2017年12月16日 (土)

今日の名言

人との出会いに、たじろがない。出会いのなかにこそ生きがいや幸福が生まれてくる。 姜尚中(かん・さんじゅん、政治学・政治思想史学者)

2017年12月15日 (金)

クリスマスまであと10日

先日、作り直していたクリスマス・リースを玄関先に飾りました。ご近所から、おじいちゃんがひとりで、リースなんぞ飾っていると笑われるかもと思いつつ・・・ happy01

ブログの部屋も冬モードに、模様替えをしていますが、肝心のクリスマス・ツリーxmasが、いまだ、”カード合成”で、当たらず・・・ weep ポチッとをたくさんくださいませ。でも、おかげさまで、昨日、延べ閲覧者数upwardrightが16万名さまを超えました。happy01 心より感謝申し上げます。('-'*)thanks♪

昨日の、”今日の名言”で、”何事かを続けるための一番簡単な方法は習慣にしてしまうことだ。・・・・”と掲載いたしましたが、ブログを習慣とされているマコママさんからコメントをいただき、返コメに、”この(ココログの)サービスが消えない限り、続けることといたしましょう。その前に、心身が、くたばらないようにしなくては・・・”と、ご返事いたしたところです。coldsweats01

赤い実は、ピラカンサ(ス)ですが、例年ならば、とっくに、ヒヨドリさんが食べ尽くしている時季ですが、まだ、完熟していないのか、ほかに、まだもっとうまい実があるのかな ? こちらのプロフィールの”つぶやき”に記しているとおり、旅の駱駝さんが、いつもながら、上手に撮られている写真で、ヒヨドリさんが啄んでいる白い実は、センダンの実でしたね。

Merry_christmas8

この右手では、ヤツデが、ぼちぼち開花しています。関東では、12月、ほかの植物の花がほとんどなくなった時季に咲いて、ハエやアブなどの虫(気温15℃を下回っているので、蜂は、少なくともセイヨウミツバチは巣の中)を誘います。

巧妙にも、花茎の先の球から、花弁と雄しべが先に出て、花蜜を出して、それが、萎れたところで、雌しべが出て、再び、花蜜を出して、受粉します。もっと細かいことは割愛しますが、近親交配を避ける秘策なのでしょう。春先に、実は熟すと黒くなります。

やはり、鳥さんたちの餌になり、そのおかげで、ヤツデは、植生域を拡げます。やっかいなのは、その落とし物が、しばしば、rvcarの屋根やガラスを汚してくれます。weep

Yatsude10

さて、今夜の食事は・・・ ぜいたくなイクラ丼。delicious

自分では買いません。いや、買えませ~ん。

昔、お世話になったり、お世話を少しだけしましたが、事業に大成功された方からのお歳暮。これを4つも、さらに、たらこもたくさんいただきました。冷凍保存できるので、ありがたいいただきもの(でも、半分は息子夫婦へ)。Sさんに(/ ^^)/感謝。

Ikura1

今日の名言

「心の窓」はいつでもできるだけ数をたくさんに、そうしてできるだけ広くあけておきたいものだ。 寺田寅彦(物理学者、随筆家、俳人)

2017年12月14日 (木)

今日の名言

何事かを続けるための一番簡単な方法は習慣にしてしまうことだ。それを毎日のスケジュールの中に組み込んでしまい、その流れを体に染み込ませる。それをやらないと何だか気分が悪いという状態にまでなればしめたものである。 戸田智弘(ライター)

2017年12月13日 (水)

今日いただいたコメント・・・

学友からコメントをいただきました。嬉しかったので、こちらでも、ご披露します。

当ブログの10月22日に掲載した「吟詠会」 で、詩吟を詠じてくれた友人からです。脳卒中後遺症からリハビリに励んで、いまは、少しだけ、左手だったかな、やや不自由だと言っていましたが、ほとんど復活(しらこばとはクリスチャンの片割れ?ゆえこの言葉・・・)した友人です。いまは、地元で、彼よりも体が不自由な人たちへ、「福祉詩吟&スマート詩吟」と称して、詩吟グループの指導者をしています。

学生時代には、難解な制御工学や物理学や数学を共に学んだ、よき意味でのライバルでもあり、友人でしたが、いまでは、みな、ひと仕事終えて、福祉・詩吟・俳句などなど、それぞれ楽しんでいます。happy01

しらこばとは、今なお劣等生のままですが、「技術に堪能(かんのう)なる士君子であれ」の学びの園の教えを守り続けた仲間たちでした。

彼からの当ブログへの誉め言葉は、coldsweats01 なので、割愛しますが・・・

しらこばとからの返コメのコピーです。

--------------------------

いつしか、2か月近くにもなりますか。月日は、遠慮なく?流れますね。

そうですね。若き学徒が、花と散った悲しい時代がありました。weep
何彦氏は、奥さんとの鹿児島への帰省と重ね合わせて、あの名句を詠んだのでしょう。
戦時中は、しらこばとはまだ、乳飲み子で、後に、故郷の空をB29が飛んで行ったことを祖母から聞きました。
あれから70年余も経って、同じようなことが、いま、朝鮮半島で起こっていますが、平和な世界となりますよう祈念いたしましょう。confident

わが書棚には、いまも、「きけ わだつみのこえ」があります。また、Y電機に勤めていたころの最後のご奉公先の子会社が、靖国神社のすぐ近く(三番町)でしたので、お昼休みにしばしば境内を散歩していました。
桜の季節には、「上司がなにか言ったら、おれが責任をとるから」なんて言って、みなで、昼休みに缶ビールを飲みながら、花見をしていました~ 体は小柄なしらこばとですが、九州男児ここにありでした~ cherryblossom beer happy01 cherryblossom beer happy01 cherryblossom beer happy01 cherryblossom

貴コメントで、いまは懐かしいことを思い出しました。

--------------------------

今日は、このようなコメントの行き来や、息子のお嫁に駅前で会って、少々重たい、お歳暮のおすそ分けをあげて、それから、3か月に1度、歯石取りほか検診でお世話になっている歯科医へ行きました。しらこばとは、歯周ポケットもなし。smile でも、先生の体が思わしくないとのこと。心配です。こちらが、お大事にと言って、来年3月の予約をしてきました。

今日の名言

敵を許し、さっぱり忘れるためには、自分自身より無限に大きいものに心を打ち込むことである。そうすれば、侮られたり憎まれたりしても大して問題ではなくなる。自分の信ずるもの以外は、念頭になくなるからだ。 デール・カーネギー(米国の教育者、「道は開ける」、「人を動かす」の著者)

敵というほどの存在に限らず、反目、対立し合う人がいても、心を広くして、穏やかでありたいものですね。それが、世渡りのコツでしょう。

2017年12月12日 (火)

今日の一日

独居老人、いえ、まだ青春の日々かな~?happy01 いつもの一日・・・

午前中は、株式投資と投資信託の値上がり、値下がりを確認。このところ、ずっと、米国のダウ平均は史上最高値を更新、ナスダックも高値を維持しているけれども、日本は、まだ、やっと、年初来の高値付近で足踏みですね。

儲かっているかって? 昔からギャンブルはしていませんが、馬やパチンコ、そして、宝くじと違って、0になることはないけれど、やっぱり、そうは問屋が卸してはくれません。

まあ、暇だし、騰がり下がりを気にしていると、世界の大きなうねりや、金融市場を注視するきっかけになるということで、時代の流れに乗り遅れないことで、まあよしということでしょう。happy01

相場の素人筋のお方々は、投資ではなく、コツコツ預貯金にお励みください。君子危うきに近寄らず・・・  ただし、銀行の利息は、ご存知の通り。先日、銀行の休日に、預金をおろしても、預金しても、金額の多少に関わらず、それぞれ、216円の手数料を引かれてしまいました。その合わせて532円を利息でもらうには、いくら1年間預けなければいけないことか。たぶん、5億円?になるかな。バカバカしいたらありゃしない。coldsweats02

銀行よ、さようなら・・・ かといって、ほんのわずかながらも、ほかに預けるところはなし・・・ (年金頼みの生活者のつ・ぶ・や・き)

ところで、今日は、このところ、2週に1回は、二人連れで訪ねられるエ〇バの会の女性二人が、いつものように、ピンポーン・・・ 話し相手がいないので、20分ほど玄関先で、会話。彼女たちは、布教活動が義務付けられているようです。旧約聖書(ユダヤ教の神の名が明示されています)に基づく宗教のようです。こちらは、旧約も新約(Godという存在だけのキリスト教)も読んで、おおむね知っているので、いい話し相手です。happy01 カトリックは、いまは、とくべつな布教活動の義務もありません。いろいろな信仰を知るのもよしということで、聖書談義?をしています。

さて夕方になって、自分だけのための料理・・・

先日、駅ビルの名店街で求めたおでん、そして、ビールのつまみは、鹿児島産の”キビナゴ”。箱に、”貴美女児”と書かれていたので求めました~heart01 たくさん入っていて、少しだけ、フライパンで、焦げ目が付く程度まで焼いたところ、美味しかった~ delicious

Kibinago1 少し開いて取ってからの写真

独り者は、自炊です。sweat01 ブログでは、奥さんのありがたさに感謝されているのか、よくわからないお方もあり、一方、こちらは、亡くなってもまだ慕っているしらこばとです。お互いに生きているからの人生・・・みなさん、仲良きことは美しきかな(武者小路実篤)ですよ。慈愛の心をお忘れなく。その気持ちを失われた方は取り戻されたく・・・ coldsweats01

明日は夕刻、息子の嫁さんと駅前で待ち合わせて、あちらこちらから頂戴したお歳暮のおすそ分けです。独りだというのに、食べきれない贈答品。ありがたくも、その処理には困ります。みなさんも、お相手を考えて、適量をお贈りください。

それから、3か月に1度の歯の検診と歯石取りに出かけるだけの予定。

今日の名言

真剣になると知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。やる気がないと言い訳が出る。 島田精一(実業家)

2017年12月11日 (月)

那須野が原までドライブ

昨日、日曜日のこと・・・

当地からは、那須まで2時間余。途中で、2回も休んだので、3時間で到着。

高速の防音壁の箇所には、ずーっと、山茶花が咲いていました。山は、もう茶色く見える季節でした。

初夏に行って見学させていただいた施設(ホーム)から、栃木の手打ち蕎麦を食べにいらっしゃいとのお誘いがあって、出かけた次第です。

先月中旬には、記事を掲載しましたが、ぶらり一人旅で、宇都宮・鹿沼・日光・金精峠越えを楽しんできましたが、奥日光に聳える男体山を再び、遠くに眺めることができました。群馬県側の山は真っ白でした。

気温10℃以下で、寒くはありましたが、真っ青な空で、行きは快適でした。

Nantaisan2  男体山の南東側面

11時半ごろから、蕎麦屋さん手打ちの(那須野が原産の)秋の新蕎麦をいただきました。美味しかった~ delicious 

ほかにも地元のご招待客がいらっしゃっていて、話は弾んで和やかな昼食会でした。

ご招待客の方からも、「ぜひ、こちらへ来なさいよ」と・・・ もちろん、オーナーの方も、「庭が見える側の部屋を考えておきますよ」とのことで、来春からお世話になろうと思っているところです。南は福岡から、北は山形まで、遠方からも来られている由。しらこばとは、行ったり来たりして(羽ばたく)にも、それほど遠くはないので・・・ happy01

「植木も持参してください」とのこと。「坪庭で十分です」と言ったところ、数百坪をご自由にとのこと。happy01 入居者のおひとりの畑もありました。夏にはキュウリが300本も採れるそう。「いま植えてあるたくさんの植木の剪定や世話も」と言われました。coldsweats01

入居者のお手製のバッグ・チャーム(うさぎさん)をたくさんいただいてきました。ひとつは、バッグ(手提げ袋)に飾ります。

Usagi1

2時半ごろに失礼して、まだ日は高いしということで、那須湯本温泉方面へ向かいましたが、ナビが山道の方をガイドするので、結局、板室温泉経由で、山道を走ることに・・・ 道沿いには、雪がいっぱい。路面が凍結しているかもと思い、用心して、上りました。

途中、”乙女の滝”がありましたので、数十年ぶり?に、川まで、階段を、手すりを頼りに、下りました。

Otomenotaki2

乙女の滝の名の由来のとおり、小さな、高さ10数m、幅も50数mほどの滝です。写っている二人連れがおられたので、下りたような次第。ひとりで、すってんころりんでは・・・ weep 

Otomenotaki1

それから少し走ると、息子が幼いころから、数えきれないほど行った”南ヶ丘牧場”に立ち寄りました。自分へのお土産を買うために・・・ delicious

Minamigaokabokujou2

動物を彫ったトーテンポール

Minamigaokabokujou3

小川をせき止めたいけすには、大きなニジマスがいました。昔は、この下の池で、釣って、焼いて楽しんだものです。confident

Nijimasu1

この2階が、かつては、旅館(宿泊施設)だったこともあり、亡父も九州から来ていたとき、泊まったことがあります。オプションで、牛乳たっぷりの牛乳風呂に入り、楽しみました。しばらく、語り草でした。ただ、未明から鳴く牛や羊などの声で、早起きさせられました。coldsweats01

Minamigaokabokujou4

昔と変わらず、馬・ロバ・牛・羊などがいます。子どもたちが触れ合えるところもあります。

白い子羊は、今年の生まれかな?

Hitsuji1

Roba1

帰りの東北自動車道では、故障車と、追い越し車線での追突事故で、渋滞・・・ 30分もののろのろ運転に巻き込まれました。

以上、ホームのお世話になりそうな、それでいて、350kmをぶっ飛ばす、しらこばと爺のドライブでした。

今日の名言

世の中には、沢山の幸福に恵まれながら、たった一つの不幸のために、自分を非常に不幸な人間だと思っている人もあるし、それかとおもうと、不幸だらけの人間でありながら、自分で何かの幸福を見つけ出して、勇ましく戦っていく人もある。 下村湖人(作家、代表作:次郎物語)

2017年12月10日 (日)

今日の名言

地球上で二人が顔を合わせたら、そこには一つの約束がある。何だといったら、相手の立場に立って物を考えよう。「仁」ですね。いわゆる思いやりです。 井上靖(作家)

2017年12月 9日 (土)

久々の多忙な一日でした

今朝、目覚めたのは6時半。ずっと、朝風呂に入るのが習慣になっていて、バスクリンの”きき湯”を入れて、40分ほど spa

パソコンで、いつも見ているページを見終わったところで、月1回の定期検診で、9時半にクリニックへ。そこは、待つこと2、3時間は当たり前。診察券を入れてから、浦和の菓子舗まで、久しぶりにtrainで・・・ 明日は那須の施設へ2度目の訪問なので、手土産ほかを買いに行きました。

いつかも記しましたが、野田の鷺山ゆえんの埼玉銘菓”白鷺宝”を2セット購入。箱詰めして化粧していただいている間に、こんなものも見つけて、ふた箱、追加注文。ひとつは、息子の嫁に、もうひとつは・・・内緒。coldsweats01

Merry_christmas7

それから、30分ほどで、再び、クリニックへ。ヘモグロビンa1c検査のための採血。そして、このところの植木の剪定で、手の甲に傷を負っていましたが、絆創膏で治る程度と思っていたところ、、看護師さんは、目ざとく見つけて、先生に診てもらいなさいとのことで、化膿したらいけないからと、塗り薬と、細菌の感染症の飲み薬を3日分処方してもらいました。

子どものころは、山猿で、これくらいのことは、祖母に「なめておけば治る」と言われていたものなれど・・・ coldsweats01

それでも、待つこと・・・ 結局、3時間半の診察となりました。痛々しい程に、巻き上げられた包帯で、バス乗り場の後ろの駅のSM(ショッピング・モール)で、肉・魚・野菜を求めて、ミニバスで帰宅。

今日の一日は、ここでまだ終わらない・・・ 

先ほど、求めてきた”白鷺宝”のひとつは、近所の10歳ほどの先輩(6年もの料理と写真の仲間)が亡くなりましたとの喪中のお葉書をいただいていたので、ご仏前として、お届けに伺いました。しばらく、奥さんと昔話をして、しんみり・・・

また、それから、rvcarで、イオンのレイクタウンSMへ・・・

師走から息子夫婦が泊りがけで来るので、毛布や枕もろもろの買い物。餅も自分で作ろうと思っていたところに、奇遇ながら、故郷のもち米が並んでいたので、買ってきました。

明日のために行きつけのGS(ガス・ステーション、or ガソリン・スタンド)で満タンに。

今日は、諸々、3万円ほどもの買い物。coldsweats02 年金だけでは足りな~い。そこで、年末ジャンボ宝くじを買ってきました~ happy01

明日は、那須まで、東北自動車道で、ストレートで行けば2時間余のドライブですが、終の住処(あくまで予定)でのお昼の蕎麦に呼ばれているので、早朝から出かけます。”白鷺宝”の手土産をもって・・・ happy01

今日の名言

一日中、川の底をのぞいていたとて、魚はけっして取れるものではない。たまたま魚がたくさんやってきても、その用意がなければ、素手ではつかめない。魚は招いて来るものでなく、来るときに向かうから勝手にやってくるものである。だから、魚を獲ろうと思えば、常平生からちゃんと網の用意をしておかねばならない。人生、全ての機会を捕捉するにも同じ事がいえる。 岩崎弥太郎(三菱の創業者)

2017年12月 8日 (金)

今日嬉しかったこと

いく度かコメントをいただいたSさん、Thanks! 10月初旬に、急ぐことでもないので、「ご返事はいつでもいいですよ」と、質問とお願いのメールを送信していましたが、送ったメールが開かれていませんでした~ coldsweats01 昨夕、ふた月も経ったので、電話をしたところ、先方のパソコンが壊れていたとのこと。

そして、明後日の日曜日に、施設で、「知人の蕎麦打ち名人のお蕎麦を皆でいただきますので、いかがですか」とのこと。そして、今日、施設の管理者のトップの女性の方からも、「来ていただけるのですね~」と電話がありました。「庭の手入れで困っていることもあるので、○○さんにお願いできれば嬉しい。植木もどうぞ、メダカもどうぞ」とのこと。なんとか、自立できている身ではありますが、入居して、自宅との往来もよろしいですよとの優しいお心遣いをいただきました。

Furinkan1

ということで、那須野が原(栃木県北部)の施設へ、日曜日の11時ごろに、往復数千円で、お蕎麦をいただきに、coldsweats01 伺うことになりました。また、少々の長距離ドライブが楽しめます。happy01

その管理者の方からは、「要介護でなくても、どうぞ、いらっしゃてください」とのありがたいお言葉。

こちらは近くに、息子も結婚して、お嫁さんもいますが、元気なうちに、自然に恵まれた”終の住処”が見つかりそうです。今日は、いつになく嬉しい一日となりました。 happy01

追伸: 今年もまた、多くの方々から喪中のおはがきを頂戴しています。いまは、ご父母のご逝去よりも、夫や妻が亡くなりましたの悲しい知らせも、残念ながら増え始めました。ご冥福をお祈り申し上げます。confident

今日の名言

私の人生、何なんだろう? とか、難しく生きるなよ。 終わりにしかわからんばい。 島田洋七(漫才師)「佐賀のがばいばあちゃん」より

2017年12月 7日 (木)

今日の名言

四つ葉のクローバーを探すために、三つ葉のクローバーを踏みにじってはいけない。幸せはそんな風に探すものではない。 作者不詳

2017年12月 6日 (水)

今日の名言

進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。人の行く手も海を吹く風に似ている。人生の航海でその行く末を決めるのは、なぎでもなければ、嵐でもない、心の持ち方である。 エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女流詩人、著作家)

2017年12月 5日 (火)

イルミネーションとチャリティコンサート

昨夕、夜にかけて、ドライブもさることながら、観る、聴くで、楽しみました。

東京・文京区のカトリック東京カテドラル関口教会で開催された「クリスマスチャリティコンサート」に向かいましたが、一昨日だったか、NHKのニュースで見た「表参道イルミネーション2017」の映像があまりにも素晴らしかったのを思い出して、少しだけ遠回りをして、まずは、それを観に向かいました。

途中、首都高速道路の芝公園あたりからは、間近に見える東京タワーのライトアップ が、あまりにも美しかったのですが、写せませんでした。coldsweats01 

オリンピックとパラリンピックまで1000日では、それぞれ、5色と3色のライトアップがされていましたが、いまは、「クリスマス・ライトダウンストーリー」と題して、一部のライトダウンといつものライトアップが組み合わせられて、オレンジ色に染まっていました。毎日、お色直しをしているとのことですので、ご興味があれば、上のリンクをクリックしてご覧ください。

表参道のイルミネーションは、1kmほどのケヤキ並木(150本)に、LED90万球だそうですが、装飾されていました。撮影ポイントは、歩道橋の上と思って行きましたが、危険防止で、上がることはできませんでした。派手派手ではなく、たしか1色だけの温かみのある優しい色でした。青山通りの表参道の交差点から原宿駅前まで、光を楽しみながら・・・ shineshineshinervcarshineshineshine

Omotesandou1

Omotesandou2

そこから、20分ほどで、カテドラル関口教会に到着。目白通りを挟んで、向かいは、椿山荘。椿山荘の車寄せも、美しくアレンジされていました。

Chinzansou17

教会は、丹下健三氏意匠(設計)の大きな建物です。これは、教会案内のリーフレットの表紙です。

Tokyocathedrale14

聖マリア大聖堂の祭壇と十字架♰ 聖堂は、天空から見ても一大十字架の形になっているそうです。横から見ると、白鳥が羽を広げている姿をしています。聖堂内からも天井は、外光の十字架になっています。教会ではふつう、イエス・キリストの像は、どのような姿であれ、ありますが、ここにはありません。聖堂の左奥に、小さな祭壇があり、聖母マリアの像が立っています。

Tokyocathedrale12

祭壇と向かい合った高みに、教会としては日本最大のパイプ・オルガン(イタリア製)があります。

Tokyocathedrale13

畏れ多くも祭壇で、coldsweats01 コンサートが開催されました。このところ、ほぼ毎年、楽しみに来ていますが、趣向が次第に、いい意味で変わってきています。

Concert2

曲目が、聖歌の2曲に始まって、アヴェ・マリア、オペラ「カルメン」、さらには「道化師」などまで加わり、ヴェートーベンの第九あり、ジャズ風にアレンジされたクリスマスソング・メドレーのピアノ演奏あり、マイケルジャクソンともうひとりの作詩・作曲共作の「We are the World](アフリカの飢餓と貧困解消のチャリティ曲)などを聴いて、そして、おわりは、みな(700人ほどの入場者)で、「もろびとこぞりて」を歌ってきました。smile

パイプオルガンもピアノも素晴らしかったけれど、声楽とは、まさに、人が楽器みたいなもので、異星人の声かと思うほどでした。wobbly

そう、思っているところで、たまたま、メゾソプラノ向野由美子さんが、テノールの樋口達哉さんを紹介されたときに、この方は、テノール星から来られたといわれて、笑いを誘っていました。ソプラノの高橋薫(のぶ)子さんは、どうやって、あんな声が出るのか不思議に思うほどでした。みなさん、おしゃべりになると普通の声??happy01 声楽やピアノやパイプオルガンのそれぞれの道で、活躍されている方ばかりです。

コンサートを2時間余楽しませていただき、帰路は、高速はスイスイで50分ほどで10時帰宅。楽しい夕べ&夜でした。happy01

今日の名言

ハードルが高けりゃ、下をくぐって行きゃいいじゃん。 作者不詳

2017年12月 4日 (月)

今日の名言

人間は親から貰った顔のままではいけない。 森鴎外(作家)

愉快適悦も、艱難辛苦も刻み込めということかな?

エリートの道をひた走った鴎外といえども、九州・小倉に左遷されて、そのころ、社会の底辺の人々へも慈しみのまなざしを注いだという・・・ confident 

2017年12月 3日 (日)

クリスマス・リース

まだ、クリスマスxmasには、ちと早いような気もされるかと思いますが、カトリック教会では、今日の日曜日から、待降節(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)です。

そして、明日は、カトリック東京カテドラル関口教会(東京・文京区)のクリスマス・チャリティ・コンサートに出かける予定です。

そんなこともあり、クリスマス・リースを拵えました。happy01 数年前に、お友達のお姉さんが器用な方で、頂戴したものですが、蔓だけ、まだ使えたので、リース・アレンジメントの材料はすべて、100円ショップで求めてきて作ってみました。妻が好きだった色の、ピンクのバラも添えてみました。coldsweats01

姿見ミラーは、遠い昔、まもなく30年前、新築祝いに、親友の何彦さん夫妻からいただいたものです。Thanks !

Christmas_lease6

Christmas_lease7

玄関に飾るのは、もう少し、近づいてからにします。happy01

今日の名言

他人と比較してものを考える習慣は、致命的な習慣である。 バートランド・ラッセル(英国の哲学者、論理学者、数学者)

そうですね。狭い世間で、羨ましがったりしていたら、一生、気が休まることはなし。一方、見下したりして、悦に入るなんぞは、もっての外。 think

仲間や同僚をライバルにするな。ライバルはお釈迦様か、キリスト様にしろ。 岡本一平(漫画家、作詞家、芸術家岡本太郎の父) happy01

2017年12月 2日 (土)

今日の名言

時の歩みは人によって速さが異なる。 ウィリアム・シェイクスピア(英国の劇作家・詩人) 喜劇「As You Like It(お気に召すまま)」より

今年もあとひと月しかないと思うか、あとひと月もあると思うか・・・ happy01

しらこばとは、まだ、30日(1年の8%、1割弱)もあると思っています。coldsweats01  大晦日、元日が来ると、あらたまの年が明けるけれども、また、同じような、あるいは、似たような月日が待っているっていうだけのこと・・・ そういうことゆえ、”日々是好日”でなければ・・・   confident

さして、好きな句ではありませんが、高浜虚子は、「去年(こぞ)今年 貫く棒の 如きもの」と詠んでいます。

棒というより、竹の如く、ひとつの節目ではありますけれどね・・・ coldsweats01 

2017年12月 1日 (金)

@niftyの迷惑メール対策

迷惑メールで、迷惑されている方、かつ、メールアドレスが、@niftyの方へ

ひとつの方法として、このような方法があります。

https://mail.nifty.com/mailaps/options/index#antispam_set

で、

迷惑メール対策設定」の「受信拒否条件」で、しらこばとは、メールの「題名」に下記のような”文字を含む”場合には、動作を「拒否する」に設定しています。そして、「適用する」を忘れず・・・,

注: 外国人の知人から英文の題名で届くことがある方へは、お勧めしません。

単語としては、下記のような単語(迷惑メールの題名には、たいてい、このような単語が含まれています)をひとつずつ登録しています。

your the for hey hello this paper on at in of work system document received receipt attention copy sent file please payment message order dear sex no-reply ・・・・ 100件まで登録できます。

このほか、日本語ももちろんOKで、卑猥な言葉なども登録しています。

迷惑メールのアドレスを指定することもできますが、敵もさるもの、同じアドレスでは、二度と送信してこないものです。

以上、ご参考まで・・・

追伸: ブログ記事に対するコメント送信の時、メールアドレスを必須にされておられる方が、いらっしゃいますが、できれば、おやめください。そのアドレスが、外部に漏れないとも限りませんので、しらこばとは、嘘のアドレスを記入して逃げています。coldsweats01

今日の名言

人を用うるの道はその長所をとりて短所はかまわぬことなり。長所に短所はつきてならぬもの故、短所は知るに及ばず。ただよく長所を用うれば天下に棄物なし。 荻生徂徠(江戸時代の儒学者)

2017年11月30日 (木)

今日の名言

人生と言うのは、どのくらい無我夢中の時間を過ごせるか、で決まると思う。僕にとっては、あの頃が無我夢中だった。そういう時期があるから、いくつになってもまたやってやろうと思えるんです。 大島渚(映画監督)

2017年11月29日 (水)

今日とあとひと月もの日々・・・

先日、チェーンソーを準備したところまでは、掲載しましたが、ようやく、思い立って、脚立を拡げて、長年、なにかと楽しませてくれた愛樹2本を、おおよそ4.5メートルほどのところで、伐りました。これは、甘百匁の柿の木、もう1本は、ハナミズキ。

田舎のお宅とは違って、東京のベッドタウンとして成長してきた当地の住宅街は、狭いところに3階建てが多くなり、近くの20軒ほどの中では、庭と言える庭ではありませんが、唯一、土があるわが家です。happy01

Niwa2

久々に、この高さまで、重いものを持って上りましたが、幸い、大地に向かってdown、昇天upしなくて済みました~ coldsweats01

ところが、下りてから、伐って落とした木に足を取られて、おっとっと~、こけました~ coldsweats02 幸い、傷はなし・・・ happy01

なんでやってるのかって? そう遠からず、独居老人?を卒業して、ホームとやらに行こうと思っていまして、そのための下準備です。これから枝が這うと、ご近所にご迷惑をおかけするからです。こんな自立者?を受け容れてくれるところあるかな~ happy01

その一方で、先日求めたもみじ「秋宴」と、無事に夏越しして、花芽が出てきたシクラメンです。

Momiji87shuuen  

シャコバサボテンもいっぱい花芽が出てきました~ 少し、大きな鉢に、そ~っと、植え替えました。

Shakobasaboten3

チェーンソーは、あと、2、3本、出番があります。

家の中の片付けも、ぼちぼち進んでいますが、年越しには、「お邪魔しま~す」と若夫婦から連絡あり・・・ まずは、掃除と片付けに、布団干しに、おせち料理に・・・ でも、そうして、あらたまの年を迎えるのも嬉しいこと。まだ、ひと月もあるので・・・ 大丈夫 good

それよりも、その前に、クリスマス・チャリティ・コンサートも来週になりました。上野では、「ゴッホ展」、「特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」」、そして、「運慶の後継者たち」もあるし、庭園の紅葉もこれからだし、ひとつひとつ、楽しむことといたします。

東京カテドラル関口教会 ♰ でのクリスマス・チャリティ・コンサートの予告編

今日の名言

君は今、生きているのか? 死んでいるのか? その中間は許されない。 ジョン・レノン(英国のミュージシャン、ロックバンド・ザ・ビートルズの元メンバー)

2017年11月28日 (火)

今日の名言

今の人はみんな、「何かしなければ」と思い過ぎるんですね。何かをしていることが当たり前で、何もしていない人はサボってると思われるのが現代ですけれども、時々は何もしないでボッーとしているという時間を持ったほうがいい。 河合隼雄(心理学者)

2017年11月27日 (月)

紅葉 -- 川口市安行 -- これでお終い

土曜日、小林もみじ園の筋向いの「埼玉県花と緑の振興センター」にも寄りました。

山茶花、寒椿、立ち寒椿も、この季節、例年のように咲いていました。

サザンカの「富士の峰」 この花が咲き出すと、冬来たりぬと感じます。

Sazanka18fujinomine

寒椿の原種、「獅子頭」は、いっぱい咲いていました。

Kantsubaki14shishigasira

こちらは、花はこれからの立ち寒椿の代表格、「勘次郎」。寒椿は、横に這うように成長しますが、こちらは、上に伸びる寒椿です。

Tachikantsubaki4kanjirou

まだまだ、紅いドウダンツツジです。植木職人の養成の場でもあり、上手に剪定されています。

Doudantsutsuji9

武蔵野を代表するケヤキの黄葉です。左から、「武蔵野2号」、「武蔵野1号」、両者は、横に広がらないので、庭園や街路樹向きの(埼玉県内で発見された)園芸品種。そして、右は、、ふつうのケヤキです。

Keyaki12kouyou

イチョウの黄葉を逆光で撮ってみました。

Ichou9kouyou

ラクウショウも黄葉していました。よく似た、メタセコイアは、ほとんど、散って冬姿でした。

Rakuushou8

まだ咲いていました。可憐な花の「十月桜」です。

Juugatsuzakura13

小さな池で泳いでいたのは、まもなく、ご退位される今上天皇が、皇太子であられたころ、発案されて、埼玉県の水産研究所で作出された「ひれ長錦鯉」です。

Hirenaganishikigoi5

今日の名言

拍手されるより、拍手するほうがずっと心が豊かになる。 高倉健(映画俳優)

2017年11月26日 (日)

紅葉 -- 川口市安行 --

真っ青な空に気温15度の、おだやかな日和に誘われて、マイフィールド(遊び場)のひとつですが、川口市安行にある「小林もみじ園」(モミジ専門の植木屋さん)へ紅葉maplemaplemapleを鑑賞に出かけました。

3000坪の敷地に400種ものモミジ(カエデ)が植えられていて、販売されています。小林家は、江戸時代からの旧家ですが、モミジ栽培を専業とされて、3代だそうです。

それぞれ、品種名があり、ここで作出された新種もありますが、名前はともかく、どちらを向いても、絵になるところで、撮ってきた写真を掲載します。盛りからは、数日過ぎているようでしたが・・・

先日は、テレビ局の取材ほか、ドローンによる上空撮影をする人もおられたのだとか・・・ ご主人いわく、「カラスがいつも見てる景色を撮っていたよ」だって・・・ happy01  そして、「モミジは、四季折々に、春モミジ、夏モミジ、秋モミジと楽しむものだよ」とおっしゃっていました。こちらは、いつも、無料開放されています。

Momiji72

Momiji73

Momiji80

Momiji79

Momiji81

葉の形と色の染め模様をご覧ください。

Momiji71

Momiji75

Momiji74

Momiji76

これは、まもなく、紫色に染まります。しらこばとも、実生で育てています。

Momiji77

このもみじ園のシンボル・ツリー、枝垂れモミジを内側から撮ってみました。この下には、板台があって、休憩ができる大きさ、広さです。

Momiji78

接ぎ木苗が販売されていました。わが庭も断捨離で整理しつつあるというのに、つい、手が伸びて・・・ coldsweats01 

接ぎ木して、3年くらいかな? お酒が3本買えるくらいの苗でした。

品種名: 「秋宴」

Momiji83shuuen

もうひとつ、迷ったのは、この「山形紅」。これも、いいモミジでした。傍にいた方いわく、「この前、東北の○○まで紅葉狩りに行ったの。車ですぐのところに、こんなところがあるのね~」。happy01 青い鳥も紅い鳥も、身近なところにいるっていうこと・・・ happy01 山の紅葉と異なるのは、ここは、常緑樹がなく、み~んな、モミジの紅・黄葉ばかりなのです。

Momiji82yamagatakou

去年は、この「秋華」を求めました。かなり枝が伸びましたが、鉢植えにしていて、いっときの水枯れで、わが家では、このように美しく、紅葉しませんでした。 coldsweats02

Momiji84shuuka

水盤に、落ち葉を散らしてありました。

Momiji85

(ちり)もみじ またひとたびの 緋絨毯  功雪

Momiji86

良寛さんの句に、”散る桜 残る桜も 散る桜”(特攻隊の遺文にも引用されているとのこと)とありますが・・・ ”散る紅葉 残る紅葉も 散る紅葉”・・・ maple

もうひとつ、良寛さんの末期の一句・・・ confident

うらを見せ おもてを見せて 散る紅葉

今日の名言

運命がカードを混ぜ、我々が勝負する。 ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)

漫画「ピーナッツ」の作者、チャールズ・モンロー・シュルツもスヌーピーに、こう言わせています。

スヌーピー 「配られたカードで勝負するしかないのさ」

もうひとつ・・・

「賽(さい)は投げられた」

古代ローマ時代に、ポンペイウスと対立したカエサル(Caesar、英語読み: シーザー)がルビコン川を渡ってローマへ進軍するときに言った言葉。彼は、「来た、見た、勝った」という名言も残していますね。

2017年11月25日 (土)

今日の名言

美しいものを見つけるために私たちは世界中を旅行するが、自らも美しいものを携えて行かねば、それは見つからないだろう。 ラルフ・ワルド・エマーソン(米国の思想家、哲学者、作家、詩人)

先日も、類似した名言を掲載しました。

どんな遠くに旅をしても、その距離だけ内面へも旅をしなければ、どこへも行きつくことはできません。 リリアン・スミス(米国の女性画家、西部の風景や先住民を題材)

2017年11月24日 (金)

今日の名言

不仕合せのとき草臥(くたび)れる者は、益(やく)に立たざるなり 山本常朝(佐賀鍋島藩藩士、武士の心得「葉隠」の口述者)

2017年11月23日 (木)

感謝!

今日は、勤労感謝の日ですね。お勤めご苦労様です。

そして、ココログのブログを始めて、丸6年経ちました。(左下のココログのロゴの下に表示されています。これは、管理ページ → デザイン → 表示項目を選択の下の方で、設定ができます)

長い間、拙い記事に、お付き合いいただきまして、誠にありがとうございます。たくさんのいいね!やポチッとを頂戴いたしまして、心より感謝申し上げます。

この間、プライベートなことでもいろいろいろなことがありました・・・ confident

さまざまのこと思ひ出す紅葉かな  原句は、桜で、芭蕉の句です。coldsweats01

もっと、ホームページの時代まで遡れば、次のようなメールをいただいたのが最初で、1996年、いまから、21年前のことです。

”○○と申します。嬉しいですね。○○市のホームヘ゜ーシがないものかと思っていろいろと探していましたが、個人で開設されていたんですね”

ホームページの時代は、「しらこばとNETWORK」と称して、地元の情報を発信していました。いまとは違って、ローカルで、地元のネット仲間とオフミ(オフライン・ーティング)で、駅の近くで、老若(残念ながら男女ではなく)男ばかりで、飲みながらのコミュニケーションでした。市のホームページもなく、しらこばとは、零細な株式会社を経営していたので、お世話になっていた商工会(いまは商工会議所)のホームページ立ち上げで、多少のお手伝いもしました。

マイクロソフト社が、Windows3.1の後継として、Windows95(’95年リリース)を発売したころでした。そのころ、ソフトバンクは、その95用のゲームソフトを開発・販売していました。それから、ヤフーとソフトバンクの合弁で、日本法人のヤフー株式会社を設立。いまや、ご存知のように、ソフトバンクは、プロ野球のオーナーでもあり、本業では、さらに、ますますの発展とは・・・ それも、わずか20年ほどのこと・・・ wobbly

お若い方へ、”いつでも夢を” ですね。happy01

オーナーの孫正義氏は、わが故郷(佐賀県)の福岡県寄りの鳥栖市の出身ですが、幼少のころは、朝鮮人と差別もされていた由。

当時、しらこばとの、人生唯一の著書(共著)(「JITベースCIM 人間サポートCIM構築法」1991)にも、このように記していました。coldsweats01

”これから普及するであろうディジタル・・・中略・・・この(ネットワークの)サービスは、今後、順次、能力が高められてゆくもので、企業においても個人の生活においてもこの恩恵を享受することになるだろう”

まさに、そのような、いや、それ以上の世界が訪れていることに、感無量です。happy01

しらこばとのブログ6年目の記念日に、つらつらと思い出したことでした。

今日の名言

やり方は三つしかない。
正しいやり方。間違ったやり方。
俺のやり方だ。
マーティン・スコセッシ(米国の映画監督、脚本家、プロデューサー)

2017年11月22日 (水)

今日の名言

「欲がない人間」「好奇心のない人間」に用はない。 盛田昭夫(ソニー創業者のひとり)

2017年11月21日 (火)

ぶらり一人旅 奥日光&金精峠越え

旅日記はこれで終わりです。rvcar

いろは坂は、乗用車も観光バスも少なくて、スイスイ上れました。紅葉も終わったこの季節に訪ねる人は、そうそういないようです。happy01 夏と秋は、幾たびも・・・ でも、この冬の季節には、行ったことがなくて、静かな湖を眺めに訪ねました。

ちょうど、お昼時でしたので、去年の夏にも寄った中善寺金谷ホテルのコーヒー・ハウスで、昼食にしました。ここはなぜか、満席でした。でも、ランチの時間が過ぎると、急に、いなくなりました。

窓からテラス越しに湖を撮ってみました。

Chuuzenjiko3

注文したのは、去年と同じ、野菜カレー・・・ からりと揚げた、カボチャ、ナス、サツマイモ、シシトウ、パプリカなどがトッピングされていて、ルーには、肉らしいものはないものの、さすが、金谷ホテルで、上品な美味しいカレーでした。delicious

Lunch4

それから、菖蒲ヶ浜に下りました。ひとり、管理者のような女性に出合っただけで、静かなキャンプ場でした。遊覧船も停泊したままのようでした。

湖畔の宿   YouTube

山の淋しい湖に ひとり来たのも 悲しい心・・・ notes

Chuuzenjiko4

200羽ほどもの黒い鳥が浮かんでいました。オオバンでした。この湖で、オオバンを見たのは初めてでした。しきりに、水に潜っては、浅瀬で採餌していました。いつものように、弧を描いて飛ぶトビの姿はありませんでした。この季節、上昇気流もないのでしょう。

Ooban18

ここから、すぐ近くの、龍頭の滝にも寄りました。紅葉は望むべくもなく・・・

Ryuuzunotaki5

5年前の10月中旬撮影。思い出のふたりでのドライブの1枚です。confident

クリックしていただくと、縦横倍に、表示されます。

Ryuuzunotaki6

こちらは、龍の背にあたる上流。流れている川は、湯ノ湖から戦場ヶ原を流れて、中禅寺湖に注ぐ湯川です。

Ryuuzunotaki7

落葉してしまったカラマツの林を抜けると、標高およそ1400mのパーキング。

終日、曇天だったので、男体山の上にも雲がかかっていました。雪は、これからですね。しらこばとの住む街の高いところからは、真冬には、冠雪したこの山をはるか遠くに望むことができます。

Nantaisan1

戦場ヶ原も、もう、草紅葉はおわり、こんな景色が広がっていました。

先日、上野で北斎の絵を観たので、遠近法を取り入れて・・・ coldsweats01

Senjougahara2

それから、湯ノ滝には寄らずに、湖まで、上りました。まだ、雪はありませんでしたが、冬景色の湯ノ湖です。

Yunoko4

白っぽい落葉樹は、白樺。ダケカンバも混じっているかも。

ここには、なじみの鴨たちがいました。

湖の岸辺からは、湯煙が・・・ 浅瀬から、温泉spaが、湧き出ています。まさに、湯ノ湖、湯ノ川です。

Yunoko5

赤く色づいている実が鈴生りでした。ナナカマドでしょうか? 実を10粒ほど、失敬してきました。捨てないで、植えてみます。

Konomi1

そして、下野(しもつけ)の国と上野(こうずけ、かみつけ)の国(上州)の国境の金精峠へ・・・、なんと・・・

”国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。” happy01

日光・那須連山が、太平洋側と日本海側の境界で、冬の気候が違うことに気づきました。そして、とんだハプニングに遭遇したのでした。coldsweats02

冬タイヤ(スタッドレス)ではあったのですが、ゆるゆると走行しながら下りました。このときまでは、カメラを手にする余裕あり・・・

Yukimichi1

パーキングがあったので、少し、休憩するまではよかったのですが・・・

Yukimichi2

このパーキングを出てすぐのこと・・・ 対向車線を走って上ってきた中型のバイクが、いきなり、転倒・・・ coldsweats02 そして、バイクだけが、凍結していた路面を、こちらの車線まで滑ってきましたdownwardright coldsweats02 転倒されたのに気づいて、咄嗟のポンピンキング・ブレーキで、停車したからよかったものの、車の7~8mほど手前で、滑るバイクが止まり、やれやれ・・・ 中年の方は、幸いにも怪我はされていなくて、バイクを立て直そうとされますが、雪と氷の上で、四苦八苦。しらこばともバイクを起こす腕力はなしで、手伝えなくて・・・ そのうち、無事に立ち上がられたので、すぐそこにパーキングがありますと教えて、別れました。

後から来た2台の大型の観光バスには、ハザード・ランプを点滅させて、止まってもらっていました・・・

自慢の、”生涯無事故無違反”の記録が途絶えるところでした。coldsweats01 

気を取り直して、下り始めると、次第に、雪も少なくなり、途中で、去年の夏に来て、きれいな湖面だったのを思い出して、片品村の丸沼に寄りました。

車の室外温度表示を見ると、2℃。そんな中で、水に入って、釣りを楽しんでいる人たちが数人いました。釣ったのはリリース(離)されるので、上がってきた人は、釣果の魚はなし。寒中のスポーツで、人それぞれ、おもしろいのでしょうね。

Marunuma6

日本一の湖にも選ばれたという丸沼の湖面は、曇天と落葉樹で、美しいコバルト・グリーンは観ることができませんでした。

湖畔の大きな一軒宿の敷地の木々に、名札が付けられていたので・・・

Shirakabadakekanba1

巣箱もかけてあったので・・・ camera

Subako3

このあとは、山をずいぶん下って、関越自動車道で、帰りました。帰路は、高速を120キロも飛ばして、なんの無違反・・・ coldsweats01 捕まったことがないだけ (^o^) 

記録のためもあり、長々と記しました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

今日の名言

彼女(妻)は見た目は決して美しくはありません。ただ、生き方がハンサムなのです。私にはそれで十分です。 新島襄(同志社大学創設者) アメリカの友人、ハーディー夫人に宛てた手紙より

«ぶらり一人旅 鹿沼&日光東照宮