みました。

Shakobasaboten4

とうとう、関東も来週は、雪が降るかもという天気予報・・・ 風邪を引かないようにいたしましょう。

今日の名言

温室栽培の二十四時間人工の光線に照らされているところにいて、そこに一条の光が雲間から射してきたとしても、それを光明と感じて感激することはありません。真っ暗闇のなかで、爪から血が滲むようにして希望を探している。そこへ窓から一筋の光が射してくるから、それを光明と感じて、人は感動するのです。 五木寛之(作家) 「何のために生きるのか」 五木寛之・稲盛和夫共著 より

2018年1月19日 (金)

今日の名言

死というものは肉体の死ではあっても、たましいにとっては永遠の旅立ちだと私は思いますので、その旅立っていく私のたましいをより美しいものにしたいという気持ちがあるのです。それがどうも神さま、あるいは自然が、われわれに与えてくれた「人生の意味」なのかもしれないと思います。 稲盛和夫(実業家、京セラ・KDDI創業者) 「何のために生きるのか」 五木寛之・稲盛和夫共著 より

2018年1月18日 (木)

いつもの来訪者

毎日、みかんを半分・・・ これを目当てに、メジロ夫婦が、いつも仲良くいっしょにやって来ます。

掃き出し窓のガラス越しに撮りました。窓からおよそ50cmの至近距離です。カメラからは、1m50cm。happy01 いつもは、紐に結んだ針金に通して、ぶら下げていますが、これは、キジバトとスズメ用の餌入れの蓋の上です。

来訪するようになって、ひと月を過ぎて、すっかりというほどでもありませんが、慣れて、こちらが、じっとしていると、このようにして、夫婦で交互に、食べます。一方は、いつも、周りの監視をしています。ヒヨドリが来ると、キリキリキリとか、さえずりにも似た警戒声を発して、逃げます。Σ(゚д゚lll)アブナッ !

片足をかけて、足からず・・・ coldsweats01 黄色の喉もとも、白っぽいお腹も、みかん色に染まっています。

Mejiro50

メジロの体重は、わずか、およそ10g。1円玉10枚。その体で、北海道のメジロは、秋には、津軽海峡を越えて、本州へ渡ってくるそうです。ほかにも、海を越えるのは、ヒヨドリをはじめ、60種類ほどいるそうですけれど・・・ confident

菜畑の 日和をわたる 眼白かな 原 石鼎(はら せきてい)  目白は秋の季語。夏の季語とされている本もあり。 

今日の名言

学問は興味から、もしくは好奇心からはいったものがもっとも根強い。 柳田國男(民俗学者、官僚、作家(代表作:遠野物語))

2018年1月17日 (水)

今日の名言

「人生は楽しいものだ」と思う。 ・・・ 人生が苦しいものである必要はまったくない。楽しいものだと考え、楽しくするために努力しよう。 ジェリー・ミンチントン(米国の自己啓発作家、エッセイスト、実業家、講演家)

2018年1月16日 (火)

学友との新年会

昨日は、半世紀前に、ともに、学んだ、いや、そのころから、遊んだ?coldsweats01、学友と、新年会を開きました、家族ともども付き合ってきましたので、奥方ふたりをまじえて、6人で、関東の銘茶の産地で有名な狭山市で、昨夏以来の再会でした。ふだんの物忘れthinkどころか、昔の思い出が走馬灯のように蘇って、話は尽きませんでした。happy01

(雪国の方々には、言うのも憚りまするが) 関東の冬の空で、快晴でした。sun

朝、外環自動車道を走っているとき、オリンピックのボート会場にも名乗りを上げた(選ばれませんでしたけれど)”彩湖”(埼玉県戸田市)に架かる橋、幸魂大橋(さきたまおおはし)からは、冠雪の富士fujiが見えました。

雪の富士 遥かなるかな 友と会ふ 功雪

友人のふたりで、セットアップしてくれたとてもすてきなお店(レストラン)でした。エントランスには、まだ、お正月の雰囲気のお飾りが・・・

Entranceofshop1

いろいろオプションありのコース料理をいただきました。目にも美しい料理でしたので・・・camera

写真を撮ったのは、前菜とデザートのみ・・・ メイン・ディッシュは、マナーよろしく、お品ごとは撮りませんでした。coldsweats01

Appetizer1

Dessert1

帰りは、一般道を走りましたが、新座市あたりで、夕映えの富士も見えました。

車で行ったので、ノンアルコール・ビールでお付き合いをしたので、自宅近くのSCに寄って、帰りは高速料金を払わずに済んだな~と思って、ウイスキーは、棚の中で、一番高いのを買いましたとさ。happy01

今日の名言

「頑張って働くことはいいことだ」という価値観から抜け出して、人生を楽しむゆとりを持つことが大切です。そのためには、会社で働く自分という社会的な軸と、もうひとつの軸を持っておくことが有効です。何かひとつでいいので、自分が好きなもの、ここなら自分を認めてもらえるという場所をつくっておくこと。 香山リカ(精神科医)

2018年1月15日 (月)

今日の名言

互いに愛しあい、助言しあい、過ちは矯正しあいなさい。けれども、嫉妬や恨みは抱き合わせないように。 ドン・ボスコ(イタリアのカトリック司祭、教育者).

2018年1月14日 (日)

今日の名言

いい人生とはプロセスであって状態ではない。方向であって目的地ではない。 カール・ロジャーズ(米国の臨床心理学者)

2018年1月13日 (土)

寒中お見舞い

鏡開きの日も過ぎて、お正月飾りや用品の片付けも済んだところで、おもに、喪中のお葉書をいただいた方々へ、寒中お見舞いのはがきを送ることにしました。

一部、手書きのスペースを設けましたが、そこは、カットしたり、削除して、掲載いたします。手書き部分が手間がかかりそう・・・ confident

Kanchumimai20183

切手は、62円ですよね。ところで、切手収集アルバムで、12年前のお年玉切手を見ると・・・ 当時、はがきは、50円でした。干支一回りで、物価はそれほど上がっていないというのに、24%も値上がり。この間に、民営化されたというのに・・・ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ もっとも、今年の年賀はがきだけは、52円の大安売りをしたけれど、もう、若者に限らず、はがきを書く時代ではないしね。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ… happy01

平成18年のお年玉切手

Otoshidamakitte18

今日の名言

究極の成功とは、 自分のしたいことをする時間を自分に与える贅沢である。 レオタイン・プライス(米国のソプラノ歌手)

2018年1月12日 (金)

鏡開き

鏡餅を飾っていました。といっても、(レンジでチン、2分30秒)「サトウのごはん」で有名な新潟の佐藤食品(販売は、新潟や関東だけかな?)のお飾りの、ささやかながらの鏡餅。coldsweats01 ふるさとでは、土間で、餅つきをした時代もありました。大きな丸餅を重ねて、ウラジロも山で採ってきて飾っていました。

昨日は、鏡開きの日でしたので、下げる前に、camera

Kagamimochi1

まさに、鏡開き・・・ プラスティック?の餅を、開きました。中から出てきたのは、丸餅10個でした。happy01

自分で搗いた餅もあるし・・・ いえ、いつもは、パンを作るホームベーカリにもち米を入れただけ。すぐにできるんですよね。coldsweats01 当分、餅を主食に暮らします。delicious

鏡割 卒寿の翁の 手に力 功雪  これを詠んだときまで、あんなに元気だったのに、とうとう、逝ってしまった。confident

Marumochi1

屠蘇器も、姫嫁が来てくれたので、何年振りか、押し入れの棚から出しました。妻がそれはそれはご丁寧にしまってくれていましたが、元に戻せな~い。軽く水で洗って、乾燥したところで、柔らかいクロスで拭くのかな? 中に、紙も詰めてある・・・ 明日にでも、ゆっくり、しまいます。だけど、次に、出すのは、いつになるのかな。smile

Tosoki1

今日の名言

愛とは、二つの孤独がお互いに守り合い、触れ合い、迎え合うなかに存在する。 ライナー・マリア・リルケ(オーストリアの詩人、作家)

2018年1月11日 (木)

蝋梅&椿

8日に、「成年式発祥の地」の碑のある蕨城址公園を訪ねて、帰り道、外環道真下の一般道(298号線)から、少し逸れて、いつものマイフィールドにも立ち寄りました。

例年よりも二週間早く、蝋梅(ろうばい)の花が咲いていました。このあたりの花を訪ねて撮影されている、一度出合ったことがある方に再会して、尋ねたところ、師走末には咲いていた由。

興禅院(曹洞宗のお寺)の鐘楼の前の蝋梅です。

Roubai26

安行で、作出されたという満月蝋梅のような?

Roubai27

隣接する「花と緑の振興センター」でも、咲いていました。ここで拾った種を蒔いて盆栽にしようとしていた木は、10年で、40cmほど。去年、地植えにしましたが、まだ、花は咲きません。

その出合った方の話では、地植えならば、実生で5年で、花が咲くそうです。いずれにしても、樹木との付き合いは、気の長~い話です。happy01

Roubai28

2年ほど前に新しく植栽された蝋梅は、花のつきがよくて、びっしり咲いていましたが、もう、見ごろを過ぎていました。接写できるきれいな花はありませんでした。

Roubai29

山茶花や寒椿も盛りを過ぎていて、蝋梅のほかは、早くも、椿が咲き始めていました。

これは、可憐な「三浦乙女」という椿です。先日、七草の話で、三浦大根のことに触れましたが、神奈川県の三浦半島原産だそうです。

ほかにも咲いていましたが、椿は、風雨で、花弁がすぐに痛むので、いい被写体がありませんでした。

この花は、開き始めで、もっと、花弁が広がります。

Tsubaki35miuraotome

椿が咲くのも、平年よりも早いようです。つぎの訪問は、春にまず咲く「マンサク」と梅見ですが、それらも、早く咲くかもしれません。

今日の名言

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。 トーマス・エジソン

2018年1月10日 (水)

古代アンデス文明展

日曜日、つぎに、好奇心の趣くまま、国立科学博物館を訪ねました。「古代アンデス文明展」を観てきました。

ご存知のとおり、我々、人類、ホモサピエンスは、東アフリカで、10~20万年前にヒト属として進化して、6万年前に、脱アフリカの後、現在のヨーロッパとアジアへと分流して、日本へ到達したのは、およそ、3万年前。(先に渡っていたネアンデルタール人や北京原人やジャワ原人は、絶滅したとされていますが、クロマニヨン人は、一部のヨーロッパ人の祖先とも考えられているそうです。)

そして、北極に近いベーリング海を渡って、北アメリカへ移住。一部はインデアンとなり、さらに、南アメリカへと渡り、太平洋岸を伝って、紀元前1万3千年ころには、ペルーに達していたそうです。日本では。縄文時代の初期かな。

それから、1万年ほどを経て、紀元前3千年から古代アンデス文明が起こり、500年ほど前、わずか168人のスペイン人によって、インカ帝国が征服されるまでの、なんとも気が遠くなる5千年の文明です。残念なのは、なぜか、文字をもたない文化だったそうで、現在も発掘されているのは、石や土器や、布や金銀細工だそうです。そして、乾燥地帯であり、一般人のミイラも布や飾りを着けて、まだ、生きている存在として、扱われていたそうで、いまも、発掘で見つかるそうです。

Andes1

展示されていた古い順に、展示品の一部を掲載します。これは、ラマでしょうね?

Andes3

強さの象徴なのか、猛獣を畏れていたのか、ほとんどの顔に、牙が出ていました。

Andes2

上の像の左手にも刻されているほら貝

Andes4

古代から、人間は、芸術家だったのですね。

Andes5_2

黄金の打ち出しの冠かな。

Andes6_2

夫婦仲良く、食物を擂っていたようですね。happy01

Andes7_2

儀式のための首飾りかな。金ですよ。

Andes8

曲面にプリントしたように描かれている絵。

Andes9

やはり、牙は、威厳か強さの象徴だったようですね。

Andes10

魚も作品の題材だったようです。

Andes11

王のマスク?

Andes12_2

Andes13

織物の技術も、そのデザインも現代と変わりません。

Andes14

合掌は、古からの作法?

Andes15

Andes16

ひとつひとつ打ち出して組み合わされた金の首飾り。

Andes17

ペルーに今なお残る、巨大な、ナスカの地上絵もビデオで紹介されていました。おもに生物を描いたものですが、人がミイラで残るほどの乾燥した土地ゆえ、雨乞い説もあるそうです。雨乞いをしながら、一筆書きの道を歩いたのかな?

最後のインカ帝国のマチュ・ピチュの遺跡は、ほんの5~600年ほど前に造られたもので、文字文化がなかったので、なぜこのようなものを造ったのかは、不明だそうです。2400mの高さだそうです。太陽神の宗教をもち、太陽にできるだけ近い場所に建てたとしても、謎の多い遺跡ではあります。confident

博物館でも、2時間かけて鑑賞して、帰途に就いたのは、5時でした。楽しい今年初めての上野のお山巡りでしたが、およそ、5時間、歩きました。疲れた~ coldsweats01

今日の名言

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。 アインシュタイン

2018年1月 9日 (火)

ゴッホ展

一昨日の日曜日、上野公園へ、ふたつの展覧会を観に行ってきました。

三連休の中日で、いつもの西郷さんの下の駐車場は満車で利用できなくて、JR上野駅の公園口の屋上にある駐車場を利用しました。

公園の噴水前広場では、3日間、シャンシャンまつりで、パンダグッズなどが販売されていたようでした。

Uenokouen4

この会場には寄らずに、ゴッホ展が開催されている東京都美術館へ・・・ まっすぐ進むと動物園です。美術館は、そのすぐ右手にあります。

開催が、8日までで、たいへんな混雑でした。チケットを求めてから、会場入り口まで長蛇の列。30数分並んで、ようやく、入ったものの、中も混雑していました。wobbly

11月上旬に、友人に誘われて行った、国立西洋美術館の「北斎とジャポニスム」展は、まだ開催されていましたが、あちらは、北斎の「漫画」(気の向くままに漫然と描いた画)や浮世絵が欧米の画家にいかに影響を与えたかがテーマでした。

一方、今回は、ゴッホの絵画がメイン(40点ほど)でしたが、彼の作品に影響を与えた浮世絵なども数多く(50点ほど)、展示されていました。150年ほど前に、浮世絵がオランダやフランスへも渡っていて、印象派や、ゴッホ(オランダ人で、晩年、フランスで活動)などのポスト印象派にまで、影響を与えていたことがよく分かりました。

浮世絵や北斎の漫画などは、陰影がなく、それでいて、遠近感を出していて、絵の真ん中に木があって、絵を左右に二分したり、大きな波の向こうに富士が小さく描かれたりしていますが、それらが彼の絵に取り込まれていました。

リーフレットをスキャンしましたが、有名なゴッホの「自画像」です。

Gogh3

浮世絵を彼が模写した作品。

Gogh2

原画は、この溪斎英泉作の「雲龍打掛の花魁」だそうです。立ち姿は逆向きで、衣の色も変えて描かれていました。

Ukiyoe1

ゴッホにとって、日本は、憧れの地で、理想郷に見えていたとのこと。オランダとフランスで、作品は、わずか10年ほどの活動で、2000枚以上を描き、37歳の若さで、他界。彼の作品は、彼の没後、評価されて、日本でも知られることとなり、当時、多くの日本人が、彼の墓地や活動の地を訪ねていたそうです。confident

2時間ほど鑑賞して、それから、国立科学博物館で開催されている「古代アンデス文明展」を観に行きました。会場で、一部撮影禁止もありましたが、写真を撮ってきましたので、近日中に掲載します。

今日の名言

あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。 ゲーテ

2018年1月 8日 (月)

今日の名言 & 成人の日、おめでとう!

身近に、または、ご本人で、成人式をお迎えの方が、いらっしゃいましたら、おめでとうございます。

一昨日、晴れて、穏やかな日和だったので、お隣りのマイフィールド、植木の里、安行がある川口市に接した埼玉県蕨(わらび)市の蕨城址公園を訪ねました。隣接している「和楽備神社」に初詣もしてきました。

実は、蕨市は、成人式発祥の地なのです。戦後間もないころ、これからを担う若人の日として、「成年式」が挙行されて、いまの「成人の日」につながっているそうです。

ふくよかな、み胸の若人の像が建てられています。その下には、「成年式発祥の地」と刻されています。

いまも、蕨市では、成人式ではなく、成年式と称されているとのことです。

Seinenshikinohi1

そして、向かって右手前には、”青春”の碑が建っていました。

何度か、この「今日の名言」で、掲載させていただいている詩です。

マッカーサー元帥が座右の銘としていた、当時、無名の作詩家、サミュエル・ウルマンの詩「青春 」です。上段に英文、下段に岡田義夫訳の和文が、刻されていました。

Seishun1

Youth is not a time of life - it is a state of mind; ・・・

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ・・・

で始まる名言/詩が刻されていました。confident

学友で、詩吟の師範の指方順龍氏(のブログ)のこの詩の朗読と吟詠です。およそ5分。なお、朗読の和訳は、上記の碑の訳者とは異なり、渡辺吟神訳です。続く、吟詠は、高橋修神の「青春」です。

2018年1月 7日 (日)

七草がゆ

せり なずな ごぎょう・・・ 春の七草を初春の縁起でいただきました。

1昨日、5日に、近所のSCで見つけて、求めましたが、そのとき、「もう、七草?」というご仁がいらっしゃいました。まだ、三が日気分が抜けておられないようで・・・ happy01

産地は、神奈川県三浦市でした。関東では、有名な三浦大根ですが、ほかの青首大根などに押されて、大根としてのシェアは落ちているそうな・・・ 親友が、かつて、三浦市に住んでいて、伺った頃は、まわり一面が、大根畑でした。このような野菜の栽培に転じておられるのかな?

七草の続きで、すずなは蕪で、すずしろが大根ですね。

Harunonanakusa1

一人分の粥にしては、七草が多くて、こんな七草がゆになりました。coldsweats01

Nanakusagayu5

朝餉をいただいたところで、上野のお山へ初登山。happy01 今日は、首都高速を利用して、右手には冠雪の富士が大きく、きれいに見えました。左手には、東京スカイツリーも青空に映えていました。

目的の第一は、「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」(東京都美術館、明日まで開催)、第二は、「古代アンデス文明展」(国立科学博物館)でした。いずれも、観ることができて、国立科学博物館を後にしたのは、閉館間近の16時半でした。5時間、歩きっぱなし・・・ まだ、体は大丈夫そう・・・ coldsweats01

その記事は、まとまりましたら、追って、掲載いたします。

今日の名言

君が人を好きになった時にとるべき最善の方法は、その人のことをきちんと知ろうと目を凝らし、耳を澄ますことだ。そうすると、君はその人が自分の思っていたよりも単純ではないことに気づく。 金城一紀(かねしろ かずき、小説家、脚本家)

2018年1月 6日 (土)

今日の名言

「グリフィンの祈り」

大きなことを成し遂げるために、力を与えて欲しいと神に求めたのに、謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに、よりよきことができるようにと、病弱を与えられた

幸せになろうとして、富を求めたのに、賢明であるようにと貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようと、成功を求めたのに、得意にならないようにと、失敗を授かった

人生を楽しもうと、たくさんの物を求めたのに、むしろ、人生を味わうようにと、シンプルな生活を用意してくれた

求めたものは何ひとつ与えられなかったのに、願いはすべて聞き届けられていた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、心の中の言い表せない祈りは、すべて叶えられた

私はあらゆる人の中でもっとも祝福されていたのだ

この詩で、読者が何に気づかれるか、それはご自由に・・・

なお、”祝福”とは、新旧約の聖書では、”神が自らの恵みを授けること”です。ヘブライ語で書かれた旧約聖書でも、”救済に満ちた力を付与する”という意味があるそうです。

以上、掲示されていた文に、ほんの少し、加筆していますが、いくつか見つけた原文のいずれも、微妙な相違があるものの、次のような文です。

I asked for strength that I might achieve; I was made weak that I might learn humbly to obey. I asked for health that I might do greater things; I was given infirmity that I might do better things. I asked for riches that I might be happy; I was given poverty that I might be wise. I asked for power that I might have the praise of men; I was given weakness that I might feel the need of God. I asked for all things that I might enjoy life; I was given life that I might enjoy all things. I got nothing that I had asked for - but everything that I had hoped for. Almost despite myself my unspoken prayers were answered; I am among all men, most richly blessed.

2018年1月 5日 (金)

わが家の初荷

昨日、朝、初荷が届きました。プレゼントか賞品であれば、嬉しいのですが、ネットで、購入したプリンターです。happy01

年賀はがきのプリントが終わって、あて名の面をあと2枚というところで、2枚いっしょの紙詰まり。はがきなので、抜き取りに難儀して、無理をしたら、紙の乱れ・・・いや、髪の乱れのように、coldsweats01 よれよれにプリントされるようになって、ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…買い替えた次第です。

もう、7年半も使っていたキャノンのMP990(当時26000円)で紙送りはこのところ調子が悪かったので、買い替え時ではありました。

届いたばかりのプリンターです。このモデルにしました。上記の価格よりも、100円安の同じ価格。注文先は、いつもの、ヨドバシ・ドット・コム。

本体価格よりも、インクのマルチ・パック(6色)が6660円也。これを4回買うと、本体価格を上回る~ なんという商売。w(゚o゚)w

Printer2

ひとまわりコンパクトになりました。持ち運ぶわけではありませんが、軽量になり、前のモデルあたりから、プリント・ヘッド・ホルダーが左右に動くときの本体の揺れもなくなり、ますます、音も静かになっています。

セットアップも、一応、USB接続にしましたが、無線も可能で、LAN接続も簡単にできました。スマートフォンはもっていませんが(ガラケイですcoldsweats01)、iPadは大小2台ももっていて、無線でプリントできます。もっとも、ダイレクトにプリントはしませんけれどね・・・

カメラのメモリーはSDカードですが、早速、プリンターのスロットに挿して、パソコンへの読み込みのテストをしました。

被写体は、庭のメジロ。夕方で、色がきれいに出ていません。(プリント機能とは無関係) もう少し明るいと緑色と喉元の黄色がとてもきれいです。

Mejiro49

今日の名言

忍耐も力の中に含まれる。焦燥は弱さのしるしである。 ゲールハルト・ハウプトマン(ドイツの劇作家、小説家)

2018年1月 4日 (木)

戌年の勝手な予想

昨年も4日に予想をして、おおむね、合格点でしたが、さて、申酉騒いで戌笑うヽ(´▽`)/年となりますでしょうか。というよりも、そうあってほしいものですね。happy01

1.今年の景気ですが、来年の春は、今上天皇のご退位と天皇陛下ご即位で、祝賀前ムードで、人々の心は、穏やかになり、さらに、2020年の東京オリンピックも近づき、これは、景気にも反映されて、いざなぎ景気(1965年11月からの57か月)を超え、いざなみ景気(2002年からの73か月)もおそらく超えるでしょう。たぶん。confident ただし、少なくとも、年金暮らしのしらこばと自身は、なにも実感はないでしょう。coldsweats01

2.その景況感に、影を落とすのは、隣国の動向次第でしょう。今年は、昨年よりも大波乱が起こりそうな予感がします。shadowは、今年は姿を消すのでは? 戦争はあってはならないのですが、もし、起こったとしても、現在の米国の武力をもってすれば、1~2週間で、決着するでしょう。なにせ、宇宙から、すでに、すべてお見通しのはずですから。

3.景気の1指標ですが、日経平均は、昨年のしらこばとの予想の2万3千円に達しなかった旨、先日、記載しましたが、営業日としては、翌日にあたる本日、大発会は、いきなり、なんと、741円高、2万3千円を楽々クリアしての2万3千5百円。26年ぶりの高値だそうです。wobbly まさに、戌笑う年になるのか。dog 今年は、巷間では3万円の話も出ていますが、しらこばとの予想は、2万6千円超えと控えめです。地政学的な憂慮すべきことが多いので・・・

4.平均給与のアップは、企業業績を反映して、+2.5%。ただし、労務行政研究所調査によるものとします。

5.以下は、予想ではなく、しらこばとの努力目標・・・ coldsweats01

体重をマイナス5kg、Ha1cをマイナス1、血圧をマイナス5、酒量を半分 downdownwardrightdowndownwardright

そして、資産は、プラス1% upupwardright  宝くじが当たると、dollarupdollarupdollarup・・・ ああ、もうすぐ、手ぶらであちらへ逝くというのに・・・ この欲張り爺、でござんす。coldsweats01

今日の名言

「好きと思わなけりゃ、とても」 何でもない言葉のようだが、人生の秘訣である。「苦しい」とか「いや」とか思えば、苦痛は倍加するだけ。「好き」と思って前向きに取り組むことだけが、事態を乗り越えさせてくれる。 城山三郎

2018年1月 3日 (水)

正月二日のスーパームーン

正確には、昨日2日の朝、西に沈むのがスーパームーンfullmoonだったそうです。

これは、2日の夜、昇ってきたところで、19時に撮影しました。寒くて、三脚を使って、じっくり撮らなかったので、わずかに手振れしました。月齢15.1の満月fullmoonです。快晴で空気も澄んでいて、とてもきれいで、(小さい満月よりも直径が15%ほど大きく、30%も明るい)お月さんでした。

これは、望遠モード:720mmで撮影しました。いつもは、トリミングするのですが、ノートりです。

しらこばとは、ホーム・ベーカリーで、餅を搗きましたが、coldsweats01 うさぎさんは、ちゃ~んと、臼で搗いていますね。

Moon20180102

なお、1月31日は、皆既月食だそうです。月が、地球の影に入り、回り込んだ太陽光で、赤銅色に見えるそうです。20時48分から欠け始めて、1時間ほど経つと、皆既になり、皆既状態は、1時間17分も続くそうです。晴れたらいいね notesnotesnotes

今夜の十六夜の月も見えるかな?

今日の名言

我々は皆、らせん状の道の上にいる。直線的な成長などありはしない。行く道々で後ろへ戻ることもあるだろうし、暗がりもあるだろう。が、一方で光でふり注ぐ場所もあって釣り合いがとれるだろう。このようなパターンを知っておきさえすれば、歩み続けていくことができる。 クリスティン・ザンブカ(人物の詳細不詳)

2018年1月 2日 (火)

しらこばとのお正月

おめでとうございます!

戌年なので・・・ 故郷の有田焼のミクロス(Micros)のワンちゃんたちです。notes

Micros3

おかげさまで、楽しいお正月を迎えることができました。

年が明けての(一番乗りならぬ、片付けが始まったところで、最後のお願いをして、ひと撞きをした)鐘撞きの新婚の息子とお嫁さんです。

Joyanokane1

お昼からは、越谷市の姉妹都市、オーストラリアのキャンベルタウン(シドニーの郊外)から贈られた野鳥を育てている「キャンベルタウン野鳥の森」と、鎮守の神の「久伊豆神社」で初詣をしました。

葛西用水と元荒川に架かる、しらこばと橋です。雪国の方には申し訳ないのですが、気温10数度で風もなく、澄みきった空で、穏やかな元日でした。

Shirakobatobr7

野鳥の森で待っていたのは、絶滅危惧種で、ここだけ、保存・繁殖のために、ケージの中のケージで育てられているシラコバトです。可愛い鳥さんでしょっ。

昔々、と言っても、東京都からこちらへ引っ越してきた40数年前には、庭先で、トウモロコシなどを与えて、数羽、いつも訪ねて来ていました。confident

Shirakobato10confident 

元日は、市民のために特別の無料開放の日でした。有料と言っても、通常、大人100円ですけれどね・・・

ユーカリの木々が聳える林の中の公園の入り口で待っていたのは、オーストラリア・ガマグチヨタカ。夜鷹なので、昼間は、人声にもビクともせずに眠っていました。

Gamaguchiyotaka2

ダチョウにも似た、ヒクイドリの仲間のエミューもいます。

Emu2

カンガルーの仲間では小型のワラビーもいます。

Wallaby1

子どもたちのふれあいのために、モルモットが10数頭いました。わが家でも、息子が小学生のころ、飼っていましたので、遠い昔を思い出したことでした。

Marmot1

大規模なケージの中には、30種類ほどのオーストラリアの野鳥が飼われています。

その中でもユニークなワライカワセミが、今日は、珍しく、下で見ることができました。人間の笑い声のように鳴くそうです。

Waraikawasemi1

園内を歩き回っているオーストラリア・イシチドリです。

Australiaishichidori2

世界一美しいと言われるオーム、クルマサカオームが、みかんを美味しそうに食べていました。

Cockatoo1

出口で、日本一?幸せそうなカップルも撮りました。heart02 happy01

Yachounomori2

このあと、神社へ初詣へ向かいましたが、すごい渋滞で、うんざり。それは、割愛します。

どうぞ、皆さまにとっても、よい年でありますよう、祈念いたします。

今日の名言

人間が物的な面にそそぐ勤勉さを、霊的な面にもそそげば、なんとすばらしいことか!  ヴィンチェンツォ・チマッティ(イタリア出身の神父、自然科学博士、教育者、著作家)

2018年1月 1日 (月)

本年もよろしくお願い申し上げます

Nengajou2018

今日の名言

存命の喜び、日々に楽しまざらんや 吉田兼好「徒然草」より

2017年12月31日 (日)

今日の名言

大晦日にお贈りします。coldsweats01

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。 作者不詳

イギリスの探検家、ラポックの言葉と、しばしば紹介されていますが、その方の確たる情報はネット上にもないようです。それはともかく、名言です。

2017年12月30日 (土)

今日の名言

「いや、わしは人を憎んでなんかいられない。わしには、そんな暇はない」 映画「生きる」 監督:黒澤明より

2017年12月29日 (金)

2017年を振り返って・・・

以下は、今年の1月4日に掲載した記事です。
------------------------
さて、今年は、プライベートなことはともかく、どのような1年になるのでしょうか。
暮れから新年にかけて、酉年の予想を、しばしば、目にしてきました。

しらこばとも、当たらずとも、予想をしたくなりました。
1.まずは、景気ですが、よくなる酉年だろうと思います。そのひとつは、このところの失業率の低下です。そうなると、企業は、初任給や給料を上げざるをえません。給料が上がると、消費が増えます。一方で、物価も上がるので、しらこばとのような年金暮らしには、痛し痒しですが、日本経済の失われた、この20数年が、終わりを告げるでしょう。それに、オリンピック効果も出始めるとき・・・
2.景気のひとつの指標と言えばそうですが、突然、右往左往する相場の世界ながら、総じて、少し先を読むのが常で、日経平均は、2万3千円越えかな。
3.トランプ大統領は大丈夫か、たぶん、大丈夫でしょう。大きな戦争は仕掛けないでしょう。まして、ビジネスマン。経済的なことが最優先され、まだまだ、ダウ平均も騰がるでしょう。そのおかげで、円安も進み、120円台を回復かな?
4.雲行き怪しい朝鮮半島ですが、それも、大丈夫でしょう。韓国の経済と政治の低迷が心配ですが、かたや、北朝鮮は、これ以上、踏み外すことはないでしょう。あの若造さんが、これ以上踏み外せば、国だけではなく、自分の命までも、まさに命取りですからね。
5.自然災害? こればかりは、いかんともしがたいこと。大地震が1つ、大きな火山噴火が2つ、大きな台風被害も同じく2つ、悪しきことも予想しておきましょうか。
まだまだ、テーマにしたきことはありますが、このくらいで・・・ さて、来年まで、わが命が、永らえていましたら、いかにご報告できますやら。
そんなことよりも、盆栽の梅の蕾が膨らんできて、まずは、それが楽しみです。
------------------------

1.まずは、景気ですが、よくなる酉年だろうと思います。

私生活では、あまり、好景気の実感はありませんが、企業の業績は、大半、上向きで、野村証券のレポートでは、企業業績予想では、2017 年度は 前年度比 7.3%増収予想、同18.0%経常増益予想となった。

学生の就職も、売り手市場になっていますね。ということで、とさせてください。

2.日経平均は、2万3千円越えかな。

昨年末は、19,114円でした。2万3千円に、あと、235円ほどの22,765で、大納会となりましたが、およそ、2割アップ。とさせてください。

3.トランプ大統領は大丈夫か、たぶん、大丈夫でしょう。大きな戦争は仕掛けないでしょう。ダウ平均も騰がるでしょう。そのおかげで、円安も120円台を回復かな?

なにかとお騒がせでしたが、戦争もなく、ダウ平均は、史上最高値です。円/ドルは、120円は、読みが外れて、逆に円高になり、本日現在112円70銭どまりです。ちなみに、昨年末は、116円程度でした。諸々で、ですね。

4.雲行き怪しい朝鮮半島ですが、それも、大丈夫でしょう。韓国の経済と政治の低迷が心配ですが・・・

これまた、なにかと騒がせてくれましたが、戦争には至らずにすみました。韓国は、経済も政治も混乱の1年でした。朴槿恵前大統領(65)は逮捕されて、独房の中。これは良からぬことなれど、予想の結果は、とさせてください。

最後の・・・

5.自然災害? こればかりは、いかんともしがたいこと。大地震が1つ、大きな火山噴火が2つ、大きな台風被害が同じく2つ

大地震はなくて、最大震度5どまりが8か所で、なんとか幸いでした。台風は、九州北部をはじめ、日本列島縦走の台風が2つ。新燃岳と浅間山の噴火がありましたね。これは、ほどほどに当たったところで、△とさせてください。

以上、自慢でもなんでもありませんが、たまたまで、点数は、そうですね~ 総じて、70点ほどかな?・・・ coldsweats01

来年は、もっとよい年でありますよう・・・ happy01 ただし、穏やかにことが運ぶことを祈りますが、窮鼠猫を噛み、一触即発で、短期で決着が着く戦争、もしくは内乱impactがありそうな予感がしますが、これははずれでありますよう・・・ confident

相場の世界では、”申酉騒いで戌笑う”の格言が有名ですが・・・
皆様の上にも、笑える戌年でありますよう祈念申し上げます。

«今日の名言